« かえる、逝く | トップページ | SUMMER SONIC 2005 第一弾出演アーティスト発表! »

千朝落語を聴く会

2005/3/18 @太融寺

  • 桂 ちょうば 「ろくろ首」
  • 桂 千朝 「初天神」
  • 桂 米平 「つる」
  • 桂 千朝 「鹿政談」


 千朝さんの隔月勉強会。入りは 100 人超ってところでしょうか。

 ちょうばは元気でよろしい。途中でかんだりするところや、登場人物の味付けが足りないような部分もありますが、開口一番はこれくらい元気な方が会場があったまって良いと思います。

 「貧乏神」を演る予定だった桂む雀が脳出血で入院したため、米平が代演。急なこともあって、軽い噺。まずまずでした。

 千朝「初天神」は、どっちが子供かわからん父親と、こまっしゃくれた息子の対比が絶妙。あいかわらず所作は変ですけど、親子の表情がくるくる変わっておもしろい。
 「鹿政談」の方は、マクラで「時代劇は大げさな方がおもしろい」と振ったとおり、お白州の場面が極端なくらい大げさで、これがまた爆笑。演りようによっては淡々とした流れになってしまいがちな噺ですが、こちらも登場人物の表情がくるくる変わって楽しめました。

 この日はテンポ良く進んで、4 本で 1 時間半。それでも千朝さんの出来が良かったんで、満足度は高かったです。
 会場の玄関に、この太融寺の会館が 8 月末で閉館するとの張り紙を見ました。勉強会によく使われている会場だけに、秋以降はどうなるのか、少し心配です。

|

« かえる、逝く | トップページ | SUMMER SONIC 2005 第一弾出演アーティスト発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千朝落語を聴く会:

« かえる、逝く | トップページ | SUMMER SONIC 2005 第一弾出演アーティスト発表! »