« たまのチャレンジ道場 | トップページ | つくしんぼ落語会 »

An Evening With... DREAM THEATER - Octavarium World Tour 2005/2006

2006/1/15 @NHK 大阪ホール

 初めて NHK 大阪ホールに行きましたが、さすがに新しい建物だけに綺麗。開場時刻は過ぎてたんで、エスカレーターで会場まで上り、スムーズに入場。会場スタッフはみんな黒っぽいスーツで、ハイソな雰囲気。
 グッズ売り場が比較的空いてたんで、フラフラッと覗きに行き、8 角形迷路 T シャツとパンフレットを購入。コンサートでパンフなんて買うのひさしぶり。まぁ初日の印象が良かったのと、バンドの 20 周年記念ってことで。
 客席をのぞくと、これがまた豪華な感じ。1 階席はどこからでも観やすそう。私の席は左側の高台部分の最前列で、座っても観られる席でした。1 階は満席。2 階は見えませんが、前の方には人がいました。


 ショウは 15 分押しでスタート。初日同様、映画『時計じかけのオレンジ』のメイン・テーマから『TRAIN OF THOUGHT』アルバムのエンディングへ。違ったのは、ステージ後方に『OCTAVARIUM』アルバムのバック・ドロップと、その左右にスクリーンがあること。やっぱり初日は機材トラブルだったようです。このオープニングの演出ですから、1 曲目は“The Root Of All Evil”。これは初日同様でしたが、つづいて初日には演らなかった“Never Enough”。
 このあと中央にもう 1 枚スクリーンが降りてきて、最新アルバムのジャケットから年代をさかのぼり、アルバムをさかのぼり、「1985」で止まったところで『MAJESTY』の表記。DREAM THEATER の前身、MAJESTY の“Another Won”で 20 周年を祝うと云う趣向。
 その後も初日とかぶらぬ選曲でしたが、とにかく感動したのがキーボード・ソロを導入に始まった“The Sprit Carries On”。これ、演ってほしかったんですよ。前半のラストを飾るにふさわしい演出で、感無量。

 後半はロック・クラシック・カヴァーってことで、この日は DEEP PURPLE の『MADE IN JAPAN』アルバムの完奏でした。今回のツアーでは PINK FLOYD の『DARK SIDE OF THE MOON』アルバムを演ってることが多くて、そっちの方は一応予習しといたんですが、ライヴ盤ってとこが意表を突いてます。
 もちろん、左右のスクリーンには DREAM THEATER ヴァージョンの『MADE IN JAPAN』アルバムのジャケットが。ジェイムズ・ラブリエ(Vo)も、黒っぽい衣装からデニムっぽい上下に着替えてイアン・ギラン風に。途中には『MACHINE HEAD』アルバムの DREAM THEATER ヴァージョンのジャケットも。
 演奏的には、やはり DREAM THEATER チックに。ただ、“Smoke On The Water”の出だしの間違い(?)だとか、曲間の MC だとか、こまかいところまで再現してました。マニア!
 個人的に DEEP PURPLE にはあまり関心がないんですが、内容的には良かったと思いますし、十分楽しめました。会場もそこそこ盛り上がってましたね。

 本編が終了してほどなくジョーダン・ルーデス(Key)が再登場し、ちょっとしたソロから始まったのが 2nd アルバムからの“Wait For Sleep”、そしてそのままアルバムどおりの流れで“Learning To Live”へ。さすがに 2nd アルバムからの曲は盛り上がりますね。私もこの展開には圧倒されました。
 会場の盛り上がりも最高潮に達し、大満足の終演となりました。


 この日はトータル 3 時間強。フル・スケールのショウでした。
 今回も大阪 2 days の参戦となりましたが、とくにジェイムズ・ラブリエの喉の調子がかなり良かったんで、満足度は非常に高いです。ただ、ジョン・マイアング(B)の弾き出すフレーズも印象的なものが多いんで、ベースの音はもうちょっと大きくても良いと思います。
 今回はオープニングの 1 曲目をのぞくとまったくかぶることのないセット・リストだったんで、そこらも DREAM THEATER のスゴいとこだなぁと再認識。行ける範囲で密航しても良かったかも。


  1. The Root Of All Evil
  2. Never Enough
  3. Another Won
  4. Just Let Me Breath
  5. Lie
  6. Raise The Knife
  7. The Sprit Carries On

  8. Highway Star
  9. Child In Time
  10. Smoke On The Water
  11. The Mule
  12. Strange Kind Of Woman
  13. Lazy
  14. Space Truckin'

  15. Wait For Sleep
  16. Learning To Live

DREAM THEATER

|

« たまのチャレンジ道場 | トップページ | つくしんぼ落語会 »

コメント

TB,Thanxです。
ごぶさたです、Yumikoデス。

やっとライブレポ、書き上げましたよ、なんだか熱くなりすぎてしまいました。
ということで、TB返しをさせていただきましたので、
よろしくおねがいしますね☆

7日のグランキューブも行かはったんですね・・・羨ましい。
私もCover Nightばっか行っていないで、
今度はちゃんとDTの曲が堪能できる公演にも行こうと思いましたw

投稿: yumiko-98 | 2006.01.16 03:05

うわぁ、これは観たかった!!
例によってアルバム完コピなんですかね?
『Child In Time』なんて最後のソロをジョン・ペトルーシのフィーリングでアレンジされたものを聴いてみたいものです。

投稿: 鈍色大臣 | 2006.01.16 22:24

> yumiko-98 さん
今回も 2 日で 1 セットって感じでしたから、大阪も恵まれてますね。
さすがに東京にはかないませんが。

> 鈍色大臣
第 2 部は 80 分ほどありました。
インプロヴィゼーションっぽいところはかなり長尺にアレンジされてたと思います。

投稿: わさび | 2006.01.18 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/8182331

この記事へのトラックバック一覧です: An Evening With... DREAM THEATER - Octavarium World Tour 2005/2006:

» 【Dream Theater】LIVE in NHK Osaka Hall REPORT [洋楽フリークス]
いやぁ、すっかり夜も更けてまいりました。 そろそろ、本日のライブレポでも行ってみましょうかね。 [続きを読む]

受信: 2006.01.16 03:02

« たまのチャレンジ道場 | トップページ | つくしんぼ落語会 »