« アクセルはご機嫌です! | トップページ | たまよね DX »

染二無問題落語武勇伝

2006/6/17 @ワッハ上方レッスンルーム

【浪花爆裂男伊達】

  • 林家 染二 「東の旅・発端」~「煮売屋」
  • 笑福亭 たま 「与太郎」 (作:たまよね)
  • 笑福亭 生喬 「応挙の幽霊」
    ―― 中入り ――
  • 林家 竹丸 「軒付け」
  • 林家 染二 「はてなの茶碗」


 えらい雨。梅雨らしいと云えばたしかにそうなんですが、出かけるとなるとやはり滅入る。が、今週は平日に落語会がなかったんで、気分的には期待感が高まってました。しかもテンション高そうな会です。
 さすがのこの天気だと出足が悪い。それでも始まる頃には 60 人くらいに。この前来たときは超満員だったんで、ゆったり座れる感じで助かりました。団体の若いお客さんも。


 まずは染二が番組紹介から、18 年ぶりと云う「東の旅・発端」から、「煮売屋」まで。「『発端』は、噛んではいけないところが私にはいちばん難しい」と、とにかく演り切りましたって感じでさらっと。「煮売屋」は、煮売屋の爺さん婆さんが染二ならではのエグエグいキャラで、これがまた秀逸。

 たまはマクラで たま日記 にもある上方落語協会の総会ネタを。さすがに書くのははばかられる、春團治の衝撃発言も。
 たまよね作の「与太郎」は、アホの与太郎がじつは‥‥って噺。サゲは二段。何度か聴いてますが、かなり安定してきた感じで、これでほぼ完成型なのかも。

 大阪芸術大学で油彩画を学んだ生喬、マクラで雪舟と応挙を詳しく紹介し、めずらしい「応挙の幽霊」を。応挙が描いた幽霊だとハッタリかまして売りつけた掛け軸が、じつは本当に応挙の作で、売れた祝いに一杯やってる道具屋の目の前にその幽霊が出てくる‥‥って噺。
 掛け軸から抜け出した幽霊の、ゆらゆらとした揺れ具合がお見事。最初はややあんこ形の生喬に幽霊はどうかと思ったが、巧みな所作と声色でそれらしく見えてくるから不思議。その後の酔っぱらう幽霊と困る道具屋の対比もおもしろい。

 中入りを挟んで、実際に浄瑠璃を習ったと云う竹丸の「軒付け」は、教科書どおりと云う感じ。さすがに浄瑠璃の語りには雰囲気が出ている。

 トリの染二、「はてなの茶碗」は初演。ところどころワヤクチャになる場面もあるが、そこは「米朝全集を見てもらえばわかります」と逃げる。油屋の無茶さ加減は染二のニンに合ってる感じ。ややクサ過ぎる場面もあったが、このあたりのバランスは整理されるだろうから、今後が楽しみ。


 ネタ的に爆裂男の本領発揮とはいきませんでしたが、バラエティに富んだ番組構成で、なかなか満足度の高い会でした。とくに生喬さんの「応挙の幽霊」は聴き物でした。
 次回が最終回、7 月 22 日(土)の予定です。

林家染二 オフィシャル・ホームページ

|

« アクセルはご機嫌です! | トップページ | たまよね DX »

コメント

雨の中、お疲れ様でした!
私は奈良町、カナカナでの落語会に行ってまいりました♪
奈良も土砂降りの雨で、身体はビショビショになっちゃいましたが・・・心もお腹も「ぬくい幸せ」で帰宅しましたよ(*^_^*)
梅雨で気分も滅入りがちな今日この頃・・・。
「せめて髪だけでもスッキリ!!と。」と思い、カットしてきました。気分は桐嶋かれん♪見た目は「マッチ棒」です・・・(^_^;)
『らくご道』でお目にかかれますかしら!?
新ネタひっさげて参ります・・・

投稿: koro | 2006.06.18 18:39

>> koro さん
好きずきもありますけど、おたがい、遠くの方の会に行ってますね。
『らくご道』は予定に入れてますよ。
新ネタに期待してます。:o)

投稿: わさび | 2006.06.18 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染二無問題落語武勇伝:

« アクセルはご機嫌です! | トップページ | たまよね DX »