« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 全日空寄席 »

RG ふたり会

2006/4/21 @TORII HALL

【雀々☆三喬】

  • 雀々、三喬 《御挨拶》
  • 笑福亭 喬若 「動物園」
  • 桂 雀々 「鶴満寺」
  • 笑福亭 三喬 「花色木綿」
    ―― 中入り ――
  • 桂 雀々 「蛸芝居」
  • 笑福亭 三喬 「饅頭こわい」
※ 其の 2


 開場前に非常階段で待ってると、奥からハメモノを合わせている音が聞こえてきてました。おそらくこの日の「蛸芝居」。えらい熱が入ってます。
 と思ったら、この日はカメラ収録が入ってました。客席も満員でええ感じ。


 まず雀々と三喬が登場し、番組紹介と会告を兼ねたごあいさつ。敬老の日に RG 研進会がなんとシアター・ドラマシティに進出するそう。チケットは次回の RG ふたり会で先行販売されるそうですよ。

 開口一番は“落語界の松坂大輔”喬若。初めて観ましたが、なんとなく朴訥とした印象。
 「動物園」はトラの動きが肝だと思うんですが、後半でちょっと乱れてたような。最後の猛獣ショーのアナウンスもちぐはぐになってましたし、ちょっと焦ってたのかも。

 雀々はマクラに、昼間の八尾での 1 日“がきデカ”署長をしてきた話から、観光バスの余興に行ったら相手が台湾人のツアー客だった話へ。こっからすでに大爆笑。
 「鶴満寺」は寺男の権助が酔っぱらうところ。酒を勧められると片手を広げて突き出し「もう結構」と云いながら、その手の下から湯飲みをそっと出す場面が秀逸。

 三喬のマクラは近所の喫茶ポエムで耳にしたおばちゃんの会話。これもまたいかにも大阪的でおもろい。
 「花色木綿」は『極付十番』で観ましたが、やっぱり最後の飛び道具の赤いハンカチが強烈。横山たかし化した三喬の「すまんの~」はやっぱりおもろい。

 中入りをはさんで、雀々は吉朝に稽古を付けてもらうも喜丸に「『猿芝居』でんな」と云われて 16 年間封印していた「蛸芝居」。
 云い間違いや扇子が破れるトラブルも軽く流すあたりはさすが。タコが横山ノックになってて雀々らしい。
 ただ、やっぱり芝居噺は様式美を楽しむようなところがありますから、決めるところはきちっと決めてほしい。そこらは今後に期待。

 トリの三喬は「饅頭こわい」のフル・バージョンをたっぷりと。好きなものがポッキーで、嫌いなものがプリッツと、独自のクスグリもぽんぽんと。
 怪談じみた話をし終えたところで「ちょっと休憩しましょか」。習った米之助がこの怪談話のところが好きだったそうで、みっちり稽古したとか。そのわりに後半は「あとは饅頭食ぅといたらええねん」と云われたそう。
 その饅頭を食べるシーン、ほんとにおいしそう。空腹時にはこたえました。


 雀々さんはいつも大汗の熱演ですが、カメラが入ってたんでよけいに気合いが入ってたんじゃないでしょうか。対する三喬さんは飄々としてて、それでいて飛び道具を出してきますから、油断できません。ふたりの対比がまたおもしろかったです。
 次回は 6 月 17 日(土)に雀々☆梅團治です。

|

« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 全日空寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RG ふたり会:

« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 全日空寄席 »