« 戦利品 | トップページ | たま・南湖 二人会 (二日目) »

たま・南湖 二人会 (一日目)

2006/9/5 @茶臼山舞台

【真景累ヶ淵 VS 寛政力士伝】

  • 笑福亭 たま 「シンケイ累ヶ淵 Episode 1」
  • 笑福亭 たま 「くっしゃみ講釈」
  • 桂 三金 「ちしゃ医者」
  • 旭堂 南湖 「寛政力士伝 雷電、小野川と初対面」

※ 第 5 回


 とうとう始まりました、たまさんと南湖さんの連続興行。たまさんが「真景累ヶ淵」を紙芝居風に紹介する「シンケイ累ヶ淵」を、南湖さんが「寛政力士伝」を続き読みすると云う企画。チラシのタタキはこんなん↓です。

8 日間連作短編続き読み!
一日でも面白い!
続けて聞けばもっと面白い!

 天気が心配でしたが、午前中にパラッと降った程度で耐えてくれました。観客は約 20 人。通し券の方が多数で、私も通し券で入場。


 まずはたまが登場。『彦八まつり』でのビール売りでややハスキーな声に。マクラ代わりに、『彦八まつり』であやめの店の手伝いに来ていた瀧川鯉朝の受難を。9/4 に茶臼山舞台で会を開く予定だったとか。
 「シンケイ累ヶ淵」は、三遊亭圓朝の「真景累ヶ淵」のストーリーを忠実に、再現フィルム風に紙芝居化。皆川宗悦に金を借りていた深見新左衞門が勢い余って宗悦を殺してしまい、それを知った新左衛門の奥方が床に伏してしまう。気のふれた新左衛門は誤って奥方をも殺してしまう。‥‥
 これだけだと殺伐としたストーリーだが、これをおもしろおかしく語る。どうやったらおもしろくなるのか‥‥それはご自身の目で確認されたい。

 引き続きたまが「くっしゃみ講釈」を。後半の講釈場では所作と表情だけで演じるなど、マニア向けな演出。安定感もあって出来自体は良かったが、やや疲れが見られる。

 ここでゲストの三金。デブネタや鹿児島での営業のエピソードなどをマクラに、医者小咄から「ちしゃ医者」を。駕籠をかく場面はホントにしんどそう。後半のエグい場面は三金の体型も手伝って、臭さ&汚さにプラスして暑苦しさも。

 南湖は、たっぷりのマクラで空気を作ってから「寛政力士伝」へ。田舎から江戸へ出てきた為造(後の雷電)が小野川の部屋への入門を断り、谷風の部屋へ入門志願しに行くところまで。相撲の発祥から本編に入ってもあちこち脱線し、のんびりとした語り。


 たっぷり 4 席で 2 時間。ゲストがないときは 1 時間半の予定だそうです。
 たまさんは声の調子が気になりますが、「シンケイ累ヶ淵」はわかりやすい演出で今後も楽しみ。南湖さんの方はこの日のペースでも楽しめましたが、徐々にペースが上がってくるでしょう。

らくごの玉手箱
正直南湖

|

« 戦利品 | トップページ | たま・南湖 二人会 (二日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たま・南湖 二人会 (一日目):

« 戦利品 | トップページ | たま・南湖 二人会 (二日目) »