« 王寺寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »

恐竜博 2005

 恐竜博へのリベンジ・マッチで、長居公園内にある大阪市立自然史博物館に行ってきました。

 まず 10:45 に会場に到着し、入場列最後尾へ。この時点でプラカードには 120 分待ちの表示。こっちは承知の上で来てるんで、ゲームボーイで時間を忘れつつ入場待ち。
 入口近くになると「場内にトイレはありませんので、ここでお済ませ下さい」とのアナウンス。それはないんとちゃうの? 回転率上げるためってのもあるんでしょうけど、ひとりで行ってる者は行きづらいがな。行ったけど。
 トイレからしばらくして 12:15 に入場。実質 90 分待ちでした。が、入口が大混雑。あんなところにガラス・ケースを展示したらあかん。もっと動線を考えたレイアウトがあろうに。
 ガラス・ケース展示はスルーして、大型の骨格標本を中心に。それにしても人が多く、写真撮影はなかなかタイミングがむずかしかったです。まぁこれは私自身も写真撮ってるんで、文句は云えませんが。
 今回の目玉、世界最大のティラノサウルス“スー”ですが、さすがに圧倒的なサイズ。ただ、復元模型なんですよね。胸骨など、一部は本物が来てたんですけど、これって詐欺でない? 詐欺は云い過ぎにしても、羊頭狗肉というか、ちょっと残念。
 その後はサブ・タイトルの「恐竜から鳥への進化」ってことで、小型で鳥の祖先っぽい恐竜の骨格標本が数体あって終わり。順路は戻れないように作られてて、これも回転率を上げる策でしょう。逆流すれば良いだけなんですが、待つので疲れてたんで退場。
 出口で売ってたスーの骨格&復元のフィギュア(海洋堂製)を購入。これ、出口側からアクセスして買えますよ。この時点で 12:45 でした。

 トータル 2 時間で、3/4 は列んでたことになります。ここまでしたわりには「こんなもんかいな?」って印象。たしかにスーの大きさには圧倒されましたが、なんやかんや云うても復元模型でしたし、これやったらこの前の南港の方がゆっくり見れておもしろかった気がします。

 大阪はこの日で終了ですが、ツアーはまだ続くようです。(どっかで見た記憶が‥‥)


マシアカサウルス (複製)
マシアカサウルス (複製)

マジュンガトルス (複製)
マジュンガトルス (複製)

タルボサウルス (実物)
タルボサウルス (実物)

ティラノサウルス“スー” (複製)
ティラノサウルス“スー” (複製)

ハルピミムス (実物)
ハルピミムス (実物)

インゲニア (実物)
インゲニア (実物)

アラシャサウルス (複製)
アラシャサウルス (複製)

恐竜博 2005

|

« 王寺寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/7341137

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜博 2005:

« 王寺寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »