« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

エレベーター企画 『アテルイ』

2005/4/30 @大阪現代演劇祭〈仮設劇場〉WA

 地下鉄「大阪港」駅から西へ歩くこと約 10 分、大阪港の倉庫につくられた 〈仮設劇場〉WA での公演。
 鉄骨がむき出しの 4 本の柱を含む円形の舞台は、客席も含めてフラットなスペース。その空間を薄手の帯状カーテンが取り囲み、さらに約 2 m 幅の通路をはさんで、外側に透明のエアー・チューブで取り囲まれています。桟敷に柱が扇町ミュージアムスクエアを思い出させますが、外に設置した照明がエアー・チューブとカーテンを透して舞台空間へ射し込み、独特の幻想的な雰囲気に。
 客席は約 100 人を想定して設置されていたようですが、超満員御礼でそれ以上入っていたようです。遅れてきた観客はカーテンの外の通路にも座っていました。

 本作は劇団☆新感線の中島かずきの脚本を、エレベーター企画の外輪能隆が演出。
 出演は、土本ひろき、大野美伸(エレベーター企画)、 田倉伸紘(劇団ひまわりアクサル)、hime(姫組)、ともさかけん(Giant Grammy)、永津真奈(劇団ひまわりブルーシャトル)、菊池康治(ウラナチ)、津野倫子(劇団ひまわり)、ソプラノ・ゲストの木澤香俚。エレ企にしては出演者が多い!

 都で続発する盗賊の襲撃。蝦夷の民が賊と化したとの噂。事態鎮圧のため征夷大将軍に任ぜられた坂上田村麻呂(サカノウエノタムラマロ)。そこに立ちはだかる、北の狼を名乗る阿弖流為(アテルイ)。

 開演前のアナウンスでは上演時間 1 時間 45 分。下手すると 3 時間を超える新感線の戯曲をこの時間でどう料理するのか、そのあたりも見どころではありました。
 まず、序盤がはしょり過ぎの感あり。主要人物の背景と相関関係がつかみづらく、事の発端と人物像はきっちり提示してほしかったです。とくにオープニングはソプラノ・ヴォーカルに BGM がかぶさり、台詞が聴き取りづらかったのが致命傷。アイコンとなる紅玉も、実際に小道具として用意した方がイメージしやすかったと思います。オリジナルは観てませんが、新感線のわかりやすさはそのあたりのうまさがあるのかも。
 ただ、ストーリーが呑み込めてくる後半はなかなか。可能なかぎり殺陣を排し、象徴的な演出で表現。床に設置した蛍光灯を割る演出はインパクト大。中盤以降は台詞も聴き取りやすかったです。

 「もったいないなぁ」ってのが終演後の感想。序盤にもう少し厚みがあって、音響のバランスさえ取れてれば。‥‥
 でもまぁ、演出面ではぞんぶんに楽しませてもらえましたし、女優陣が良かったんで、満足感はありました。

エレベーター企画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRYAN ADAMS - Japan 2005

2005/4/26 @大阪厚生年金会館(ウェルシティ大阪)大ホール

 ぼんやりバスに乗ってたら停留所を乗り過ごし、20 分ほど歩くはめに。(早めに出てて良かった)
 開場時刻を 10 分ほど過ぎてたんで、スムーズに入場。観客の年齢層は、さすがに高いですね。1 階席だったんで、2 階や 3 階の様子はわかりませんが、3 階席の張り出し部にも観客がいたんで、ほぼ満席だったんではないかと思います。
 ステージはシンプル。上手側に 5 m くらいのスタンドに取り付けたライトが 20 台くらい、下手側に天吊りのライトが 5 台くらい(+人間操作のスポットが 2 台)。じつはステージ後方の黒いスクリーンの裏に大掛かりな照明がセットされてました。

 約 5 分押しでショウがスタート。新作『ROOM SERVICE』から 2 曲演ったあとの“18 Til I Die”は観客も歌いやすいパートがあって大盛り上がり。唯一ヘッド・バンギング可能な“Kids Wanna Rock”も良かったなぁ。
 “Summer Of '69”と“(Everything I do) I Do It For You”はアコースティック・アレンジで。前者はちょっともったいないような気もしましたが、「毎回来てくれるファンのために、毎度おなじみの曲を違った味わいで」ってことでしょう。悪くはなかったですよ。
 2 度目のアンコールではブライアンがアコースティック・ギターを抱えてひとりで登場。首にハーモニカもセットして、弾き語りスタイル。これもまたちょっと新鮮でした。
 観客をステージに上げていっしょに歌ったり、リクエストの“Christmas Time”をちょっと演ってみたり、サービス満点。
 新作 + ベスト盤 2 枚でほぼ網羅される感じのセットで、ファンに連れてこられた友達でも楽しめる内容だったんではないかと思います。

 普段はもっとテンションの高いライヴばっかりなんで、なんか心地良く癒されたなぁって感じでした。新作の印象がちょっと弱かったんで心配してたんですが、よくよく考えりゃヒット曲が多いん、基本的にライヴは問題ないんですよね。杞憂でした。


  1. Room Service
  2. Open Road
  3. 18 Til I Die
  4. Let's Make A Night To Remember
  5. There Will Never Be Another Tonight
  6. Can't Stop This Thing We Started
  7. Kids Wanna Rock
  8. Back To You
  9. Summer Of '69
  10. (Everything I do) I Do It For You
  11. Cuts Like A Knife
  12. This Time
  13. Lonely Night
  14. Somebody
  15. Heaven
  16. I Was Only Dreamin'
  17. When You're Gone
  18. Nowhere Fast
  19. The Only Thing That Looks Good On Me Is You

  20. Cloud Number Nine
  21. Run To You
  22. Christmas Time
  23. The Best Of Me
  24. It's Only Love

  25. All For Love
  26. Straight From The Heart
  27. Room Service

BRYAN ADAMS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEGADETH - Blackmail The Universe Tour Japan 2005

2005/4/9 @Zepp Osaka

 さよならツアーの MEGADETH 来日公演に参戦。
 開場時刻をちょっと過ぎた頃に到着するも、すでに整理番号は過ぎていたので、グッズ売り場を尻目にあわてて入場。いつもの 1 段上がったところのバーを、ほぼセンターでゲットできてひと安心。
 客入りの方は、開演直前で 8〜9 割ってところでしょうか。当日券も売ってましたし、私の前はやや余裕がありました。

 バック・ドロップは アメリカ合衆国最高裁判所 を模したもので、なぜか中央の柱が 2 本少なく、8 本が 6 本になってました。本来なら「EQUAL JUSTICE UNDER LAW」と 刻まれている ところに「UNEQUAL INJUSTICE FOR ALL」の文字が。(ちなみに MEGADETH.COM のバナー画像では「UNEQUAL INJUSTICE UNDER LAW」となってます)

 目の前をビール片手に闊歩する人が多く、我慢しきれずビールを注入。ほぼ定刻に、ええ気分でショウがスタート。
 さよならツアーにしては新曲がわりと多く、普通の新譜プロモーション・ツアー的な感じ。ただ、これと云った MC もなく淡々とセットが進むあたり「やっつけ仕事なんかなぁ」と勘ぐってみたり。が、後半はデイヴ・ムステイン<Vo, G>も機嫌が良くなってきたのか、やや饒舌に。
 序盤はバランスが悪かったものの、後半はそれなりに。ただ、ヴォーカル・マイクは最後までいまいちだったような。
 やっぱり古い曲が盛り上がりますね。“Hangar 18”と“Return to Hangar”は完全に合体して演奏されましたが、“Return 〜”は演らないと思ってただけに意外でした。“She-Wolf”はアルバムどおりで、ツイン・リードの後奏ロング・ヴァージョンを期待してただけに、ちとがっかり。それでもやっぱり“Holy Wars”は最高!

 アルコホール注入も手伝って、気持ち良〜く首振ってました。(最近はヘッド・バンガーも減りましたね)
 これで MEGADETH has failed かと思うと、もったいないなぁ。MEGADETH としての資産=楽曲群をムステインが今後どう扱うか、そのあたりが気にかかります。


  1. Blackmail The Universe
  2. Set The World Afire
  3. Skin O' My Teeth
  4. Scorpion
  5. Wake Up Dead
  6. In My Darkest Hour
  7. She-Wolf
  8. Something I’m Not
  9. Angry Again
  10. A Tout Le Monde
  11. Die Dead Enough
  12. Trust
  13. Of Mice and Men
  14. Kick The Chair
  15. Hangar 18
  16. Return to Hangar
  17. Back In The Day
  18. Sweating Bullets
  19. Tornado of Souls
  20. Symphony Of Destruction
  21. Peace Sells - Paranoid - Peace Sells

  22. Holy Wars

MEGADETH

| | コメント (1) | トラックバック (1)

人間国宝のありがたみ

 毎月 1 日の TORII 寄席の番組が気になって調べたら、5 月は特別企画(1 日から 5 日間の連続興行)でした。3 日の桂春団治独演会が良さそうで、直接 TORII ホールに電話すると「その日は大丈夫ですよ」とのことで、無事予約できました。
 「ちなみに、売り切れてるんはどの日ですか?」と訊くと、「2 日の米朝さんの日です」。やっぱりね。

 私もちょっと興味はありましたが、いまの米朝さんのコンディションを考えると《人間国宝の芸を間近で観られる》ってことだけですし。(まぁそれが重要なんでしょうけど) ネタも笑いどころの少ない「鹿政談」ですから、今回は春団治さんやな、と。
 もっとも、春団治さんもかなりしゃべりがキツくなってきてはいるんですが、独演会がほとんどないことを考えると、一度に二席を聴ける機会って貴重ですし。
 ところが世間一般は人間国宝を選ぶわけで、おかげでこっちは無事予約できてるわけで。皮肉と云うかなんと云うか。

TORII HALL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

 ご多分にもれず、今年はキツいです。今年は花粉量自体が多いってこともあるんでしょうけど、とにかくキツい。予報では、今年は天候の加減で時期がうしろへずれるとのことで、ゴールデン・ウィーク明けくらいまでつづきそう。

 症状は、目のかゆみと鼻水。副作用で、のどの痛みと寝不足。
 鼻水のおかげでのどの奥の、鼻と口の間あたりが痛い。マスクやゴーグルはうっとうしいんで、薬を飲んでます。ただ、効果はあるのかないのか。(最近では首からぶら下げる空気清浄機もあるようで)
 鼻がつまって寝不足。薬を飲まなくても眠たいです。頭もなんとなく痛いと云うか重たいと云うか。
 目のかゆみは目薬で、のどの痛みはのど飴でなんとか対応してますが、鼻水と鼻の奥の不快感だけはなんともなりません。鼻を取って奥を洗いたいくらいです。

 とにかくツラい季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »