« 旭堂南左衛門講談会 | トップページ | 三代目桂春團治極付十番落語会 (第四番) »

TORII 寄席

2006/4/1 @TORII HALL

【卯月恒例 林家一門会】

  • 林家 卯三郎 「半分雪」
  • 林家 竹丸 「天災」
  • 林家 小染 「試し酒」
    ―― 中入り ――
  • 林家 染二 「宗論」
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 林家 染丸 「宿屋仇」


 南左衛門さんの会のあと、吉朝ファンのみなさんとお茶会。ワイワイやってると、あっと云う間に開場時間で、あわてて TORII HALL に戻る。
 こちらは超満員御礼札止め状態で、暑いアツい。(そのわりには私の前の席がひとつ空いてたんですけど)


 開口一番の卯三郎は初めて。表情が漫画チックで楽しい。
 「半分雪」も初めて。関取が嫁さんに謙遜するよう説教する噺。落語ですから、極端になったり言葉の使い方を間違えたりって感じ。独自のクスグリを盛り込みやすそう。

 竹丸の「天災」は短気な男の切れ味が悪く、効果半減。

 小染の「試し酒」は、悪くはなく、むしろ権助が徐々に酔っぱらってくる様はなかなかの見所なんですが、酒を飲むだけの噺なんで後半にダレが。酒を 5 升飲むところに無茶さがあるわけで、これを減らすわけにもいかんでしょうが、構成にひと工夫ほしいところ。

 中入りをはさんで染二は師匠の会の宣伝から、ネタ下ろしの「宗論」。前半の親旦那さんのやりとりは抑え気味で、後半のキリスト教徒の若旦那が出てくるあたりでテンション上昇。最後に番頭が隠れキリシタンだったことが判明します。
 ネタ下ろしってことで、まだまだ未整理の部分や、途中で次の句が出なくてヒヤヒヤさせられる場面もありましたが、まずまずの出来。これからが期待できるネタだと思います。(とくに番頭)

 つづいては、染丸曰く「究極の色物」の姉様キングス。この日は新調した桜柄の着物で華やかに。ネタは「都々逸」「猫じゃ猫じゃ」「阿呆陀羅経」で賑やかに。(このチョイス、軽めの A 面ネタだとか)
 とくに「♪おっちょこちょいのちょい~、おっちょこちょいのちょい~」が印象的な「猫じゃ猫じゃ」が楽しかったです。阿呆陀羅経は要稽古、かな?

 トリの染丸、マクラでうまぁく観客を転がして「宿屋仇」へ。ほんとにひさしぶりに聴く噺で、しかも聴きたかった噺なんで、存分に「いはぁ~ちぃ~」を堪能。兵庫の三人衆の賑やかさもさることながら、最後に柱にくくり付けられてるってのがツボでした。


 中入り前はやや弱かったんですが、中入り後が強烈。それもトリで染丸さんがきっちり締めてくれて、賑やかなだけでなく充実感も。
 5 月から始まる染丸さんの記念興行、もう発売中なんですが、迷ってます。迷う前に買え、か!?!?

 ちなみに、たまさんがお手伝いに来られてました。

染丸@WEB
 

|

« 旭堂南左衛門講談会 | トップページ | 三代目桂春團治極付十番落語会 (第四番) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TORII 寄席:

« 旭堂南左衛門講談会 | トップページ | 三代目桂春團治極付十番落語会 (第四番) »