« 講談文月毎日亭 (十四日目) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 1) »

たまよね RX

2006/7/15 @上方亭

  • 笑福亭 たま 《ごあいさつ》
  • おしどり 《音曲漫才》
  • たま、おしどり、南青 《大喜利》
  • 笑福亭 たま 「代書屋」
  • 旭堂 南青 『難波戦記』より「後藤又兵衛」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 たま 「Birth」 (作:たまよね)
  • たま、米井 《雑談:今日のたまよね RX》

※ 其の弐


 梅雨明けはまだ少し先とのことですが、なんとも夏な感じの日に。午前中から用事をバタバタッとこなして、上方亭へ。
 受付にたまさんそっくりの方がおられると思ったら、弟さんだとか。お客さんがどんどん詰めかけ、40 人近くに。


肖像針金 たまの番組案内につづいて、おしどりのふたりがいつものようにアコーディオンで賑やかにワイヤー・アート。この日のネタは客いじりが多く、なんと私も横顔を作ってもらい、その流れで昨年末の TORII HALL につづいて上方亭の舞台へあがる。私自身も緊張でアガる。

 たま、おしどり、南青での大喜利。客のお題でおしどり♂がワイヤー・アートを作り、あとの 3 人がそれを使ってなにかする、と云う趣向。「動物園」でゾウ、私の出題した「ドラえもん」、と演り、最後の「芸者」は 4 人でワイヤー・アート。

 たまの古典は「代書屋」。マクラで代書屋の商売や雰囲気を詳細に解説。
 本編は春團治流がベースのよう。とにかく陽気で大声の客、ぼそぼそと陰気にしゃべる代書屋の対比がたま流のアレンジで強烈。客の「へへへへへ減りぃい止めぇ」や、代書屋のぼそぼそツッコミなど、独自のクスグリもなかなかツボ。ただ、気が入らないのを大声でカバーした感も。

 南青は講談『難波戦記』より、後藤又兵衛の資金繰りの話。心地良い口跡とともに、落語「崇徳院」のようなエピソードがあったり、南青独自のクスグリが入っていたり、楽しませてくれる。

 中入りを挟んで、たまの新作「Birth」。もうすぐ生まれてくる胎児たちが産婦人科でごしゃごしゃ‥‥ってな噺。「逆子ではいかん」とひっくり返ったり、袴の紐をヘソの緒に見立てたり、所作のおもしろさ。胎児同士の会話はナンセンスの極致。
 アイディアは独特なだけに、整理されてくればもっとおもしろくなりそう。

 さいごに米井氏を呼び込んで雑談コーナー。今回の新作はギリギリの 5 時に完成したとのことで、おそらく午後 5 時のことであろう。たま宅に米井氏も詰めて執筆するも、米井氏はすぐに寝てしまったとか。


 盛りだくさんの 2 時間強。たまさんの落語は古典に新作、おしどりの漫才、南青さんの講談と、バラエティー・ショウの趣でした。おみやげももらえましたし、ホクホクと帰宅。

 次回は TORII HALL にて 8 月 20 日(日)の『たまよね祭り』です。

らくごの玉手箱

|

« 講談文月毎日亭 (十四日目) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまよね RX:

« 講談文月毎日亭 (十四日目) | トップページ | 大銀座落語祭 2006 (その 1) »