« 完本・突飛な芸人伝 | トップページ | そごう寄席 »

福楽の底力

2006/5/27 @上方亭

  • 桂 二乗 「牛ほめ」
  • 桂 福楽 「田楽喰い」
  • 笑福亭 三喬 「借家怪談」
  • 桂 福楽 「野崎詣り」
※ Vol. 3


 天気予報に反して雨にならず、曇り空で涼しくしのぎやすし。出かけるのにちょうど良かったからか、50 人近くの入りで満員に。
 この福楽さんの会は今年から奇数月に開催してるそうで、今回が 3 回目。私は初めてですが。


 開口一番の二乗。米朝一門の若手が集まって広い米朝宅を大掃除したときの話をマクラに、広い屋敷の出てくる「牛ほめ」を。
 うまいうまいうまい。あいかわらずの安定感で、途中でちょっとトチっても、その後にくずれることがなかったのはあっぱれ。

 ゲストの三喬、幽霊と化け物の違いや、女性が幽霊になるための 5 つの条件(美人で、色白で、口数少なく、足が小さく、やせている)で、幽霊に関する予習をマクラに「借家怪談」を。
 このネタは初めて聴いたが、空き家を借りに来る人に怪談を聞かせてあきらめさせる噺。先に来た男はビビッて逃げていくが、次に来た男が「ワレ!」を連発するゴリゴリの河内のおっさん。これがまた強烈で最高。

 福楽の一席目、マクラで上方落語協会の機関誌『んなあほな』を執拗に宣伝し、最近の金にまつわるニュースから「1 兆円ってどれくらいのカサあるんでしょうねぇ」。いきなり福楽ワールドにいざなわれる。
 「田楽喰い」はこの前聴いたところですが、きょうは自身の会と云うことで、「野菜を云うたらええんか?」の喜六のボケ具合が前回比 120 % に。
 二席目の「野崎詣り」は、大師匠・春團治の型。きっちり丁寧に演られてるなぁと思ってたら、喧嘩の途中で清八に云い間違いを指摘された喜六が突然逆ギレ! こっから終盤は怒濤の大爆笑! お見事!


 この日は 4 席ともハズレなし。中入りなしで 1 時間半でしたが、中身は充実。大満足の会でした。福楽さんの独特の雰囲気がなんとも云えません。
 次回は 7 月 17 日(月・祝)の予定。

|

« 完本・突飛な芸人伝 | トップページ | そごう寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福楽の底力:

« 完本・突飛な芸人伝 | トップページ | そごう寄席 »