« 兎の眼 | トップページ | たまの気まぐれコレクション »

吉朝、逝く

訃報:桂吉朝さん50歳=落語家 (毎日新聞)
上方落語屈指の実力派、桂吉朝さんが死去 (朝日新聞)
桂吉朝さん死去 米朝門下、上方屈指の本格派 (朝日新聞)
桂吉朝さん死去 50歳 米朝落語の“継承者” (産経新聞)
落語家の桂吉朝さん死去 (読売新聞)
上方落語の桂吉朝氏死去 (スポニチ)
上方落語次代のリーダー・桂吉朝さん死去 (スポニチ)
米朝「頼りにしてたのに…」 (デイリースポーツ)
米朝悲痛… 桂吉朝さん死去 (デイリースポーツ)
米朝悔し…愛弟子の吉朝さん死去 (日刊スポーツ)


 桂吉朝さんが 11 月 8 日 23 時 20 分、心不全で亡くなられたそうです。享年 50 歳。
 記事によると、やはり胃ガンだったようです。先日の『米朝・吉朝の会』での「弱法師」が最後の高座となりました。

 もっとも敬愛する噺家さんだっただけに、言葉も出ません。


 ご冥福をお祈りします。

|

« 兎の眼 | トップページ | たまの気まぐれコレクション »

コメント

私もただただ呆然、昼過ぎに友人からメールをもらい、その後しばらく仕事が手につきませんでした。私も、最も愛する落語家さんは吉朝師匠でした。吉朝師匠の落語を初めて聞いた時も思ったのですが、もっと早く落語に出会ってもっとたくさんの師匠の落語を聞きたかった、と今また痛烈に思います。先日の「米朝・吉朝の会」、思い出すと涙が出てきます。

投稿: ogwan | 2005.11.09 18:48

トラックバックありがとうございます。
ニュースを見てショックでした。数年前に入院して退院したあとのお顔の様子から不安はいだいてはいたのですが・・・・残念です。
太融寺の吉朝学習塾が最後に見た高座になってしまいました。

投稿: MAROON | 2005.11.09 20:42

いろいろと吉朝さんのことを考えてしまいます。
これはまた週末にでも書きたいと思います。

投稿: わさび | 2005.11.10 01:20

私が始めて生の高座を見たのは、米朝さんと吉朝さんでした。確か吉朝さんが七段目をされたように記憶しています。もう13年も前のことです。以来、すっかり彼のファンになってしまいました。今日友達から電話で彼が亡くなった、と知らされ、えええっ、と衝撃。結局ニュースを探し回ったりあちこちの掲示板に見かける書き込み読んだりで、仕事になりませんでした。とにかく吉朝さんに関する情報をつかみたい、本当なのか?と変に緊張感の張り詰めた一日となりました。彼に代われる人なんていないと私は思ってます。

投稿: じょん | 2005.11.10 01:41

こん**は、TBありがとうございました。享年50歳という若さ、本当に残念ですね。米朝師匠もさぞや落胆されておられるでしょう。

投稿: ゆうけい | 2005.11.10 12:42

TBありがとうございました。
wasavyさまのTBで「これはホントなのだ」と知らせれたくらい信じられませんでした。
みなさん吉朝師との最後の邂逅を思い出しておられるでしょう。
落語は一期一会ですね。

投稿: 高岳堂 | 2005.11.10 21:06

TBありがとうございました。吉朝兄様と縁あって同じ時代を生きられた幸せを感じながら50歳早すぎる死をかみしめています。咄家が亡くなるということはこれまでの芸これからの芸全てひっくるめてなくなってしまうわけで思い出と残された記録をたどるしか無くなってしまうことが残念です。

投稿: 南 うなみ | 2005.11.11 21:26

>わさびさん
TBありがとうございます。五郎兵衛師匠、春団治師匠、米朝師匠と、円熟味から、さらにそれを超えた魅力。
吉朝師匠も、きっと、米朝師匠のように、なられるのだろう、と期待していただけに、悲しみに耐えられません。
これは30年後の記事やろう!本当にタイムスリップしたような、驚きでした。
役者としても活躍した、吉弥師など、お弟子さんにエールを送りたいと思います。

投稿: とまきろ | 2005.11.11 21:35

 トラックバックありがとうございます。
 とは書いたものの、パソコンに弱くてトラックバックなるものを理解していません。
 僕のブログでいくつか吉朝さんのことを書いたので、よければ見て下さい。

投稿: | 2005.11.11 21:42

この度はトラックバックありがとうございました。
しかしながら、今回ばかりはショックが大きかったこととお察しします。
正統派の芸が見られなくなるのは寂しくなりますが、ここんところの層の厚さも手伝って、悲しんでばかりもいられないのも実情です。
『まだまだワシらがおるで〜!』と米朝師匠や吉朝師の兄弟弟子や弟子たちが頑張ってくれると思います。
彼らを通じて師匠の偉大さや面白さを理解出来たら良いなぁと思う今日この頃であります。

投稿: 三浦家権太郎 | 2005.11.11 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/6995483

この記事へのトラックバック一覧です: 吉朝、逝く:

» 桂吉朝氏が死去 [Honeybee&Coolbeeminibasketball]
桂吉朝氏が死去 上方落語界のホープーyahoo 共同通信上方落語界のホープとして人気を集めてきた桂吉朝(かつら・きっちょう=本名上田浩久=うえだ・ひろひさ)氏が8日午後11時20分、心不全のため兵庫県尼崎市の病院で死去した。50歳。大阪府出身。葬儀・告別式は行わず...... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 15:27

» 訃報:桂吉朝師匠 [古今東西]
勉強会でもいいけど若いうちから独演会を開くことは必要だし、早ければ早いほどいいと [続きを読む]

受信: 2005.11.09 17:02

» [落語]桂吉朝師ご逝去 [歌季句気呼]
 昨晩遅く、胃癌のためにご逝去されました。まだ50歳でした。  落語仲間の方からご連絡を受け、携帯のウェブ上でニュースを確認し…。ボーダフォンのステーションの朝日新聞ではトップ・ニュースに上がっていました。  今はただただ呆然としています。仕事が手につきません。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 18:34

» [News][訃報] その他の報道 [MAROONのなんでも日記]
上方落語屈指の実力派、桂吉朝さんが死去(asahi.com) http://www.asahi.com/obituaries/update/1109/003.html 上方屈指の実力派 米朝さんの師・米団治の名跡候補とされた テレビなどに頼らず舞台中心の芸能活動を通じてファンの支持 <訃報>桂吉朝さん50歳=落語家(毎日新聞) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000052-mai-peo 端正な語り口や描写のうまさに定評 大作「地獄八景亡者... [続きを読む]

受信: 2005.11.09 20:43

» 追悼。桂吉朝師匠。 [錦松楼さだ吉と阪神大好きトラ吉のネット独演会]
今回は、かなり個人的な記事です。 久々の記事なんですがね・・・ 上方落語界の正統派のホープ桂吉朝師匠がお亡くなりになられました。 50歳・・・お若いです。コレから、ますます素晴らしい正統派の上方落語を聞かせてくれると思っていたのですが・・・ 病気と戦いながら、それを感じさせない高座で楽しませてくれました。8月に復帰してコレからだとおもっていたのですが・・・ 本当に残念でなりません。 さだ吉の師匠なんですよね・・・さだ吉は落語家やないのですがね。 『さ..... [続きを読む]

受信: 2005.11.10 12:33

» 桂吉朝さんを悼む [ゆうけいの月夜のラプソディ]
 関西以外の方にはあまり馴染みが無い名前かも知れませんが、関西落語界で正統派の第 [続きを読む]

受信: 2005.11.10 12:40

» 桂吉朝という上方落語家 [ほぼ日刊チロリ通信]
桂吉朝が亡くなった。 私が生まれてこの方、最も悲しく残念な芸人の死である。 今まで落語を生で観てきて、最も巧いと感じさせられたのが桂吉朝だった。 文楽、志ん生、圓生、馬生、三平、松鶴には間に合わなかったけど、 小さん、志ん朝、文枝には間に合ったし、 米朝、春団治、談志、小朝、志の輔、談春を私は観ている。 人それぞれ好みや見方があるだろうけど、 私が最も巧いと感じたのは吉朝で間違いない。 大阪のサンケイホールという大きな会場でも抜群の集客力があった。 テレビで米朝が「吉朝に聞いて... [続きを読む]

受信: 2005.11.10 20:49

» 早過ぎます…桂吉朝師匠死去。 [ほんま、チャーチャーと・・・]
お久しぶりでございます{/ase/} アイモカワラズなかなか落ち着かない今日この頃です。 また一人、偉大な上方芸人が逝ってしまいました。 おととい、ラジオのニュースで「桂吉朝」師匠の訃報を聞きました。 上方落語のホープ 桂吉朝さん死去 (スポーツニッポン) - goo ニュース 上方落語界の正統派ホープ、桂吉朝さん死去 (サンケイスポーツ) - goo ニュース 米朝悔し…愛弟子の吉朝さん死去 (大阪日�... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 14:44

» 吉朝さん、永遠に [三浦家権太郎落語日記]
噺家や落語ファン、落語界にとって、ショックだったに違いない。 残された家族や一門はもっとショックだったに違いない。 命あるもの、いつかは尽きる時が来るとはいえ、自分の師匠よりも先に逝ってしまうのは残念。 これからどころか、ますます脂が乗ってくる50才でお....... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 23:19

» あまりに残念な吉朝の死去 [メディアをよむ]
上方落語会の中堅、桂吉朝師が亡くなった。あまりに早すぎる、あまりに惜しい損失である。 芝居や能など様々な分野に首を突っ込んでいた、好奇心旺盛な噺家だったが、やはりその真骨頂は古典落語。本格派の古典落語を現代人にもわかりやすく、端正に演じ、そして爆笑をとれ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 12:16

» 桂吉朝さん逝く [*よりみち日和*]
私の大好きな落語家、桂吉朝さんが、亡くなられました。なんで、こんな文章を書かなければいけないんでしょう。ついこの間みたとこです。わずか二週間前のこと。10月27日の国立文楽劇場での高座が最後の高座となってしまいました。(28日の日記)最後の高座をみれたことは...... [続きを読む]

受信: 2005.11.13 00:24

« 兎の眼 | トップページ | たまの気まぐれコレクション »