« 片塩寄席 | トップページ | 朝日東西名人会 »

そごう寄席

2006/7/9 @そごう劇場

【桂吉朝追善落語会】

《昼の部》

  • 桂 よね吉 「時うどん」
  • 桂 あさ吉 「崇徳院」
  • 桂 雀松 「替わり目」
    ―― 中入り ――
  • 吉朝一門 《座談会:師匠 桂吉朝を語る》
  • 桂 吉朝 「宿屋仇」

《夜の部》

  • 桂 しん吉 「鷺とり」
  • 桂 吉弥 「皿屋敷」
  • 桂 千朝 「はてなの茶碗」
    ―― 中入り ――
  • 千朝、雀松、米左、南左衛門、吉坊 《座談会:噺家 桂吉朝を語る》
  • 桂 吉朝 「七段目」


 本人が出ない会の前売り券が即日完売と云うことから、ファンの《桂吉朝》と云う噺家に対する想いが感じ取れると思います。実際、どんな感じの入りになるか不安もあったんですが、昼夜ともほぼ満席。当日券も若干出てたようです。


 まずは昼の部、よね吉の「時うどん」(ひとりバージョン)から。ちょっとカタめながら、なかなか。季節外れの噺のチョイスは、本人の思い入れか?

 つづくあさ吉は微妙な間からスタート。「崇徳院」は前半メロメロ、後半なかなか。落語としての出来だけ考えると悪かった方だが、あさ吉ワールドを満喫。

 雀松は十八番の「替わり目」。酔っぱらいの大将もさることながら、くるくる変わる女将さんの表情はいつ観てもおもしろい。

 中入りを挟んで、吉朝一門の座談会。観客からの質問状をもとにグダグダと、吉弥主導ながらあさ吉に引っ張られる感じ。吉の丞の自由奔放ぶりがええ味に。
 質問は、師匠と出掛けた思い出、誰が吉朝を継ぐのか?、一門の命名について、等々。そのほか、師匠のひとことや、稽古でのエピソードなんかも。金比羅の会のあとの、米朝・吉朝・あさ吉での三者会談のエピソードが秀逸。

 トリは吉朝「宿屋仇」のビデオ上映。個人的にいちばん観たかった噺。兵庫の三人連れの大騒ぎからの、侍の「伊八ぃ」の呼び声の、ジャストの感覚。計算し尽くされた場面転換の妙を堪能。


 夜の部はしん吉の「鷺とり」から。スズメ捕りと玉江橋の不思議をカットしたショート・バージョンで。こちらは思い出のネタとか。なかなかええ感じ。

 吉弥はマクラから安定した運びで「皿屋敷」へ。あの体型でお菊はどうかと思ったが、吉弥なりのアレンジもあって、これがなかなか。

 千朝は「はてなの茶碗」をじっくりと。いつもながらの独特のテンポでええ感じ。ただ、心地良すぎてちょっとウトウト‥‥。申し訳ない。

 中入りを挟んで、千朝、雀松、米左に、講談の南左衛門を交えての座談会。司会は吉坊。最初はややカタかったが、徐々にほどけて話題が次々と。
 吉朝の芸名の由来、吉朝との勉強会、器用なところ、古い歌好き、芝居でのエピソード、会のプロデューサーとしての顔、いたずら、等々。この手の話は一杯やってからの方がおもしろエピソードを引き出せそう。

 トリは吉朝「七段目」のビデオ上映。十八番の芝居噺で、何度観てもおもしろい。この噺も屋敷の上と下との場面転換での間合いが絶妙。
 いつも思うが、芝居のまねごとでかなり派手に見得を切ったりするも、着物の裾の乱れがいつの間にやら整えられてる。ここらは稽古量がものを云うのでは?と思わされる。


 昼夜通してまる 1 日、吉朝さんに思いをはせる会となりました。ビデオ上映は 2 席とも『平成紅梅亭』からの映像でしたが、なんとかこれをソフト化していただきたい、その気持ちがまた強まりました。

 終演後、この日も含めていつもお世話になっております吉朝ファンの面々と飲み会へ。ええ感じで酔っぱらっての帰宅となりました。

|

« 片塩寄席 | トップページ | 朝日東西名人会 »

コメント

さすが、いつもながらウン!ウン!と納得のいくレポですね。私も実際に観た会だから、その的確さに感服です。実は私も、ついに「あさ吉」ワールドにハマりそうです。なんか、少女マンガのラブコメ(というかゆるいギャグ漫画?)っぽいというか、バックにお花を散らしてゆるい描線が似合う、というか。もういっそ、この路線で人物造型を立て直したら良いんじゃないかと思いました(そうなると新作みたいになるかな.)。  先日、やっと「たのみこみ」ました。御礼が遅くなりました。すみません。そして、有難う御座いました!もっともっと呼び掛けしていかないと、実現は難しいですかね。せめて、CSで再放送して欲しいんですがねぇ。

投稿: たけ | 2006.07.11 00:17

>> たけ さん
そこまでほめられると照れくさいです。
なんもないけど天ぷらで一杯‥‥と云いそうになりました。
吉朝さんの DVD、なんとか実現してほしいですね。

投稿: わさび | 2006.07.11 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そごう寄席:

« 片塩寄席 | トップページ | 朝日東西名人会 »