« 片塩寄席 | トップページ | 桂千朝独演会 »

繁昌亭夜席 圓丈・福笑 二人会 (二日目)

2006/10/9 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭 たま 「Elderly Love」 (作:たまよね)
  • 三遊亭 圓丈 「寄席沈没」 (作:三遊亭圓丈)
  • 笑福亭 福笑 「時うどん」
    ―― 中入り ――
  • 三遊亭 圓丈 「夢一夜」 (作:三遊亭圓丈)
  • 笑福亭 福笑 「浪曲やくざ」 (作:笑福亭福笑)


 ちょっと早いかもと思いつつ 16 時過ぎに繁昌亭へ行ってみると、すでに待ち行列が。とりあえず列んでると、昼席のお客さんがぞろぞろぞろ‥‥。ちと恥ずかしい。
 前売り券は完売で、当日のお客さんも入って満員です。


 開口一番のたまは上方落語協会の裏話をマクラに、たまよね作の「Elderly Love」を。老人ホームでできたカップルの結婚を父親に承諾してもらうべく、ヘルパーが説得に行く噺。プロットはかなり整理されて固まってきたよう。こまかいクスグリの積み重ねも良くウケる。あとは後半の発声のハッキリしない老人の翻訳シーンをいかにスッキリ聴かせるかがポイントか。

 圓丈は前日の「江戸前カーナビ」がコケたようで、「たま君の半分のウケは欲しい」と切実な思いを吐露。圓丈夫人が遅ればせながらハマっていると云う韓流ドラマの話をマクラに、高座に掛けるのは 3 度目と云う「寄席沈没」。落語定席の寄席にブラック・ホールが出現し、次々と吸い込まれてゆく‥‥って噺。最近の落語界のトピックスも随所に盛り込み、実名もバンバン飛び出すが、やはり東京の噺家はこちらではあまり馴染みがなくて笑いが薄いところも。個人的には、ブラック・ホールに吸い込まれそうになった川柳がガーコン力で空中浮上し、その後に超能力を身につけるくだり、なんか川柳ならありそうな話で、その発想力に感動。
 中入り後は「噺家は高座で死んだら本望か?」の問答から「夢一夜」。身寄りはないが金はある末期ガン患者がタクシーで向かった先は羽田空港‥‥って噺。札ビラで相手の顔をはたくような男と、それになびく大衆、との構図。突発的な笑いはおこるが、リアルな生死を扱っているためか、それがうねりになっていかなかったのが残念。

 福笑の 1 席目は古典で「時うどん」。マクラで時刻の解説をしてから本編(2 人ヴァージョン)へ。やや控え目なすべり出しだったが、うどんを食べ出してからがヒート・アップ! 「何玉入ってんねん?」ってくらい食べまくり、袂を引っ張る喜六(?)をあしらう清八(?)の箸ツツキ攻撃がうどん屋にまで飛び火。喜六が 3 本のうどんを 1 本ずつすすると、おつゆが顔中にはねる芸のこまかさ。翌日の不味いうどんを食べたときの喜六の表情がすさまじい。
 トリは大阪締めから自作の「浪曲やくざ」。やくざの親分が浪曲好きの子分を引き連れて敵対する組長を襲いに行く噺。血生臭さは微塵もなく、むしろバカバカしく滑稽。いつもながら浪曲の唸りは快調で、「茶ぁ飲むな!」「屁ぇこくな!」の繰り返しも効果的。


 圓丈さんのワッペンだらけの着物を見られてうれしかったです。落語は 2 席とも客の反応を探りながらで、全開まではじけきれてなかったとの印象。これに懲りずにまた来阪してもらいたいです。
 福笑さんはいわゆる《二落ち》の状態だったのか、あっちこっちに抜けや云い間違いが。それでも力量と勢いで乗り切った感じで、とくに「時うどん」のノリは最高でした。
 前座のたまさんもしっかりウケてましたし、初の圓丈さんを堪能し、福笑さんで爆笑と、満足度の高い会でした。

 繁昌亭の公演予定を見てると、企画物の夜席がいろいろありますね。とくに今回のような東西交流会は今後も積極的に仕掛けてほしいです。もっとも、企画過多で息切れせんようにはお願いしたいですが。

天満天神繁昌亭

|

« 片塩寄席 | トップページ | 桂千朝独演会 »

コメント

某師の独演会がなければ大阪まで見に行きたいくらいだった公演の様子、手にとるようにわかりました。ありがとうございます。末期がんジョークはキツかったですか? 「日本の話芸」のために録画したものの、「NHKでは放送できない」とお蔵入りになったという一席。私は好きなんですけどね。
11/23には、たまさんが東京に来はるというので、予約しようかどうか迷っているところです。

投稿: ろくでなし | 2006.10.11 16:00

>> ろくでなし さん
どこまでリアルにするかのさじ加減がむずかしいところですね。
「末期ガン」と云うことで無意識のうちに深刻度が植え付けられてたのかも。
圓丈さん、引き気味の客に「この落語は笑っていいんだよ!」を連発されてました。
たまさんの東京の会、喬太郎さんがゲストでお得感ありますね。
当日でも 2,500 円ですから、ギリギリまで迷ってください。:o)
ちなみに、某師の横浜にぎわい座での独演会、取りました。

投稿: わさび | 2006.10.11 17:10

にぎわい座ってあの日ですよね。だとしたら当然私も…。にぎわい座に行ったら、裏のコロッケ屋さんにも寄ってコロッケパン食べてくださいね。おばちゃんから噺家さんの裏話が聞けるかもしれませんよ。

投稿: ろくでなし | 2006.10.12 23:24

>> ろくでなし さん
大荷物でえっちらおっちらしてるのがいたら私です。:o)
コロッケパン、挑戦してみます!

投稿: わさび | 2006.10.12 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭夜席 圓丈・福笑 二人会 (二日目):

« 片塩寄席 | トップページ | 桂千朝独演会 »