« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

KISS - Rock The Nation 2004 World Tour

2004/5/31 @大阪城ホール

 平日で雨で開演 1 時間半前に着いたと云うのに、グッズ売り場は長蛇の列。ただ、列が進むのは相当早かったです。そのわけは、T シャツが 4,500 円と高いわりにデザインがいまいちだった(個人的にはいま3くらいだった)からではないか、と。
 なにも買わずにグッズ売り場を出て、ひさしぶりに開場と同時に会場入り。もぎりのお姉さんはジーンのメイクでした。
 引っ越し疲れもあったんで、カルピス飲みながらぼんやりしたり、携帯でメールしたり。さすがに老舗バンドだけあって、家族連れも目立ってました。そんなこんなで、ちょい遅れ気味で開演。

All right, Osaka!
You wanted the best!
You got the best!
The hottest band in the world... KIIIIIIIISS!!!!

 オープニングは‥‥“Love Gun”! って、ポールのエクストラ・ステージへの移動はどの曲で? えらい気になるスタート。つづいて“Deuce”と、好きな曲の連発でテンション上がりまくり!
 が、そっから終盤まで、最近のライブの定番曲がほとんどなくて、持ちネタ披露用の曲まで変わってました。ジーン・シモンズ(Vo,B)の火吹きが“Firehouse”から“War Machine”に、おなじくジーンの血吐き&飛翔が“God Of Thunder”から“Unholy”に、ポール・スタンレー(Vo,G)のエクストラ・ステージは“Love Gun”から“I Was Made For Lovin' You”に。うぅ〜ん、正直“Firehouse”は聴きたかった。
 それでも本編ラストは“Detroit Rock City”で大団円。アンコールも、メロディが印象的な“God Gave Rock 'n Roll To You II”と、待ってました!の“Rock And Roll All Nite”で、むりやり満足させられた感じです。

 今回は「最初が肝心」と「終わり良ければすべて良し」をみごとに具現化したショウでした。エリック・シンガー(Ds)とトミー・セイヤー(G)の演奏技術にはまったく問題ありませんでしたし。ただ、エース・フレーリーからトミーに交代したことで、エースの持ちネタは完全に割愛されてました。
 今回のセット・リストは、マンネリ打破によるバンドの延命対策だと思います。アルバム『PSYCHO CIRCUS』がそれほど売れなくて、「さて、それならどうやって収益を上げるか?」となったとき、「オリジナル・メンバーの体裁で既発曲の入れ替えをおこなう」となったんでは? オーストラリアでのオーケストラとの共演も既発曲だけでできる話題づくりですし。
 まぁ、だからと云っておもしろくなかったわけではなくて、じゅうぶん楽しめました。持ちネタ用の曲の入れ替えは賛否両論あると思いますが、毎年来てくれれば「今回はどの曲で?」って楽しみ方もできますし。ただ、チケットとグッズの値段はもう少し下げてほしいです。


>>> Set List <<<

  1. Love Gun
  2. Deuce
  3. Makin' Love
  4. Calling Dr. Love
  5. C'mon And Love Me
  6. Cold Gin
  7. Got To Choose
  8. War Machine
  9. Lick It Up
  10. Parasite
  11. She
  12. I Want You
  13. I Love It Loud
  14. 100,000 Years
  15. Unholy
  16. Shout It Out Loud
  17. I Was Made For Lovin' You
  18. Detroit Rock City

  19. God Gave Rock 'n Roll To You II
  20. Rock And Roll All Nite

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち位置

 NHK 総合『かんさい想い出シアター』で 22 年前の新作漫才大会が放送されてました。その中で、夢路いとし・喜味こいしの舞台もあったんですが、立ち位置が逆でした。後年はいとしさんが下手側でしたが、放送では上手側に立っておられました。
 基本的に漫才さんは立ち位置を変えることがないと思ってたんで、ちょっと意外でした。ひょっとすると、晩年はどちらかの片耳が聞こえづらくなってたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終電車出発進行

 『電車で GO! FINAL』 購入。初回限定版のスタートレインセットです。
 が、自宅が引っ越しの真っ最中で、6 月までゆっくり楽しめません。‥‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千朝落語を聴く会

2004/5/26 @太融寺

  • 桂 まん我 「まんじゅうこわい」
  • 桂 千朝 「つぼ算」
  • 桂 宗助 「親子酒」
  • 桂 千朝 「口入屋」


 前回初めて観に行って、そのときは 30 人くらいの入りでしたが、今回は 100 人以上入ってたと思います。この波の要因はわかりませんが、ひょっとしてゲストが宗助さんだから?

 まん我はきっちりしっかり。声も大きくて聴き取りやすいし、前座としては申し分ないと思います。あとは独自の色をどう付けるか、ですね。
 宗助は初めて観ましたが、うまいですねぇ。酔っぱらいの感じがなかなか。彼の会にも行きたくなりました。

 千朝、まずは「つぼ算」。枕でめばちこ(ものもらい)の報告。たしかに右目がすこし腫れてましたが、高座の方はきっちり。ただ、瀬戸物屋の番頭が計算に困る場面は、もっと引っ張っても良かったような気がしました。
 「口入屋」の方は、「どがちゃかどがちゃか」の番頭のいやらしさ加減がええ感じでした。

 この日はいずれも出来が良く、宗助さんと云うひろいものもあって、満足度の高い会でした。
 次回は 7 月 9 日(金)午後 6 時 30 分より、同じく太融寺にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂吉朝独演会

2004/5/22 @サンケイホール

  • 桂 歌々志 「米揚げ笊」
  • 桂 吉朝 「犬の目」
  • 桂 こごろう 「へっつい盗人」
  • 桂 吉朝 「百年目」
    ―― 中入り ――
  • 桂 吉朝 「浮かれの屑より」


 5 月の定例公演。補助席、立ち見も出る大盛況。最近のプチ落語ブームにのってか、小・中学生の姿もちらほら。

 歌々志は米朝一門の掟「前座は 15 分」でキッチリと。それでも独自の味も出てました。
 こごろうは、前がウケすぎでかなり演りづらそうでした。ただ、ストーリーがわかりやすいことと、おならを頻発することもあってか、子供にはいちばんウケてました。たしかに終盤へ向けてのテンションの上がり具合はかなりおもしろかったです。

 吉朝「犬の目」は、《ゴジラ》のイントネーションにおける方言の考察から、客に云われる前のオチばらし。出てくる眼科医もシャレ好きに変わってて、反則カウント 4 のオンパレードって感じでした。噺の進化を目の当たりにした気がします。
 うってかわって、「百年目」はしっかり、きっちり。この噺は何度聴いても下げが弱いと感じるんですが、ストーリー展開は良いですね。とくに旦那の抑えた人柄と番頭の慌てぶりが、観ていて楽しいです。
 中入り後に「浮かれの屑より」は、吉朝お得意の芝居風味。滑稽味が強く、お気楽に楽しめました。

 今回は充実した会でしたが、とくに「犬の目」が秀逸でした。
 古典の再構築は今後の落語界にとっても重要な課題のひとつですが、一方で古典を無形文化として保存する必要性もあり、なかなかバランスが難しいところでしょう。今回の「犬の目」では、これまで特徴のなかった眼科医に特異なキャラクターを設定することで新たな笑いが加味されており、噺の寿命が延びたように思います。

 サンケイビルの解体・建て替え にともない、サンケイホールでの独演会は今回が最後だそうです。ここは米朝一門のメッカとも云える会場だったんで、ちょっとさみしいですね。今後、この規模(千人超)の独演会をどこで開催するのか、ちょっと気になります。

桂吉朝のタテ穴式住居

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP

ITmediaニュース:久夛良木副社長、PSXの世評に「何言ってんだ」

 PSX にはさほど興味はないんですけど、記事中に PSP に対する以下のようなコメントがありました。

 先日の E3 で公開したばかりの PSP については「想定している利用シーンは家の中。歩きながらゲームをする人はいない」と言い切った。

 歩きながらはともかく、ポータブル端末に対して屋外利用を否定するようなコメントはいかがなもんでしょう。実際、小・中学生が屋外で GAME BOY で遊んでる姿はよく見かけますし、サラリーマン層でも通勤中に GAME BOY ADVANCE で暇つぶしって方もおられますし。
 ひょっとして、内蔵充電池だけだと 1 時間くらいしか遊べないんじゃ‥‥!?!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終電車発車目前

 筋金入りのてっちゃん(鉄道マニア)ってわけでもないんですが、電車の運転を気軽に体験できる《電車で GO!》シリーズはわりと好きなんで、発売直前の PlayStation2 用 『電車で GO! FINAL』 (タイトー)を予約しに行きまして、ついでに 電車で GO! コントローラ TYPE 2 を取り寄せてもらおうと思ったら「在庫ありますよ」って云われて、ソフト買うときにコントローラーが在庫切れだと楽しさも半減なんで、とりあえずコントローラーだけ買って帰りました。
 ソフトがないんで楽しめません。‥‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『オレンジデイズ』

 とうとう小西真奈美が出なくなってしまいました。主役と別れたらお役ご免ですか。‥‥

オレンジデイズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『離婚弁護士』

 昨今のテレビ・ドラマでは出色の出来だった『白い巨塔』のあと枠で、作品としては別個なのに比べてしまいそうで観てなかったんですが、たまたま観たらなかなかおもしろかったです。
 まず、前半コメディ・後半シリアスの構成。主演の天海祐希が三の線もイケる女優だけに、前半に無理がないのが良いです。助演のミムラとのコンビもなかなか。家族の弁によると、毎回こんな感じだとか。
 それと、1 話完結ってのも途中参戦しやすくてよろしい。ショート・ストーリーは先が読めてしまう欠点もあるけど、気楽に観られるのがなによりです。

 今後はビデオでフォローしなければ。

離婚弁護士

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラ湯のみ

iso2022jpbgyrcjuklauvymhskxxsoqi5qcgc

 『ぼくドラえもん』の年間定期購読特典が到着。
 家族には「あんまりかわいくない〜」とやや不評ですが、初期のドラえもんに近いデザインが個人的にはなかなか良いと思います。でも、この形状(頭部がフタになってて、胴体部が湯飲み)では湯飲みとしての実用性は低いでしょう。飾り用ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »