« 天満天神繁昌亭 | トップページ | エレベーター企画 『K-PAX 光の旅人』 »

天満天神繁昌亭 こけらおとし公演 (初日 第一回)

2006/9/15 @天満天神繁昌亭

  • 桂 吉弥 「時うどん」
  • 笑福亭 岐代松 「十三のわたし」
  • 桂 福楽 「田楽喰い」
  • 桂 小米朝 「米朝反省記」
  • 桂 三枝 「真心サービスおじんタクシー」
    ―― 中入り ――
  • 《口上》
  • 西川梅十三と北新地一同 《万歳》
  • 笑福亭 鶴瓶 「青木先生」
  • 桂 文珍 「点と線」
  • 桂 春團治 「高尾」


 とうとう天満天神繁昌亭のオープンです!
 正直、上方落語定席の企画が報道されだした頃は「まぁあったらええやろけど、運営とかどうやろ?」と懐疑的にしか思ってなかったんですが、徐々に形ができてくるとやっぱりワクワクするもんです。実際、落語へののめり込み度が高まるにつれ、「これから繁昌亭でこんなことしてほしい、あんなことしてほしい」ってな勝手な妄想もしてましたし、それがまた期待感となってたのしいんです。
 で、こけらおとし公演の初日初回のチケットを確保。初日の会は早々に完売だったようで、ラッキーでした。

 オープニング企画として「春團治師匠の乗った赤い人力俥を三枝会長が引く」と云う御練もあったんですが、睡眠不足で起きられず。
 11 時半頃に繁昌亭へ行くと、えらい人だかり。マスメディアの機材車もえらい数です。会場のまわりで交通整理をされていた(?)たまさんや三金さん、○喬さんの奥さんにごあいさつ。会場入りして、三風さんややまだりよこさんにも。
 客席を見渡して最初に感じたのは「狭い」ってこと。これは良い意味で。どっからでも観やすい小屋だと思います。2 階席ものぞいてみましたが、いちばん後ろの席でも高座が見えるように設計されてるようです。おすすめは 1 階の 5~7 列目でしょう。
 この日は客席後方にズラッと報道陣が。私の席は前の方の端っこ。某吉朝ファンの二人連れは気合いの最前列ど真ん中。やっぱりご祝儀の会ってことと、平日の昼ってこともあってか、普段よく見かける人はそれほど多くいませんでした。


 開口一番の吉弥は「時うどん」(ひとりヴァージョン)をきっちりと、ちょいオーバー・アクションでわかりやすく。

 岐代松はちょっと気になる噺家のひとり。以前にもマクラで聴いた、十三の 2 千円ポッキリの店の話。

 福楽の「田楽喰い」は 3 度目だが、喜六のアホ具合が江戸の与太郎を凌駕しててたのしい。「かぼちゃん」。

 小米朝は米朝の骨折の顛末や失敗談など。米朝のそそっかしさを聴いてると、その息子なら推して知るべしか‥‥と思ったり。

 三枝は高座の後ろに掲げられた「楽」の文字について、米朝に書いてもらったときのエピソードから年寄りの話題へとマクラをつないで「真心サービスおじんタクシー」へ。わかりやすく笑いやすい噺で盛り上げる。

 中入りを挟んで、記念口上。舞台下手側より、進行役の文珍、小米朝、春團治、三枝、鶴瓶、の 5 人。感極まった三枝に文珍が青いハンドタオルを手渡す場面も。笑いもまじえた口上も春團治がまとめ、最後に大阪締め。

 北新地の方々による万歳を挟み、急遽出演が決まった鶴瓶が「青木先生」を。何度聴いても青木先生のキャラクターは愛らしい。

 文珍は以前にマクラで聴いたシシババの話。なんでこの日にこんな話を‥‥とも思ったが、客はがっちりウケていた。トリの春團治の粋な芸を引き立てるためにあえてチョイスしたのかも。マクラ噺ながら、オチも用意しているあたりはさすが。

 トリの春團治。おそらく「祝いのし」だろうと思っていたが、予想外の「高尾」に感激。序盤に若干のもたつきが感じられるも、高尾のビラビラのかんざしが出たあたりから上り調子に。粋な高座で締めくくり。


 盛りだくさんの内容で 2 時間半、たっぷり楽しませていただきました。繁昌亭をきっかけに、これから上方落語界がますますおもしろくなってくるのかと思うと、なんともウキウキした心持ちになってきます。
 それにしても、報道陣の無粋ぶりには閉口しました。こっちは金払って観に来てるのに、前に立つな!と云いたかったです。まぁこんなんも初日だけでしょうけど。

天満天神繁昌亭

|

« 天満天神繁昌亭 | トップページ | エレベーター企画 『K-PAX 光の旅人』 »

コメント

さすがはwasabiさん!行っちゃいましたか!羨ましい!
鶴瓶師のサプライズは当初から目論んでいたのか、米朝師のお休みに広報委員長として盛り上げようとしたのか、いずれにしても大した方ですね。
小屋の雰囲気がよくわかり、席取りなんかも参考にさせていただきます。

投稿: 高岳堂 | 2006.09.16 21:15

>> 高岳堂 さん
鶴瓶さんの出演は、米朝師匠が抜けたインパクトを補うために急遽決まったんじゃないでしょうか。
やっぱり全国レベルのテレビの人気者が高座にいると、華やかですからね。

投稿: わさび | 2006.09.16 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天満天神繁昌亭 こけらおとし公演 (初日 第一回):

« 天満天神繁昌亭 | トップページ | エレベーター企画 『K-PAX 光の旅人』 »