« できちゃった二人会 あやめ&三金 | トップページ | 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 »

できちゃった二人会 遊方&南湖

2006/7/21 @茶臼山舞台

【オススメナイト】

  • 笑福亭 たま 《ごあんない》
  • 月亭 遊方 「さやま遊園」 (作:旭堂南湖)
  • 遊方、たま 《オススメトーク》
  • 旭堂 南湖 「飯店エキサイティング」 (作:月亭遊方)
  • 遊方、南湖、たま 《オススメトーク》


 午前中で雨も上がったんで結構入るかと思いきや、つ離れしない 7 人。そんなに魅力のない企画なんでしょうか?


 まずはたまが番組案内。南湖が『講談文月毎日亭』との掛け持ちで、たまもこのあとに予定が入っているようで、スケジューリングが難しそう。開演前から遊方と打ち合わせを重ねていた模様。《オススメトーク》の説明を重点的に。

 遊方は、まず《オススメトーク》の補足。とにかく、なぜ南湖は結婚できたのか、どうやって口説いたのか、を訊きたい様子。
 南湖作の「さやま遊園」は、遊方の噺家人生初の講談。地の文の多さ、語り口の違いに悪戦苦闘しつつ、張り扇をバシバシ打ち付けつつ「湯飲みって!」「家畜って!」とツッコみまくり。なかばやけくそだが、それがまたおもしろい。

 南湖が未到着のため、遊方とたまでトーク。観客からお題をもらって、それに関するオススメを紹介する、と云う趣向。ここまで説明して南湖が到着し、先にネタを演ることに。

 南湖は遊方作の「飯店エキサイティング」。中華とイタリアンの折衷店で、店の主人と女将さんが喧嘩しまくりでドンブリ割りまくり。出てくる料理も注文と違う物ばかり。上下がバラバラで混乱気味だったが、講釈師独特の語り口がおもしろい。

 最後に遊方、南湖、たまの 3 人で、メイン(?)のオススメトーク。かわいい店員のいる店や、オススメのドライヴ・スポットを、扇子でバシバシ叩きながら熱く語る遊方に対し、南湖とたまはほぼ無関心。それに遊方が煽られて‥‥って感じで、かなりおもしろい。たまが途中退席しても遊方が熱弁をふるい、1 時間以上のコーナーに。


 終演は 21 時半前。やけくそ気味の遊方さんがかなりおもしろかったです。落語は新作中心の遊方さんですが、落語に対する考え方や礼儀などは昔気質なポリシーを持っているようで、わからないもんだなぁと思いました。
 遊方さんが出世したあかつきには、《昔、遊方を世話した七人》として公言しても良いとのこと。そのことを遊方さん自身が証明してくれるそうなんですが、どうやって遊方さんを呼び出すんでしょう?

|

« できちゃった二人会 あやめ&三金 | トップページ | 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できちゃった二人会 遊方&南湖:

« できちゃった二人会 あやめ&三金 | トップページ | 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 »