« 元祖大阪名物 あほの会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

LOUD PARK 06 in Osaka (1st day)

2006/10/16 @Zepp Osaka


 東京(正確には幕張)でメタルの祭典『LOUD PARK 06』が開催されると知り、ラインナップによっては密航か?とも思ってたんですが、お目当ての MEGADETH と DIO が別日程で意気消沈してたところ、なんと規模縮小ながらも大阪でも開催され、しかも MEGADETH と DIO が同日出演ってことで参戦決定!‥‥ってのがチケット手配前の顛末。

 かなり早く会場に着いて、集まってくる客をチェック。メタル T シャツは MEGADETH 一色かと思ってましたが、意外に ANTHRAX が多くてびっくり。かく云う私は蛍光グリーンの RUSH の T シャツでしたが。
 この日は 2 日公演の初日で、先に入った 某後輩 に場所を確保してもらって大助かり。入りはザッと 1,600 人って感じでしょうか、やや少なめ。実際、1F フロアーの両サイドは仕切りで潰してました。平日で帰りが遅くなりそうなイヴェントですし、チケット代も前売り 9,500 円と高めですし、なにより東京大会のチケット発売後に大阪大会が発表されましたから、コアなファンは密航済みでしょうし。まぁ仕方ないでしょう。


ANTHRAX

 まずは 15 年以上前に CD でちょっと聴いたことがあるだけの ANTHRAX から。予備知識としては、(1)スラッシュ四天王の一角、(2)ギタリストのひとりがツルツル頭、(3)最近バンド編成がオリジナル・メンバーに戻った、くらいのもん。曲もまったく知りません。
 が、1 曲目がいきなり聞き覚えのある曲でビックリ! 観客もスタートからえらい盛り上がり! ステージではヴォーカルとベースのテンションが異常に高く、フロントの 4 人は動きまくりの煽りまくりで観てておもろい。知らない曲でもノリが良く、私もおおいに盛り上がってました。
 最後の曲で「みんなジャンプしてや!」と始まるも、あまりの少なさに演奏ストップ。「ジャンプしてや! みんなやで!」と念を押して再スタート。これはジャンプせねばなるまい!と、ジャンプしまくりで ANTHRAX 終了。
 最後まで残ってたヴォーカルのジョーイ・ベラドナに、脇から出てきたスタッフが「きょうはジョーイの誕生日!」とコールし、観客から再度の喝采。ええ雰囲気でのエンディングとなりました。

  1. Madhouse
  2. Got The Time
  3. Caught In A Mosh
  4. Antisocial
  5. Indians
  6. Medusa
  7. I Am The Law
  8. Bring The Noise


DIO

 トイレ待ちの列で「DIO は休憩やな」と云う会話を小耳にはさんで「そら違うやろ!」と心のなかでツッコむ。ステージ後方にホーリー・ダイヴァー(?)のバック・ドロップが吊られて準備完了。
 オープニングから朗々と歌い上げるロニー・ジェイムス・ディオ御大。喉のコンディションはかなり良さそう。ミドル・テンポのナンバーがつづき、ドラム・ソロをはさんで“Kill The King”! 開場の盛り上がりも凄まじい! ホンマに休憩?
 七色の照明が印象的な“Rainbow In The Dark”や、こちらも名曲“Man On The Silver Mountain”なんかもはさみ、待ってました!の“Long Live Rock 'N' Roll”! 部屋で DVD で観ててもひとりで叫んでたくらいですから、ここではもちろん歌いまくり!
 そして最後に“Heaven And Hell”! これがまた究極完全版って感じの長尺に! 抑え気味の前半では鬼気迫る雰囲気を醸し出し、最後に大爆発! いままで何度かライヴでこの曲を聴きましたが、これほどの感動と興奮を覚えたのは初めて!
 ロニー、ありがとーー!

  1. Children Of The Sea
  2. Stand Up And Shout
  3. Holy Diver
  4. Gypsy
    --- Drums Solo ---
  5. The Temple Of The King
  6. Kill The King
  7. Rainbow In The Dark
    --- Guitar & Keyboard Solo ---
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Catch The Rainbow
  10. Long Live Rock 'N' Roll
  11. Heaven And Hell


MEGADETH

 バック・ドロップが堕天使を思わせる MEGADETH のものに入れ替わり、いよいよ大トリの登場。
 オープニングは曲調のせいもあってサウンドがグシャグシャッとした印象だったが、メロディアスなパートの多い中~後期の曲はさすがにカッコ良い。とくに“She-Wolf”や“Hangar 18”あたりは好きな曲だけに、かなりテンションが上がる。
 初期の超人気曲“The Mechanix”で盛り上がり、“Peace Sells”で本編終了。
 デイヴ・ムステインが再登場し、最後はもちろん“Holy Wars... The Punishment Due”! 心地良い緩急に身をゆだね、ヘドバンしまくりの大団円となりました。

  1. Blackmail The Universe
  2. Set The World Afire
  3. Wake Up Dead
  4. Skin O' My Teeth
  5. Tornade Of Souls
  6. She-Wolf
  7. Take No Prisoners
  8. Symphony Of Destruction
  9. Hangar 18
  10. Washington's Next
  11. The Mechanix
  12. Peace Sells

  13. Holy Wars... The Punishment Due


 各バンドとも 1 時間前後、セット・チェンジをはさんでトータルで 3 時間 45 分の長丁場となりました。それでも満足度が高い大会だったんで、心地良い疲労感でした。
 トリの MEGADETH ももちろん良かったですし、まったく期待してなかった ANTHRAX もかなり好感触でしたが、この日はなんと云っても DIO の“Heaven And Hell”に尽きるでしょう。とにかく凄まじく、あれを生で観られたってのが今回の大きな収穫でした。
 来年の大阪大会があるかどうか、入りだけを考えるとあやしいですが、今回の前提条件の悪さを考慮して前向きに検討してもらいたいです。需要は十分あると思いますし、文化は育てるものですから。

LOUD PARK 06
Netabare Board <<< Thanks!

|

« 元祖大阪名物 あほの会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/12325504

この記事へのトラックバック一覧です: LOUD PARK 06 in Osaka (1st day):

« 元祖大阪名物 あほの会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »