« 三代目桂春團治極付十番落語会 (第五番) | トップページ | 携帯電話の功罪 »

三代目桂春團治極付十番落語会 (第六番)

2006/4/4 @ワッハホール

  • 桂 春雨 「河豚鍋」
  • 笑福亭 鶴志 「平の陰」
  • 桂 南光 「桜の宮」
    ―― 中入り ――
  • 桂 春駒 「ひとり酒盛り」
  • 桂 春團治 「お玉牛」


 ちょっとビックカメラに寄ってから会場へ。開場 10 分前に到着したら、えらい長蛇の列でびっくり。
 それでもひとりで行ってるとどないにでもなるもんで、空いてた 5 列目にすべり込み。当日券の伸びが心配される天気でしたが、客席はほぼ満席。


 開口一番の春雨が、マクラで花粉症情報を。前日からヒノキがピークを迎えてるとか。きのうは風邪かと思ったんですが、それで調子悪かったんかも。
 ネタは「河豚鍋」。時間調整のためか、クスグリが少なくてあっさり。ところがしゃべり方はもっちゃり。おかげでゆるぅい笑いの空間に。あ、でも鍋にはしっかり春雨が入ってました。

 鶴志の見てくれは完全にヤ○ザですよね。ただ、しゃべり出すとメチャクチャおもろい。春團治に稽古を付けてもらったときの話から、師匠・松鶴のエピソードと、ものまね入りでボリューム満点のマクラも大爆笑。
 「平の陰」の、字を読めるふりしてごまかそうとするおっさんがなんともおかしくて、イカツい鶴志がかわいく見えてくるから不思議。

 大きな拍手で迎えられた南光。花見の二次会で米朝が行きつけのスナックに行き、ユーミン御一行と遭遇したときの話で会場をわかせ、芝居の趣向で花見に出かける「桜の宮」へ。登場人物も多めで賑やかな噺ですが、人物の演じ分けがキッチリしてるあたりはさすが。

 中入りをはさんで、春駒は酔っぱらい親子の小咄をマクラに「ひとり酒盛り」を。壁紙を貼る仕草から、手酌でひとり飲み続ける様子など、終盤までのひとり語りがおもしろい。とくにひとりで酔っぱらってゆくあたりのさじ加減が絶妙。春駒は初めてでしたが、職人気質な印象でした。

 春團治の「お玉牛」は、とにかく所作がお見事。とりわけ扇子を使った牛のしっぽが男の顔を打つ場面が絶品。やわらかい布団で寝かせてもらってうれしそうな牛の表情がまたかわいい!


 春團治さん、日毎に調子が上がってるように見受けられます。オーラと云うか、高座の雰囲気と云うか、ノリノリで演られてるよな、そんな感じが日増しに強くなってます。休みを 1 日はさんであと 4 日、もうひと踏ん張りがんばっていただきたいです。
 春雨が下がってから通路に補助席が出ました。当日のお客さんが多く来られてたのかもしれませんね。雨宿り?

|

« 三代目桂春團治極付十番落語会 (第五番) | トップページ | 携帯電話の功罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/9424253

この記事へのトラックバック一覧です: 三代目桂春團治極付十番落語会 (第六番):

« 三代目桂春團治極付十番落語会 (第五番) | トップページ | 携帯電話の功罪 »