« ミナミ落語サミット 雀さんフェスタ in 精華 (初日) | トップページ | 上方亭ライブ »

ミナミ落語サミット 雀さんフェスタ in 精華 (千秋楽)

2006/8/11 @精華小劇場

  • 桂 雀太 「道具屋」
  • 桂 雀三郎 「遊山船」
  • 林家 染二 「宗論」
  • 桂 雀三郎 「らくだ」
    ―― 中入り ――
  • 桂 雀三郎 「わいの悲劇」 (作:小佐田定雄)

※ 第 1 回


 とうとう千秋楽。この日もちょっと寄り道して開場時刻を回った頃に入場しましたが、初日に比べて入りはそれほど変わらないが、やや落ち着いた雰囲気。


 開口一番の雀太は(おそらく)初めて観るが、手がデカい! 私の席は高座からちょっと遠かったため、実際は背も高いんだろうが、手の大きさが際立つ。マクラで携帯電話と口演中のおしゃべり禁止を通達し、「道具屋」を。
 ややもっちゃりした感もあったが、基本に忠実にきっちりと。道具屋をしに出掛けた男が露店をのぞきつつ、金魚すくいで野次馬になり、ついでにそこの店主に本屋の善さんを訪ねる。この流れは自然で、かつおもしろくてグッド。(枝雀流?)

 ゲストの染二の「宗論」を観るのは 2 度目だが、かなり整理された感じ。前半の旦那と番頭とのやり取りでは、旦那がノリツッコミしまくり。若旦那が出てきてからはハチャメチャに。自身の滑舌の悪さにアドリブで自虐的ギャグを盛り込むも、それがウケすぎて演りにくそう。それでもなんとか最後の「天草四郎でーす!」までたどり着く。

 この日の雀三郎は 3 席と、独演会仕様。まずは季節ネタの「遊山船」。夏の川辺の風情が鮮やか。橋の上で夕涼みする喜六と清八の掛け合いが小気味良く、「舞妓の振り袖に南京豆入れたら‥‥」に執拗にこだわる喜六が秀逸。
 中入り前の「らくだ」は、らくだを漬け物の桶に押し込んで焼き場へ担いで行くところまで。こちらもテンポ良く、コンパクトにまとまった印象。紙屑屋に当てたスポットがぶれず、「紙屑屋の受難」と題しても違和感ない出来。
 中入りを挟んで、「わいの悲劇」は、父は能楽、母は歌舞伎、姉は浪曲、本人は新喜劇、妹は宝塚歌劇にそれぞれ思い入れの強すぎる家族のもとに、アメリカからのお客さんが訪ねてくる‥‥って噺。強烈なキャラクターを見事に色分ける雀三郎の技量が光る一席に。


 非常に満足度の高い会でした。お客さんも、ウケるべきところでドカンとくる、前日とは比べものにならないくらいええ感じ。
 始まるまでは雀三郎さん 3 席に染二さんだと濃すぎるかなぁと思ってましたが、雀三郎さんのいろんな面を観られてかなり楽しめましたし、染二さんはあいかわらずの大爆笑でした。

歌う落語家・桂雀三郎 (ファン・サイト)

|

« ミナミ落語サミット 雀さんフェスタ in 精華 (初日) | トップページ | 上方亭ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミナミ落語サミット 雀さんフェスタ in 精華 (千秋楽):

« ミナミ落語サミット 雀さんフェスタ in 精華 (初日) | トップページ | 上方亭ライブ »