« ハッスル・マニア 2005 | トップページ | 新春 林家一門顔見世興行 »

An Evening With... DREAM THEATER - Octavarium World Tour 2005/2006

2006/1/7 @グランキューブ大阪メインホール

電光掲示板

 8th アルバム『OCTAVARIUM』を引っさげて、待望の DREAM THEATER 来日公演です。大阪は日本公演の初日、しかも土曜日と云うこともあって、遠方からも来られていたようです。

 この日は 16:15 開場(中途半端)でしたから、16:30 頃に到着するよう JR「大阪」駅からリーガロイヤルホテル(大阪)のシャトル・バス(無料)に乗って会場へ。エレベーターでグランキューブ大阪の 5F へ上がると、エントランスは入場列であふれかえってます。なんで?
 ひとりだったんでコソコソッと前の方に潜り込み、入口で上の写真をパチリ。そのまま会場入りすると「入場はロビーまでとなっております」とのアナウンス。どうも準備が遅れている模様。とりあえずグッズ売り場で長袖 T シャツ(5,000 円)を購入。
 その後も客はどんどん入場してきますが開場されず、ロビーはグッズ売り場を中心に大混雑です。結局、16:15 開場の 17:00 開演は遅れに遅れ、17:15 開場の 17:45 開演となりました。


 会場に流れていた曲が止み、暗転とともに流れてきたのは映画『時計じかけのオレンジ』のタイトル曲。そして前アルバム『TRAIN OF THOUGHT』のエンディングからピアノの単音が鳴り響き、アルバム『OCTAVARIUM』のオープニング・トラック“The Root Of All Evil”がスタート!
 音量が大きすぎて音が割れると云うこともなく、各ソロ・パートではそれぞれの音が聴き取りやすく、のっけからサウンド・バランス良好。(ドラムスのみ、やや音が平板に感じられましたが、数曲で解消。耳が慣れた!?!?)
 続けて“Panic Attack”を演ったあと、1st アルバムから順に 1 曲ずつ演奏。“Under A Glass Moon”を演ったあとにジェイムズ・ラブリエ(Vo)が「各アルバムから 1 曲ずつ演りますよ。つぎは『AWAKE』から」みたいに云ってました。これはなかなかおもしろい演出。さすがに“Six Degrees Of Inner Turbulence”は途中からでしたが、それでもドラマチックで圧巻。アルバムどおり最後に銅鑼が入って休憩タイム。

 休憩中に“A Mind Beside Itself”をアコースティック・ギター&女性ヴォーカルでカヴァーしたのが流れてました。調べたところ、演奏は PIPO & ELO のおふたり。これ、なかなか良いですよ。“Voices”は私も好きな曲なんで、かなり好感触。 こちら でいろいろ聴けますので、お試しを。

 前半のエンディングの SE が流れてきて、こうなると後半のスタートはもちろん『Train Of Thought』のオープニング・トラック“As I Am”です。このあたりの演出はニクい!
 その後は新譜から 4 曲演って本編終了。最後の“Octavarium”はやっぱりスゴかったです。個人的には、曲としてはそれほど魅力的とは思えないんですけど、やっぱりあれだけの曲をガッチリ演られると圧倒されます。

 ほどなくアンコールで“Pull Me Under”と“Metropolis Pt.1”をメドレーで。やっぱり 2nd からの曲は盛り上がりますねぇ。
 終演後は映画『時計じかけのオレンジ』から“Singin' In The Rain”が流れてました。


 終演は 20:20 で、トータル 2 時間半強と、最近の DREAM THEATER にしては短め。これ、時間が押してアンコール予定曲から 2〜3 曲削られたような気がするんですが。‥‥
 まぁ、いつもいちばん心配なラブリエのヴォーカルは安定してましたし、他のメンバーの演奏は云わずもがなで、なにはともあれ大満足。ギターのトラブルが時々あったようですが、私はあんまり気になりませんでした。

 バック・ドロップや映像の類の演出は、今回はまったくなし。音楽のみでこれまでの、そしていまの DREAM THEATER を提示されたようで、感慨深い演出だったと思います。(単純に映像系の準備が間に合わなかったからだったりして‥‥)

 フル・アルバムが 8 枚ともなると、あれも演ってない、これも演ってない、となりますが、そのあたりは仕方ないですね。DREAM THEATER は日毎にセット・リストを変えてくるんで、どうしてもってファンはツアーを追いかけることになるでしょう。
 個人的には『METROPOLIS PT.2: SCENES FROM A MEMORY』から“The Spirit Carries On”を期待してたんですが、これは追加公演に持ち越しとなりました。


  1. The Root Of All Evil
  2. Panic Attack
  3. After Life
  4. Under A Glass Moon
  5. Caught In A Web
  6. Peruvian Skies
  7. Strange Deja Vu
  8. Six Degrees Of Inner Turbulence
    1. Solitary Shell
    2. About To Crash (Reprise)
    3. Losing Time/Grand Finale

  9. As I Am
  10. These Walls
  11. I Walk Beside You
  12. Sacrificed Sons
  13. Octavarium

  14. Pull Me Under - Metropolis Pt.1

DREAM THEATER

|

« ハッスル・マニア 2005 | トップページ | 新春 林家一門顔見世興行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/8045999

この記事へのトラックバック一覧です: An Evening With... DREAM THEATER - Octavarium World Tour 2005/2006:

« ハッスル・マニア 2005 | トップページ | 新春 林家一門顔見世興行 »