« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

土曜ドラマ 『瑠璃の島』

 なんとなく 4 月からのドラマが気になって 小西真奈美のオフィシャル・サイト を覗いたら土曜夜の 『瑠璃の島』 に出演、とのこと。
 このドラマ、ほかにも西田尚美、井川遥となかなかの美女ぞろいで、男優陣も緒形拳、平泉成、勝村政信、などしっかり脇を固めてくれそう。山葵的には要チェックです。ただ、内容がちょっと辛気くさそうなんが気になりますが。‥‥

 『瑠璃の島』ってタイトル、どっかで見たことあるなぁと思ってたら、出演女優が急遽降板したニュースを見てました。

【スポニチ】 紺野まひる 日テレ新ドラマを緊急降板
【サンスポ】 紺野まひる 腰を骨折していた…新ドラマ撮影で事故

 なんにしても、ロケの映像は綺麗そうですし、とりあえず最初は観てみたいと思います。まぁ小西真奈美が出てるんで、なんのかんのと文句を云いながらも最後まで観てしまうんでしょうけど。

土曜ドラマ 『瑠璃の島』 (日本テレビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod mini

iPod mini Blue 4GB (M9802J/A)
iPod mini
Blue 4GB
(M9802J/A)
 HDD オーディオ・プレイヤーの代名詞となりそうな勢いの iPod ですが、誘惑に負けて iPod mini を買ってしまいました。色はドラえもんカラーの青です。

 もともとパソコン連帯系オーディオ・プレイヤーに興味はあって、シリコン・オーディオ・プレイヤーも 2 度ほど試したんですが、その当時は上位機種でも容量が 128MB くらいで、これだとアルバム 2 枚入れたら終わりなんですよね。そうすると何日か毎のファイルの入れ替えがいちいち面倒で、そのうち使わなくなってしまいました。
 ここ最近、HDD 搭載の機種が揃いだして、これは便利そうやなぁと思いつつ、いちいちファイルに変換せないかんってのが面倒くさそうで、こちらは購入にはいたりませんでした。

 で、出張の移動中にちょっと暇な時間で本を読む気分でもなかったときに、MP3 再生ができる PDA に落語を何本か入れてることを思い出して、それを聴いてました。そのとき、ふと、「HDD オーディオ・プレイヤーやったら 50 枚くらいの『米朝落語全集』とか、全部入れられるなぁ」と思ったのが始まりで。
 「おんなじ買うんやったら、米朝、吉朝はもとより、好きなバンドのアルバム、全部突っ込みたい」ってのもあって、候補として iPod 20GBiAUDIO M3 20GB に絞りました。ネットで情報収集したり、iAUDIO M3 を使ってる 某後輩 に使用感を訊いたりして検討。ちょうどそのとき iPod photo と iPod mini の新機種が発表されたばかりで、iPod もしばらくすれば新機種が出るだろうと予測。iAUDIO M3 についても新機種が出るとの情報をキャッチし、それらが出揃ってから再検討しようと云うことでその場は物欲を抑えました。
 が、出張から戻ってひさしぶりに出社すると、某大先輩が買ってた iPod shuffle 512MB を見せられて、それから 6 時間しか我慢できませんでした。ただ、20GB の方はすぐに新機種が出るとヘコむんで、とりあえずお試しとして iPod mini にしておきました。

 さて、とりあえず GUNS N' ROSES、RUSH、IRON MAIDEN、鬼束ちひろあたりのアルバムを AAC にして聴いてますが、なかなか良好。MP3 に比べて AAC の方が自然な感じを受けました。音質が良くないとの評判が多かったんですが、ロック中心だからか、ヘッドフォンを SONY の MDR-G82SL に替えてるからか、通勤時使用ではとくに気になることもありません。
 その後、吉朝、雀々、その他手持ちの落語 CD を AAC でモノラル変換して聴いたり、いまは MEGADETH の来日公演に備えて予習に使ったりしてます。

 本体購入時に USB 電源アダプタ をいっしょに買ったんですが、調子にのって持ち運び用の 革ケース や携帯用の USB ケーブル まで買ってしまいました。まんまと罠にはまってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもん最新刊

 主要声優陣の交代で話題のドラえもんですが、ひさしぶりに本屋へ寄ったら新刊が出てましたのでご紹介。

ドラえもん カラー作品集(5)
ドラえもん
カラー作品集(5)
 まずは 『ドラえもん カラー作品集(5)』 。のび太とセワシとオールド・スタイルのドラえもんが表紙の〈初期作品編〉で、帯に「全作品てんとう虫コミックス未収録/“クラシック・ドラ”傑作集!」とあり、第 1 話(連載第 1 回)もカラーで収録されています。てんコミ収録の第 1 話は『小学四年生』のもので、こちらのは『小学二年生』のものとのこと。やけにテカテカのドラえもんで、しっぽの機能が違ってるのもポイントです。

ドラえもん プラス(1)
ドラえもん
プラス(1)
 つづいて 『ドラえもん プラス(1)』 。こちらはてんコミの増補版って感じの未収録作品集。キーホルダー付きの 初回限定スペシャル も同時発売されてます。価格差は 90 円ですから、ファンならぜひ初回版を。

ドラえもん カラー作品集(5)
ドラえもん プラス(1)
ドラえもん プラス(1)初回限定スペシャル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『タイガー&ドラゴン』

タイガー&ドラゴン
タイガー&ドラゴン
「三枚起請」の回
 噺家の林家亭どん兵衛(西田敏行)のところへ借金の取り立てに行ったヤクザの虎児(長瀬智也)。そこで偶然観た落語「三枚起請」に感銘を受け、強引にどん兵衛に弟子入りする虎児。「三枚起請」を教えろと迫る虎児に、どん兵衛はある場所へ行くよう指示する。そこにいたのは、さえない洋服をデザインしている竜二(岡田准一)だった。‥‥

 今年の正月に放送されたとき偶然観たんですが、副題が《「三枚起請」の回》と付いてたんで連続ドラマの初回かと思ってたら、単発の 2 時間ドラマでした。これがなかなかテンポ良く、落語がキーになってるドラマってことで、かなり楽しめました。
 もともと役者としての岡田くんは気に入ってたんですが、ここでもなかなかの好演。彼に比べると長瀬くんはやや格落ちですが、こちらもなかなかの熱演。他の出演者も個性派を揃えましたって感じです。落語に関しては、どん兵衛の弟子として出演もしている春風亭昇太がフォローしてるんだと思います。

 かなり迷ってたんですが、ついつい DVD を購入。DVD で観ると CM がカットされて、よりテンポ良くなりますね。おかげでちょっと軽いなぁって感じにもなりますが、内容的にこのくらいの軽さがちょうど良いのかもしれません。
 4 月から連続ドラマ化されるってことで、特典映像として連ドラの予告編も入ってました。枠は TBS 系で金曜夜 10 時からです。《「三枚起請」の回》の最後で、虎児が「品川心中」がどうたら‥‥って云ってたんで、てっきりその流れかと思ったら、まずは「芝浜」になるようで。こちらも楽しみです。

タイガー&ドラゴン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化石オートバイ 『泥酔レコード』

2005/3/19 @HEP HALL

 酔っぱらって迷い込んだ、どこかの商店街の不動産屋。俺の家は、どこだっただろう。‥‥

 酔っぱらいの、夢ともうつつとも区別のつかない世界の物語。作・演出は山浦徹。出演は高須浩明、、山浦徹、赤星マサノリ(劇団☆世界一団)、行澤孝(劇団赤鬼)、吉岡晶子(劇団☆世界一団)。
 舞台には、新聞と折り込み広告でつくった柱が 3 本、カラフルなビニール袋とストライプのキューブ。抽象的なセットが、不条理なストーリーにマッチしてます。

 正直、ストーリー性云々よりも、複数のエピソードに出てくるありえないキャラクターたちが微妙に絡み合う、とくに終盤の展開とその演出がおもしろい。そして、結果・結末を求めるのではなく、その過程に身をゆだねる、それがこの作品の楽しみ方だと思います。
 残念だったのが、吉岡晶子の声が(風邪をひいたか)出ていなかったこと。紅一点で舞台のアクセントとなるポジションだっただけに、余計に気になりました。もったいないなぁ。

 ちょうど 2 時間で、内容を考えるとやや長い気もしましたが、ひさびさの化石を堪能した感じです。

化石オートバイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUMMER SONIC 2005 第一弾出演アーティスト発表!

SUMMER SONIC 2005

 個人的注目は再結成 THE BLACK CROWES だけ。あと、「観てみたいなぁ」くらいなんが、ヘッドライナーの OASIS と NINE INCH NAILS、それ以外では SLIPKNOT、WEEZER くらい。ほかは名前さえ知らん。

 これに 13,000 円ってのは、正直、キツい。願わくば THE BLACK CROWES の単独公演を!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

千朝落語を聴く会

2005/3/18 @太融寺

  • 桂 ちょうば 「ろくろ首」
  • 桂 千朝 「初天神」
  • 桂 米平 「つる」
  • 桂 千朝 「鹿政談」


 千朝さんの隔月勉強会。入りは 100 人超ってところでしょうか。

 ちょうばは元気でよろしい。途中でかんだりするところや、登場人物の味付けが足りないような部分もありますが、開口一番はこれくらい元気な方が会場があったまって良いと思います。

 「貧乏神」を演る予定だった桂む雀が脳出血で入院したため、米平が代演。急なこともあって、軽い噺。まずまずでした。

 千朝「初天神」は、どっちが子供かわからん父親と、こまっしゃくれた息子の対比が絶妙。あいかわらず所作は変ですけど、親子の表情がくるくる変わっておもしろい。
 「鹿政談」の方は、マクラで「時代劇は大げさな方がおもしろい」と振ったとおり、お白州の場面が極端なくらい大げさで、これがまた爆笑。演りようによっては淡々とした流れになってしまいがちな噺ですが、こちらも登場人物の表情がくるくる変わって楽しめました。

 この日はテンポ良く進んで、4 本で 1 時間半。それでも千朝さんの出来が良かったんで、満足度は高かったです。
 会場の玄関に、この太融寺の会館が 8 月末で閉館するとの張り紙を見ました。勉強会によく使われている会場だけに、秋以降はどうなるのか、少し心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かえる、逝く

 某掲示板で木川かえるさんが亡くなられていたと知り、先日の文枝さん同様、ショックを受けました。ウェブ検索してみると、今月 3 日に腎不全で亡くなられたとのこと。81 歳でした。

朝日新聞
産経新聞
日刊スポーツ
びわ湖放送

 舞台で即興のイラストを描く「ジャズ漫画家」として、わりと最近まで活躍されていたと思います。舞台での語り口も軽妙で、艶っぽい女性とかえるのイラストを得意とされていました。
 時々ですがテレビでも見かけましたし、数年前ですが『ナンバ壱番館』でも取り上げられたと思います。かなり昔になりますが、たしか『枝雀寄席』の公開収録で生の舞台を観た記憶があります。
 イラストレーターとしてもさることながら、希有な芸の持ち主として、亡くなられたことが残念でなりません。

 ご冥福をお祈りします。

【悼む】
手塚治虫の「もうひとつの顔」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文枝、逝く

 ブランチにトーストをパクついてたら、そばにあった朝刊に「桂文枝さん死去」の文字が!

 記事によると、肺ガンで、今年 1 月から体調不良で入院されていたそうです。74 歳とまだまだ若く、弟子の三枝さんが中心となって進められている落語定席の開設も間近に控えたこの時期に亡くなられたことが悔やまれます。

 艶っぽい芸風が「はんなり」と評されたそうですが、個人的にはそれが「もっちゃり」した感じに映って苦手なタイプでした。ただ、やはり上方落語会の柱としての存在感は大きかったと認めます。個性豊かな一門も独特ですし。
 笑福亭松鶴につづいて上方落語四天王の一角がまた消えたことに、時代の流れを感じずにはいられません。

 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

ANGRA / NIGHTWISH - Japan Tour 2005

2005/3/12 @なんば Hatch

 某後輩 から「ANGRA と NIGHTWISH がカップリングで来日という夢のようなツアーが!! 行かれます? ANGRA の新譜はプログレ・ハード・ファン必聴の傑作です!!!!」って感じで打診を受けて、どっちも聴いたことなかったけどゴー・サイン。
 で、そっからそれぞれ新譜を購入。NIGHTWISH の方はなかなか。ANGRA はかなり気に入って、ライヴへの期待感が高騰。


NIGHTWISH

 《オペラティック・メタル》とでも形容すれば良いんでしょうか。女声と男声のツイン・ヴォーカルで、とくにオペラを学んだターヤ・トゥルネン<Vo>の女声が素晴らしい。あと、ツォーマス・ホロパイネン<Key>のパフォーマンスがテンション高くてグッド! まさに「これぞメタル!」って感じでした。
 セットに“The Phantom Of The Opera”が入ってました。前のアルバムに入ってるそうですが、ちょうど映画『オペラ座の怪人』を観たとこだったんで、パーフェクト・タイミング。もちろんこちらはかなりヘヴィでしたが。あと、ターヤの休憩&着替えのためか、MEGADETH の“Symphony Of Destruction”を、まさにシンフォニックにカヴァー。これは来日記念盤に入ってるそうです。アルバム聴いてても思ったんですが、楽曲の方向性がいまいち定まってない感じがあって、そこがビシッとしてくればライヴももっと締まった感じになるんではないかと思います。
 ちなみに、ターヤの衣装は 4 種類。うち 2 種は着物から発想したようなのもで、ちょっとくノ一っぽい。男性陣が全員黒っぽい衣装で、ターヤがまさに紅一点で赤系の衣装と、ヴィジュアルへのこだわりも感じられました。

  1. Dark Chest Of Wonders
  2. Planet Hell
  3. The Kinslayer
  4. The Siren
  5. The Phantom Of The Opera
  6. Symphony Of Destruction
  7. Bless The Child
  8. Wishmaster
  9. Kuolema Tekee Taiteilijan
  10. Slaying The Dreamer
  11. Nemo

  12. Ghost Love Score
  13. Wish I Had An Angel


ANGRA

 休憩時間に酎ハイを注入したら気分がポヤ〜ンと良くなってきて、オープニングからテンション急上昇! ひさびさにヘッドバンガーに豹変してしまいました。ANGRA は《プログレッシヴ・パワー・メタル》って感じですが、パワー・メタル系のライヴはひさびさだったこともあって、首振ってて気持ち良かったです。
 新作から“Angels And Demons”と“The Shadow Hunter”を演ってくれたんで、個人的には大満足です。(ただ、“The Shadow Hunter”の方は後半の演奏がちょっとヘロヘロでしたけど)
 全員がパーカッションを使ったり、アコースティック・ギターを随所に入れたりと、ラテン風味が利いてて良いアクセントになってると思います。このあたりが ANGRA の独自性なんでしょうね。

  1. Gate XIII

  2. Deus Le Volt 〜 Spread Your Fire
  3. Waiting Silence
  4. Acid Rain
  5. Nothing to Say
  6. Carolina IV
  7. No Pain For The Dead
  8. Angels And Demons
  9. Never Understand
  10. Wishing Well
  11. The Temple Of Hate
  12. Heroes of Sand
  13. Rebirth
  14. The Shadow Hunter
  15. Angels Cry

  16. Unfinished Allegro 〜 Carry On

  17. In Excelsis 〜 Nova Era

  18. Gate XIII


 NIGHTWISH が約 80 分、約 40 分の休憩をはさんで、ANGRA が約 120 分。開演前に約 60 分の待ち時間がありますから、約 5 時間の長丁場です。正直、疲れました。が、ライヴ自体のテンションがかなり高いですし、心地良い疲労感ではありました。


ANGRA
NIGHTWISH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

 一介のサラリーマンなんで、これまで確定申告とは無縁だったんですが、昨年の春に家を買ったんで、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の申請に税務署へ行ってきました。
 まず法務局へ行って土地・建物の登記簿謄本を 2,000 円でゲット。つぎに市役所へ行って住民票を 300 円でゲット。そっから必要書類を携えて税務署へ。ただ、この時期は税務署がごった返しているためか、還付金関連の人は納税協会で受付でした。申請用書類の記入に迷ってると、すかさず税理士の方が寄ってきて的確な指示。それに従って書類に記入し、還付金の計算をしてもらって書類を提出。これで終了。
 9 時過ぎに家を出て、だいたい 1 時間半くらいで終わりました。これで 10 万円くらい還ってくるんですから、ありがたいです。まぁこの還付金も車検に消えてゆくんですけど。

国税庁
確定申告特集ページ
住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の還付申告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケットぴあ

 きょうは MEGADETH来日公演 のチケット発売日ってことで、朝から チケットぴあ に行ってきました。日曜と云うこともあってほかに発売日の公演も多く、私が行った 9 時半頃にはほかにも数名、すでに列ばれてました。それでも 10 名足らずって感じ。
 で、販売開始の 10 時数分前になって発券システムのダウンが発覚。全店舗で起こってたらしく、まぁちょっと焦りましたが、なんとかなるだろうと楽観してました。結局、15 分後くらいに復旧したようで、チケットは無事ゲットできました。

 問題はチケットを取れたかどうか出はなくて、トラブル時の店員の対応。
 前の方に列んでた数人に対しては発券カウンターで状況説明していたんですが、直接訊きに行かない客にはまったく報告なし。客は 10 人もいませんでしたし、気になればこっちから訊きに行くこともできましたが、トラブルの状況と復旧の見通しについては店側から客に説明してしかるべきでしょう。
 この店は発売開始時に客が列んでいる場合に限り、客に座席確認をさせずに次々と発券するシステムなんですが、この日は列の前の方に座席確認をしたがる客がいて、その客への対応で他の客がおざなりにされていた感もありました。その客への発券は最後に回されてたようですが、こんな状況でもきちんと発券されたとの報告もされず、名前を呼ばれるまで発券されたかどうか不明ってのも問題でしょう。

 まぁ結果的にチケットは買えたんですけど、理不尽な感じを受けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »