« LANA LANE - 10th Anniversary Tour | トップページ | スピード違反 刑事編 »

飛び出す絵本

Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs
Encyclopedia
Prehistorica
Dinosaurs

Robert Sabuda
Matthew Reinhart

 学生時代から細々と続けてることに絵本収集があります。日本人だと安野光雅や黒井建、外国人だとモーリス・センダックやビアトリクス・ポターなど。それぞれスタイルは異なりますが、独特なタッチが気に入ってます。
 それとは別に気になるのが《ポップ・アップ》、すなわち《飛び出す絵本》です。本を開くとその世界が飛び出してくるワクワク感。本と云う本来 2D のメディアから 3D へ展開されるビックリ感。とにかく楽しいです。

 これまでもピーターラビットのなんかを何冊か持ってたんですが、去年知ったロバート・サブダの作品群はとにかくスゴい!
 なにがスゴいって、まず厚さがスゴい! これまで持ってた飛び出す絵本ってせいぜい 2 cm くらいの厚さなんですが、サブダのは 5 cm くらいあります。もうねぇ、本を開く前から期待感が高まりますよ、これは。
 そして、これでもかってくらい飛び出すのがスゴい! こればっかりは見てもらわないとなんとも云えないんで、『不思議の国のアリス』の一節をどうぞ。

 サブダの作品はかなり手が込んでますんで、新作は年に 1〜2 作くらいのペースです。で、最近出たのが『Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs』って恐竜本。私は恐竜も好きですから、さっそく購入。いやぁ、今回も素晴らしいです。各見開きに大きなポップ・アップが用意されてるんですが、脇の小さい開きに肉食恐竜が肉を引きちぎる様が再現されていたり、とにかく凝ってます。届いた日には何度も開いたり閉じたり。楽しいですねぇ。

 仕掛けが複雑なんで、小さいこどもだと破ってしまう危険性があります。小さいお子さんはお父さん・お母さんといっしょに楽しむのがベター。本が好きなら 5 歳くらいからひとりでも楽しめるんではないでしょうか。もちろん大人も楽しめますよ。

Robert Sabuda

|

« LANA LANE - 10th Anniversary Tour | トップページ | スピード違反 刑事編 »

コメント

サブダはクリスマスものだけ揃えています。『The Night Before Christmas』は伝統的な物語に強烈なポップ・アップが載っていてオススメです。

投稿: 鈍色大臣 | 2005.07.10 16:40

一連のクリスマス物とか、昨年末に出た『America T he Beautiful』とか、白い紙のポップ・アップだけで立体感を表現してて、かなり洒落てます。
秋に出る予定の『Winter's Tale』も、そんな感じです。

投稿: わさび | 2005.07.11 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/4903998

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出す絵本:

« LANA LANE - 10th Anniversary Tour | トップページ | スピード違反 刑事編 »