« THE NUMBER OF THE BEAST / DREAM THEATER | トップページ | ADSL 不調 »

DIO / SPIRITUAL BEGGARS - Japan Tour 2005

2005/5/28 @ZEPP OSAKA

 車で行くことにしたんで、渋滞を懸念して早めに出たんですが、スイスイ進んで開場 30 分前に到着。暑い!んで、橋の下で開場時間まで待機。
 今回は奇跡の 1 組だったんで、早々に列へ。SPIRITUAL BEGGARS の新譜の T シャツを買って入場。余裕で所定位置(ミキサー前)を確保。ACCEPT が流れるなか、開演まで 1 時間。


SPIRITUAL BEGGARS

 バッチリ定刻にスタート。バック・ドロップはシンプルにバンド・ロゴ。
 初来日時に観てるんですが、ヴォーカル兼ベースからヴォーカルとベースに変わって 5 人編成に。マイケル・アモット(G)の存在感と云うか、ギターを抱えたたたずまいがカッコ良いです。逆に JB(Vo)は‥‥華がないなぁ。もうちょっとステージ全体を使った方が観客も楽しめるのに、もったいないです。
 サウンド・バランス良し。キーボードがアクセントになってて、それがバンドの特色にもなってますから、もうちょっと音が大きめでも OK じゃないでしょうか。
 旧譜もほとんど持ってるんですが、新譜しか予習してませんでした。それでもじゅうぶん楽しめる内容でした。棒立ちの観客も多かったですが、この日はメインの DIO ファンの比率が多かったと思いますんで、まぁ仕方ないでしょうね。そのわりには盛り上がってたと思いますし、ショウの内容もかなり良かったんで、DIO ファンにもアピールできたんではないかと思います。
 あ、新加入のシャーリー・ダンジェロ(B)はやたらデカいです。

  1. Inner Strength
  2. Throwing Your Life Away
  3. Street Fighting Saviours
  4. Angel of Betrayal
  5. Fools Gold
  6. Through the Halls
  7. Young Man, Old Soul
  8. One Man Army
  9. Beneath the Skin
  10. Look Back
  11. Treading Water
  12. Dying Every Day
  13. Wonderful World
  14. Euphoria


DIO

 バック・ドロップが DIO のキャラ(?)に替わり、待つこと約 20 分、満を持して DIO の登場。オープニングのライトの使い方が荘厳な雰囲気を醸し出してます。
 御大ロニー・ジェイムス・ディオ(Vo)は、あの小さな身体のどこからあんなパワフルな歌声が出てくるんでしょう? しかも、先日の JUDAS PRIEST のロブに比べて動きが軽快! 軽くステップを踏みながら、ステージを右へ左へ。ロブと違ってロニーは中音域で歌い上げるタイプですが、それにしてもあきらかにロニーの方がコンディションが良さそうです。
 新しめの曲は最初の 2 曲だけで、そっからはロニーの歴史絵巻。とにかく 3 曲目からの観客の盛り上がり方は凄まじい! メロイック・サイン、上がりまくり! ちゃんと RAINBOW を聴いたことのない私には、本編ラストの“Heaven And Hell”がハイライトでした。往年の曲も、サイモン・ライト(Ds)の手数足数の多いプレイで古さを感じさせません。
 メンバーも観客も、みんなしあわせそう。まさに理想的なベスト・ライヴだったと思います。スーツで来場の「土曜出勤ご苦労様です」のサラリーマンもエア・ギターでノリノリ。途中から JUDAS PRIEST の T シャツに替わってました。ただ、うしろの歌いまくり兄ちゃんの声がデカすぎで、それだけが惜しまれます。
 あ、スコット・ウォーレン(Key)の投げやりプレイが非常に気になりました。

  1. Killing The Dragon
  2. Egypt
  3. Stargazer
  4. Stand Up And Shout
  5. Holy Diver
  6. Sunset Superman
  7. Straight Through The Heart
  8. Don't Talk To The Strangers
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Long Live Rock 'N' Roll
  11. Shivers
  12. Gates Of Babylon
  13. Heaven And Hell

  14. Rainbow In The Dark
  15. The Last In Line

  16. We Rock


 SPIRITUAL BEGGARS は 70 分弱、DIO は約 100 分、セット・チェンジも入れてトータル 3 時間強。待ち時間も入れて 4 時間以上。風邪気味で開演前も軽い頭痛だったんですが、終演後は気分スッキリ。満足度の高い公演でした。ただ、脚はガタガタ、膝は完全に笑いっぱなしでしたが。

DIO
SPIRITUAL BEGGARS

|

« THE NUMBER OF THE BEAST / DREAM THEATER | トップページ | ADSL 不調 »

コメント

今回のベースはシャーリー・ダンジェロですよ!
ロジャー・ニルソンは前作のメンバーです。

投稿: stranger | 2005.06.28 21:39

ご指摘ありがとうございます。
さっそく修正しました。

投稿: わさび | 2005.06.29 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/4325549

この記事へのトラックバック一覧です: DIO / SPIRITUAL BEGGARS - Japan Tour 2005:

» [HM/HR]5・28DIO & SPIRITUAL BEGGARS@ZEPP OSAKA [鈍色の音詞]
ロニー・ジェイムス・ディオの来日公演はこれで最後なんじゃないかな? ==== SPIRITUAL BEGGARS ボクとしては今回のメインはSPIRITUAL BEGGARSだったんだけど、大半の観客はDIO目当てだったみたいで観客の反応は非常に固かったよぉぉぉ。でもバンド側はDIOの前座に徹していて、DIOファンにも自分達の音楽を楽しんでもらおうという謙虚な姿勢で演奏していた。JB(Vo.)が1曲ごとに曲名と収録アルバムを説明していたので、帰りにアルバムを手に取ってみたDIOファンが結構い... [続きを読む]

受信: 2005.05.30 03:36

» 伊藤政則のROCK CITY [伊藤政則のROCK CITY、洋楽、ギター・・・・ブログ!]
今週の政則さんの「ROCK CITY」は、 HR/HM界の大御所、DIOの特集でした。   来日時のインタビューと 先日の来日公演から、2曲をオン・エアー。   ロニー・ジェイムス・ディオは、 メタル界の北島のサブちゃんと呼ばれてるそうです。 デビュー当時(2... [続きを読む]

受信: 2005.06.17 06:11

« THE NUMBER OF THE BEAST / DREAM THEATER | トップページ | ADSL 不調 »