« GUNS N' ROSES 健在なり | トップページ | こごろうの会 桂こごろうの勉強会 »

お笑いまん我道場 大阪編

2006/6/5 @上方亭

  • 旭堂 南青 『寛政力士伝』より「雷電の初相撲」
  • 桂 まん我 「青菜」
  • 桂 団朝 「魚の狂句」
  • 桂 まん我 「佐々木裁き」
※ 第 5 回


 先日のツアーで K さんにつつかれたことが気になって、某落語会の通し券をチケットぴあで購入して会場へ。
 お客さんは 30 人くらいで、ちょうど床几が埋まるくらいの入り。観る側としては、これくらいがちょうど良いです。


 まず南青の講談。外国人力士隆盛の現在の角界の秘密がこの講談に秘められている、と始まった「雷電の初相撲」は、信州から出てきた男が関取となって活躍する話。
 要所々々に大きな所作をまじえたメリハリ利きまくりの高座。観客席から土俵上の雷電にかかる声、それに応える雷電の声、これを小さい声で演ることで、相撲場の風景をロング・ショットで捉えたような効果に。取り組みの場面も迫力満点で、聴き応えあり。

 つづいてまん我の一席目。マクラで居を構える福島区の暑さを切実に訴えて「青菜」へ。いつもながらのていねいな高座。自宅に帰り暑さに辟易する植木屋には実感がこもっててリアルに。

 ゲストはまん我と飲み友達の団朝。見台の使用料に始まって、なんじゃかんじゃのぶっちゃけ話。金の絡んだ話は良くウケる。
 まん我から「めずらしい噺を」とのリクエストに、師匠の米朝と、亡くなられた米紫くらいしか演り手のない「魚の狂句」を。新地や遊郭、果ては尼僧まで、それぞれの女性の特徴を狂句(川柳)で魚になぞらえる、って噺。現在ではそれぞれの新地の特徴もわかりにくいと云うことで、古典につづいて現代版を。飛田新地に始まって、ソープ、ヘルスと続き、宇多田ヒカルやモーニング娘。と云ったアイドルまで。どれもうまくできてるが、とくに松田聖子はバカウケ。
 伝わりにくい古典を新作(パロディ)との融合で残せるのは、数分の小品だからこその手法でしょう。

 まん我の二席目は、師匠・文我の娘にダメ出しされた話をマクラに、こまっしゃくれた子供が出てくる「佐々木裁き」。
 ネタ下ろしと云うことで言葉に詰まる場面が散見されるも、意識的に構成を調整したことがうかがえる。佐々木信濃守と四郎吉とのやり取りも間が良く、楽しい一席に。


 とにかく 4 席ともたっぷり笑いました。いずれも見どころがあり、なんとも満足度の高い会でした。団朝さん、南青さんへの反応も良く、ていねいでわかりやすいまん我さんの高座はあいかわらずのおもしろさ。ネタ下ろしだった分、まん我さんが割を食ったかも。
 南青さんはなかなかの男前ですし、切れのある語り口が気持ち良く、これから女性ファンが増えるでしょう。注目の好男子の講談師でしょう。
 そして、団朝さん。ぶっちゃけ具合がじつに気持ち良い。おもしろすぎます。要注目。

 次回は 8 月 21 日(月)の予定です。

桂まん我応援サイト

|

« GUNS N' ROSES 健在なり | トップページ | こごろうの会 桂こごろうの勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お笑いまん我道場 大阪編:

« GUNS N' ROSES 健在なり | トップページ | こごろうの会 桂こごろうの勉強会 »