« 上方亭ライブ | トップページ | 繁昌亭夜席 ひとり弟子の会 »

花ちゃんの会

2006/9/30 @ワッハ上方レッスンルーム

  • 林家 卯三郎 「阿弥陀池」
  • 林家 花丸 「無いもん買い」
  • 桂 阿か枝 「蛇含草」
  • 林家 花丸 「三十石」


 遅めの昼食をとり、この日のメイン・イヴェント、花丸さんの勉強会へ。
 ちゃんとチェックするの忘れてましたが、入りは 50 人くらいだったでしょうか。この日はあちこちで落語会があって、お客さんも分散したようで。おかげでゆったり座れました。


 開口一番の卯三郎は初めて。以前から気になってたが、想像どおり素朴な味わいの語り口で好感触。軽いマクラから入った「阿弥陀池」は基本どおりきっちりと。アホが 2 度目に入った家で「盗人も、ぬ・か・り・が・な・い。あぁ~、云えた云えた!」ってのがツボに。

 阿か枝は花丸に挟まれての出番。花丸をネタに笑いを誘いつつ、学校寄席でのマクラから「蛇含草」と、笑福亭生喬の会で観たのと同じ構成。やっぱり餅の食い方が独特で、なんとも美味そう。口跡も良く、他の噺も聴いてみたい。

 花丸の 1 席目は、田原本町での交通安キャンペーンでがっくりさせられた話から、学校寄席、阪神タイガースとマクラをつなぐも、うまく買い物の話題にならず、ムリヤリ「無いもん買い」へ。ネタ下ろしと云うことできっちり演った印象ながら、古手屋で「三角の座布団があったらええなぁと思て、いま日本全国探しているのさ」と、いきなり東京弁になったり、言葉の端々に花丸風味が随所に。魚屋で鯛を買うの買わんのやり取りするくだりから、魚屋を出て駄洒落でサゲ。
 2 席目のマクラで「無いもん買い」の《二度と演りま宣言》。「方々に出掛ける噺は向いてない」と云うのを楽屋で聞いた桂こごろうが「落語てたいてい、どっかへ出掛けるで」と云うたとか。
 2 席目の演し物は「三十石」をたっぷりと。船旅ののんびりした風情と、乗り合いの衆のにぎやかな雰囲気がなかなか。下座からの舟唄に「いんま唄いよったのは誰じゃい? 二人目の子供が生まれよった卯三郎か」と、下座のイジリに大爆笑。やや貫禄・迫力に欠ける船頭ながら、サゲの柔らかさに花丸らしさがにじみ出る。


 2 時間弱でしたが、満足度の高い 4 席でした。花丸さんはもちろん、阿か枝さん、卯三郎さんも要チェックです。
 花丸さん自身は「無いもん買い」を封印するてなことを云うてましたが、新しい店やクスグリを入れて花丸流に料理してもらいたいと思いました。

|

« 上方亭ライブ | トップページ | 繁昌亭夜席 ひとり弟子の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花ちゃんの会:

« 上方亭ライブ | トップページ | 繁昌亭夜席 ひとり弟子の会 »