« 桂吉朝独演会 | トップページ | 最終電車出発進行 »

千朝落語を聴く会

2004/5/26 @太融寺

  • 桂 まん我 「まんじゅうこわい」
  • 桂 千朝 「つぼ算」
  • 桂 宗助 「親子酒」
  • 桂 千朝 「口入屋」


 前回初めて観に行って、そのときは 30 人くらいの入りでしたが、今回は 100 人以上入ってたと思います。この波の要因はわかりませんが、ひょっとしてゲストが宗助さんだから?

 まん我はきっちりしっかり。声も大きくて聴き取りやすいし、前座としては申し分ないと思います。あとは独自の色をどう付けるか、ですね。
 宗助は初めて観ましたが、うまいですねぇ。酔っぱらいの感じがなかなか。彼の会にも行きたくなりました。

 千朝、まずは「つぼ算」。枕でめばちこ(ものもらい)の報告。たしかに右目がすこし腫れてましたが、高座の方はきっちり。ただ、瀬戸物屋の番頭が計算に困る場面は、もっと引っ張っても良かったような気がしました。
 「口入屋」の方は、「どがちゃかどがちゃか」の番頭のいやらしさ加減がええ感じでした。

 この日はいずれも出来が良く、宗助さんと云うひろいものもあって、満足度の高い会でした。
 次回は 7 月 9 日(金)午後 6 時 30 分より、同じく太融寺にて。

|

« 桂吉朝独演会 | トップページ | 最終電車出発進行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/698130

この記事へのトラックバック一覧です: 千朝落語を聴く会:

« 桂吉朝独演会 | トップページ | 最終電車出発進行 »