« 一宮たなばた落語ランド 前日祭 | トップページ | 新日本プロレス - G1 CLIMAX 2005 大阪大会(初日) »

鬼束ちひろの行く末

鬼束ちひろ宅に花束男 (スポーツ報知)

 上記記事の花束男は、まぁよくあるストーカーの話です。有名税として、ある程度は我慢せんといかんことでしょう。
 それよりも気になったのが、鬼束ちひろの紹介文の方。

 鬼束は 2000 年 2 月に『シャイン』でデビュー。セカンドシングル『月光』がヒットし一躍人気歌手に。しかし、03 年 10 月に声帯の不調を理由に全国ツアーを中止。04 年 3 月に発売したベストアルバムを巡り、事務所、レコード会社と対立。同年 5 月に双方を移籍した。体調不良を理由にテレビ番組をドタキャンするなど、ゴタゴタ続きだった。移籍した新事務所とは今年 1 月末に契約が終了。活動休止状態が続いている。

 東芝 EMI ともめてユニバーサルミュージックに移籍し、シングル『育つ雑草』を発表するも、その後はほとんど音沙汰なしでした。所属事務所と契約終了ってことは音楽活動がフォローされなくなるでしょうから、今後の動向が非常に気になります。

 鬼束ちひろの音楽家としての希有な才能は、かなりのもんだと思います。プロデューサーの手腕も多分にあったでしょうが、やはり本人に実力がなければ、あそこまでブレイクしなかったと思います。
 声帯の不調や体調不良が心因性のものでなければ良いのですが。もしそうなら、もうこのまま芸能界から消えてゆくような気がしてなりません。‥‥

鬼束ちひろ

|

« 一宮たなばた落語ランド 前日祭 | トップページ | 新日本プロレス - G1 CLIMAX 2005 大阪大会(初日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/5309922

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼束ちひろの行く末:

« 一宮たなばた落語ランド 前日祭 | トップページ | 新日本プロレス - G1 CLIMAX 2005 大阪大会(初日) »