« そごう寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

朝日東西名人会

2006/7/10 @梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

  • 桂 つく枝 「延陽伯」
  • 立川 志らく 「愛宕山」
  • 笑福亭 福笑 「憧れの甲子園」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 三喬 「ちりとてちん」
  • 立川 談志 「やかん」

※ 第二回


 温度よりも湿度がきびしい今日この頃、買い物であちこち寄り道しつつ、シアター・ドラマシティ改め梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(長っ!)へ。
 ドラマシティはひさびさでしたが、やっぱり広い。1,000 人規模の会場ですが、ほぼ埋まった感じです。


 ニコニコと登場した開口一番のつく枝は、年上の女房にはかないませんと、マクラで実生活を赤裸々に語ってから「延陽伯」を。嫁を世話してもらう男がハイ・テンションで浮かれ、こっちまでうれしくなってくるよう。

 つづいて東京から志らく。師匠・談志ネタから国歌ネタとマクラをつないで「愛宕山」を。基本プロットは上方落語と同じだが、江戸落語では季節感が皆無で、ただの山登り。世界観と云うか、情景や人物の描写に厚みが感じられない。それでも幇間の一八のキャラクターはおもしろく、とくにラストの谷底からの帰還シーンは秀逸。
 口跡が良く、言葉の違いはそれほど気にはならなかったが、ネタ選びが悪かった。江戸落語ならではのネタで観てみたい。

 中トリは福笑。いつもの激動の世界情勢ネタで軽くつかみ、初めて観る「憧れの甲子園」。高校野球の甲子園大会に出場するも 1 回戦敗退し、その日の慰労会での監督のボヤキ。
 まわりに高校球児がいる設定ながら、出てくるのは監督ひとりで、酔っぱらって 20 分以上くだ巻く様子は圧巻。酒好きの福笑ならではの説得力。

 中入りを挟んで、三喬はマクラ代わりにいつもの小咄。「因幡ウアーの白ウサギ」は「賞味期限ギリギリですねん。きょうで止めますわ」。
 しっかり客席をほぐしてから季節ネタ(?)の「ちりとてちん」へ。いつもながら安定感抜群。知ったかぶりの竹が白菊を飲みながら「ねちゃねちゃや。もなか食てるみたいや」とは極端な。出てくる人がみなちょっと抜けたような感じなのは三喬のうま味。

 トリの談志。この日の主役の登場に「待ってました!」の声があちこちから掛かる。超ショート・ヴァージョンの「まんじゅうこわい」を演ってみたり、どギツい北朝鮮ネタでまわしたり、ジョークを披露したり。なにを演るか逡巡してる様子。
 いつの間にか「やかん」に。いろいろな物の名前の由来を訊く噺。詰まり詰まりで、忘れたこともギャグに転換しつつ、訊いてる方が客で答えてる方が談志本人のような雰囲気。ところが終盤、「あとはご存じでしょ?」とダイジェストに。
 すると時間が余ったようで、最後にお気に入りのジョーク「アフリカン・ルーレット」を披露してお開きに。


 期待感が大きすぎたか、東軍の感触はいまひとつ。談志師匠は以前、HEP HALL で観たときはもうちょっとフレンドリーなオーラが出てたんですが、やっぱりキャパで演りようが変わるのかもしれません。志らくさんは完全にネタ選びで失敗してたと思います。もったいなかった。
 対する西軍はいずれも好演。三人ともたっぷり笑わせてもらいました。

 次回は 10 月 23 日(月)、東京からのゲストは志の輔さんと、なんと小三治師匠! 万難排してチケット確保から挑みたいと思います。

|

« そごう寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

コメント

‘らくご道’を読みに来てこちらの日記を見つけました。
わさびさんも行ってらしたんですね。
江戸落語と上方落語って違いますよね。
江戸落語ってあっさりしているのでしょうか?
でも志らくさんの‘柳田格之進’を昨年聴いた時は感動しました。
確かに‘江戸でしか聴けない落語’をやって欲しかったかも。
もったいないって言うの、わかります・・・。

投稿: ゴマちゃん | 2006.07.15 23:35

>> ゴマちゃん
たしかに江戸落語は笑いよりも粋を志向する傾向があるかもしれません。
と云うより、上方落語が笑いを志向しすぎなんかも。
どっちもまぁ噺家さん次第かもしれませんが。

投稿: わさび | 2006.07.16 01:01

たま師HP経由でこちらにおじゃましました。
私もこの興行行ってましたので思わず書き込み。
確かに私も江戸落語聴きたかったなぁと思いましたです。

初めてこちらにお邪魔して、プロレス格闘技カテゴリもお持ちで
しかもDDTを観ていらっしゃるのは、私的には
なかなか魅力的なお方でいらっしゃいますね^^
え?私?一昨年まで埼玉プロレス観に行ってましたw

投稿: お手伝い | 2006.07.28 02:36

>> お手伝い さん
書き込みありがとうございます。
やはり東西交流の会だと《江戸の粋》みたいなもんを期待してしまいますよね。
東京の寄席だとのほほんと観てるんですけど。
いまは私のなかで落語が来てるんで、プロレスを含めて他の娯楽は最近ご無沙汰です。
埼玉プロレス、‥‥かなりコアですね。:o)

投稿: わさび | 2006.07.28 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日東西名人会:

« そごう寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »