« 大銀座落語祭 2006 (その 1) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 3) »

大銀座落語祭 2006 (その 2)

2006/7/16 @時事通信ホール

【人間国宝一龍斎貞水と立川流の切り札、立川談春の怪談噺の会】

  • 立川 談春 「妲妃だっきのお百」
    ―― 中入り ――
  • 一龍斎 貞水 「四谷怪談」


 もちろんここ会場も初めてだったんですが、キャパ 300 くらいで後方が雛壇になる多目的ホール。どの席からも観やすそうだが、足音が響きまくるという最悪の構造。
 この会も前売り完売だったようで、ほぼ満席。


 まずは初生(テレビでは 1 度だけ高座を観たことのあった)談春。今回「妲妃のお百」を演ることになった経緯を軽くマクラに、本編へ。
 《妲妃のお百》とあだ名された芸者の小三が、眼を患った母親とその娘をかどわかし、娘の方を女郎屋へ売ってしまうところから始まる。長講 1 時間、さすがに後半はやや乱れかけるような場面も見受けられたが、キレのある口跡で最後まで聴かせた。

 中入りのあいだに、高座に武家屋敷を思わせる舞台装置が次々と。これが愛山の云ってた《立体怪談》か、などと思う。
 さて、貞水の登場。人間国宝である。かくしゃくとした語り口。枯れた感じではなく、張りがあって通りの良い声。
ネタはおなじみの「四谷怪談」で、釈台に照明や音響の仕掛けがあり、それを操作しつつ雰囲気を盛り上げる。最後に幽霊も徘徊。こちらも 70 分を超える長講。


 おふたりとも熱演で、ええもん観させてもらいました。これで 1,000 円はお値打ち。
 ただ、とにかく寝不足で、しかも笑いのない怪談の会ですから、終盤は睡魔との闘いで細部の記憶はあやふや。雰囲気を楽しんだ、そんな感じです。

大銀座落語祭 2006

|

« 大銀座落語祭 2006 (その 1) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大銀座落語祭 2006 (その 2):

« 大銀座落語祭 2006 (その 1) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 3) »