« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »

こごろうの会 桂こごろうの勉強会

2006/6/8 @露天神社(お初天神)参集殿

  • 桂 ひろば 「兵庫船」
  • 林家 染左 「江戸荒物」
  • 桂 こごろう 「鴻池の犬」
  • 桂 都丸 「蛇含草」
  • 桂 こごろう 「くっしゃみ講釈」

※ その 8


 ものすごい湿度で雨もパラつくなか、開場前からかなり列ばれてました。ここの会場は初めてでしたが、わりと新しくてきれい。梅田にこんな雰囲気のある場所があるってのも不思議な感じです。
 この日の入りは公式発表で 77 人と新記録だったそう。雨の方が入るそうです、この会。


 開口一番のひろばは「兵庫船」を謎掛けの部分まで。安定しててメリハリもあって、全体的に以前聴いたときより良い印象。ただ、船頭が櫓を漕ぐ所作が不細工。もう少し櫓の動かし方を意識した身のこなしの研究が必要だろう。それまでの雰囲気がぶち壊しのようで、なんとももったいない。

 初めて観る染左の高座は、よどみない語り口。マクラで米朝事務所をうらやましがりまくる。「江戸荒物」は、変な江戸弁と元の大阪弁との切り返しが絶妙。やはり林家一門はあなどれない。

 先輩ゲストの都丸は、学生時代の大食いネタをマクラに、餅好きにはたまらない「蛇含草」を。いかにも美味そうに食べまくるさまに、こちらの空腹が刺激される。
 「淀の川瀬の水車」は失敗して餅が庭へ。(実際、この技ってどうやって成功させんの?)

 こごろうの一席目、まずは新作の噺家人形を観客に紹介し、自分の弟の思い出話から「鴻池の犬」へ。基本はこごろうの語り口ながら、ワンワン連合や骨吸いなどのクスグリをはじめ、千朝風味がそこかしこに。
 当日までのお楽しみだった二席目は「くっしゃみ講釈」。八百屋でコショウを思い出す場面では、覗きからくりの文句も思い出しながら。ゴボウを振り回すのは、たま演出? 後藤一山の講釈にはもう少し貫禄がほしいところなれど、くしゃみを連発しだすあたりからの盛り上がりはさすが。東京の講釈師が「ハックショーンあほんだらぼけぇ」はご愛敬。


噺家人形 終演後、受付で噺家人形をパチリ。近くで見るとトボケた表情まで良くできてました。
 事務所からの助言で、ひろばが追加で出演することになったそう。今後は 5 席で 1,500 円になるのか、それとも 4 席で 1,300 円を維持するのか、はたまた他の着地点を模索するのか?
 なんにしても、徐々に盛り上がる番組構成も良かったですし、やけにコスト・パフォーマンスの高い会でした。

|

« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »

コメント

わさびさん、初めまして!こんにちは。
トラックバックの所にわさびさんのブログを見つけました。
私、トラックバックってよくわからないのですが
こんな素敵なブログにたどり着けてとても嬉しく思います♪
こごろうさんの落語会、面白かったですね。
こちらの会場は初めてだったんですか?
こごろうさんもおっしゃっていましたが
この落語会はよく雨が降るんですよ。
お客さんもどんどん増え、次回は長靴が必要かも!(笑)

投稿: ゴマちゃん | 2006.06.10 21:47

>> ゴマちゃん
コメントにもったいないお褒めのお言葉、ありがとうございます。
お初天神って初めて足を踏み込んだんですが、梅田にあんな空間があるってのが不思議ですね。
参集殿もきれいな会場で、もっと落語会に使わせてやってほしいです。

投稿: わさび | 2006.06.10 21:59

わさびさん、はじめまして!?
先日の「こごろうの会」お疲れ様でした!!
前々から気になっていた「ドラえもん時計」をお披露目していただき、嬉しかったです(*^_^*)
しかし、母と私の会話について笑い過ぎです!!
又、お目にかかれる日を楽しみにしてまっさぁ~♪

投稿: koro | 2006.06.11 19:32

>> koro さん
書き込みありがとうございます。
来週はこごろうさんの会がつづきますから、またお会いすることでしょう。
そのときは新ネタをお願いします。:o)

投稿: わさび | 2006.06.11 22:33

わさびさん、はじめまして。
今年になって落語を好きになった初心者です。
まだまだ分からない事も多いのですが、面白ければ笑い、皆さんが笑っているのに分からない所があればチェックして、次では笑えるようになりたいなぁと思うこの頃です。
今のところ、こごろうさんメインで落語会へ行っています。と言っても、まだ数回しか行ってないのですが…(汗)
これから色々な噺家さんの落語を聞きたいなと思っています。
わさびさん、たくさん見に行かれてるんですね。
感想もとても綺麗に書かれていて、勉強になります。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: るみ | 2006.06.12 21:47

>> るみ さん
お目当ての噺家さんがいると落語はより楽しめると思います。
こごろうさんですと、『ラクゴリラ』は行かれました?
まだならぜひ『ラクゴリラ』に行って、花丸さんを観てください。(そっちかい!)

投稿: わさび | 2006.06.12 22:16

ラクゴリラはまだ行った事がないんです。
行ってみたいとは思っているのですが、なかなか行けなくて…
花丸さんは4月の落語会で見ました!!
ハンサムさんですね。
幸助餅だったのですが、泣けました。
落語で涙が出るなんて思いもしませんでした。
今月のラクゴリラも行けませんが、ぜひ行ってみたい落語会の一つです♪

投稿: るみ | 2006.06.13 21:00

>> るみ さん
とくにお目当てがいなくても『ラクゴリラ』は誰かがヒットする会だと思います。
ましてやこごろうさんのファンならそこは確実にヒットするわけですから、おいしい会だと思います。
来週はこごろうさんと生喬さんの『らくご道』もありますよ。

投稿: わさび | 2006.06.13 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こごろうの会 桂こごろうの勉強会:

» こごろうの会 その8 レポ [高岳堂Blog]
きのうの「こごろうの会 その8」のリポートを。 演者演目が、桂ひろば「兵庫舟(半ば)」、林家染左「江戸荒物」、桂こごろう「鴻池の犬」、桂都丸「蛇含草」、桂こごろう「くっしゃみ講釈」の五席。 まず開口一番のひろばは、マクラも振らずにいきなり噺へ突入。前座の心...... [続きを読む]

受信: 2006.06.10 22:05

« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »