« たまよね FINAL | トップページ | LOUD PARK 06 in Osaka (1st day) »

元祖大阪名物 あほの会

2006/10/15 @天満天神繁昌亭

  • 林家 染太 「動物園」
  • 笑福亭 右喬 「平の陰」
  • 南原 清隆 「仔猫」
  • 笑福亭 仁福 「堀川」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 鶴瓶 「青春グラフィティ 松岡」
  • 露の 都 《都噺》
  • 《大喜利》

※ 第 2 回


 ちりとてちんの香りを堪能しつつ繁昌亭へ。前回の公約?どおり整理券が配られてましたんで、確保してから腹ごなし。ふたたび開場前へ集合し、整列の手際の悪さにやきもきしつつ入場。
 この日は《特別あほ乱入》と云うことで、鶴瓶さんとナンチャン(南原清隆/ウッチャンナンチャン)がゲスト出演。おかげで?大入り満員です。


 開口一番は染太の「動物園」。園長の安部さんに前園長の小泉さんが《美しい動物園》を目指してるってクスグリは上手い。檻のなかにライオンが入ってきたところでトラの皮を着た男が「安部さーん!」と叫ぶところに枝雀一門の系譜が。

 右喬の高座は初めて観たが、語り口が独特の雰囲気。無筆の小咄から「平の陰」を。きっちり演ってるんだが、出てくるふたりの男がふたりとも変なイントネーションで、妙な笑いを醸し出す。

 ここでゲストの南原が登場。実物はシュッとした風貌で、客席から「男前!」の声も。繁昌亭に出られたことを喜びつつ、「仔猫」を江戸スタイルで。ネタもきっちり入っており、しっかりとした口跡で、想像以上に良い出来。
 おそらく本人は余裕がなかったんだろうが、終盤の番頭がおなべを諭す場面でキセルに見立てた扇子を逆向きにくわえていたのが残念。もうちょっと笑いの多い噺か、おなじ「仔猫」でもクスグリの多い上方版の方が本人のノリも上がって良かったんでは?と思う。‥‥と、いろいろ注文を出したくなるほど良い一席だった。

 中トリの仁福は、南原や、あとに出てくる鶴瓶に毒を吐きつつ、自虐的ギャグで空気をつくる。これがまた大爆笑。
 ネタは「堀川」をなかばまで。隣裏の久米やんの家の朝食風景がなんとも云えずおかしい。ややテンポを上げて進むも、最後の最後に「サゲをどうしたら‥‥」とだだ崩れ。これもまた仁福らしくて大爆笑。

 中入りを挟んで、ゲストの鶴瓶は同期の仁福の話をマクラに、私落語の新作「青春グラフィティ 松岡」を。
 高校 1 年の夏、泉南育ちの松岡を含む友達連中で白浜へキャンプに行く噺。見るからにヤンキーながら正義感の強い松岡や、引っ込み思案ながらこまかいことが気になる心配性の浮本など、いつもながら人物描写がおもしろい。

 トリの都は地方講演から帰ったところだったとか。地方講演道中記やら、『あほの会』の運営話やら、なんやらと、ほとんど漫談の《都噺》の様相。
 やはりトリだけに落語は演りたかったようで、始めるなり「ちゃうちゃう、このネタちゃうねん」で爆笑。行きつ戻りつ、取って付けたように「始末の極意」のマクラで演られるケチの小咄を。

 最後に恒例の大喜利。出演は、司会の仁嬌、吉次、由瓶、福矢、三若、仁福。この日は謎掛け、色作文、数え歌。押し引きのバランスがええ具合の仁嬌とともに、いちいち前へ出てくる三若が活躍。お約束の笑いをふんだんに盛り込んで賑やかに。


 ゲストの鶴瓶さんとナンチャンがお目当てのお客さんが多く、どうなることかと思いますが、ほかの噺家さんもよくウケてましたし、ええ雰囲気の会になりました。とくに右喬さんはもう少し研究する必要あり、と個人的に。
 雨ニモ負ケズさんのブログ によると、前日の鶴瓶さんの勉強会でおふたりはそれぞれのネタを掛けられてたようです。万全の態勢で『あほの会』へ臨んでくれたことに感謝です。

 次回は 11 月 15 日(水)の《仮称・あほの日》です。行けるかなぁ‥‥。

|

« たまよね FINAL | トップページ | LOUD PARK 06 in Osaka (1st day) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元祖大阪名物 あほの会:

« たまよね FINAL | トップページ | LOUD PARK 06 in Osaka (1st day) »