« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | さやかミニ落語会 »

べにこご しゃべる紅雀×しゃべるこごろう

2006/8/22 @Salon de AManTo (天人)

  • 桂 紅雀 「阿弥陀池」
  • 桂 こごろう 「くやみ」
    ―― 中入り ――
  • こごろう、紅雀 《トーク》

※ Vol. 27


 先月は諸般の事情で遅刻したんで、今月は万難排して早めに出発。マクドで腹ごしらえしてから 19 時過ぎぐらいに会場入りすると、すでに 20 人くらいが入場済み。最終的には 30 人近くに。もちろん満員。


 まずは紅雀が長めのマクラ。入門時のエピソードを絡めつつ「阿弥陀池」へ。「数日前に大ウケしていたこごろうのを観てるんで演りにくい」と云っていたが、なかなか。新聞を読まん男の理解力が極端に低いのは紅雀流か。サゲ付近をもう少し整理すれば後味がスッキリしそう。

 つづくこごろうも長めのマクラ。高校野球の話題から落語界の現状をボヤきつつ、結婚披露宴の司会の失敗談からお悔やみテクニックへと話題をつなぎ、いつのまにか「くやみ」へ。炭屋が宣伝せんと顔を真っ黒にして帰るのはこごろう流か。後半のノロケ男が強烈。

 中入り後のトーク・コーナーはラジオ大阪『まもなく夜明け米朝事務所です』の公開録音に。前半はフリー・トーク、後半はアンケート・トーク。この日のアンケートは、(1)コレとコレが一緒になるとこないなりました、(2)あなたがラジオで叫びたいこと、(3)ラクゴの大好きなワンシーン、の 3 題。録音ってこともあってか、1 時間半以上にわたってたっぷりと。
 トークの内容は 8/27 早朝 4:00 からの放送をお楽しみに。


 落語もたっぷり、トークもたっぷりで、終演は 22 時半。あわてて帰宅しました。
 今回のアンケート、(3)ラクゴの大好きなワンシーン、が入ってて良かったと思います。やっぱり落語会ですから、トークで落語の話題が出てくるのは自然でしょうし、お二方の落語観みたいなものも見えてくるでしょうし。毎回 1 つは落語に関するアンケート項目があるとトーク・コーナーもちょっと締まってくるんではないかと思います。

 中入りの間に、某こごろうファンの方からの差し入れで、「青菜」でおなじみの「柳蔭」をロックでいただきました。甘みとスッキリしたのど越しが不思議に共存。初物をいただいて、寿命が 75 日伸びました。

 次回は 9 月 26 日(火)の予定です。

べにこご WEB
Salon de AManTo (天人)

|

« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | さやかミニ落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: べにこご しゃべる紅雀×しゃべるこごろう:

« お笑いまん我道場 大阪編 | トップページ | さやかミニ落語会 »