« 上方亭ライブ | トップページ | 吉朝さんの高座の DVD 化を実現させよう! »

無我 2006 プレミアム II 『闘秋』

2006/11/5 @大阪府立体育会館 第二競技場


 『上方亭ライブ』のあと、あちこちぶらぶらして府立へ。時間を勘違いしてて、再度ぶらぶら。ようやく入場できて座席へ。
 初回と違って入りが心配でしたが、座席はそこそこ埋まり、立ち見客もチラホラ。ええ感じで格好が付いたと思います。
 前回同様、入場式で全選手紹介のあと、西村選手がごあいさつ。


長井満也 vs 倉島信行
 倉島は若いはずなのに、どっから見ても昭和のたたずまい。コスチュームが木戸修チックだから? 長井に攻撃されてすぐになにもできなくなり、ヘッドロックから 3 カウント。ダメだ‥‥。

竹村豪氏、正田和彦 vs ブラソ・デ・オロ、ブラス・デ・プラティーノ
 メキシカンのふたりがおもしろすぎ。ルチャの国から来たふたりのデブは、あかるくたのしいプロレスで会場も賑わう。なぜか日本人がヒールになり、なぜかメキシカン側だけがルチャ・ルール(タッチなしで選手交代可能)だったのが不思議。
 たしか日本人組が勝ったと思います。(ええかげん)

ヒロ斉藤 vs エル・ブラソ
 こちらもデブのエル・ブラソが大暴走。四方の観客からコールを強要しまくりで試合が始まらない。見かねたレフェリーがしかる始末。あきれたヒロが帰ろうとすると、オロ&プラティーノが乱入。そこに竹村&正田が駆け付け、急遽 6 人タッグに。
 こちらもあかるくたのしいプロレス。最後はヒロとエルの一騎打ちのような状況でええ感じだったのに、ヒールの日本人が乱入して日本側の勝利に。なんとも空気の読めん奴らや‥‥。

藤波辰爾 vs 吉江豊
 藤波はなかなかコンディション良さそう。ドラゴンスクリュー、ドラゴンスリーパーと、ドラゴン殺法炸裂。が、吉江の重量に圧殺され、ダイビングボディプレスに完敗。

西村修 vs 後藤達俊
 なんと 60 分 3 本勝負。まさに無我イズム爆発の一戦。
 まずは西村ムーヴで後藤を翻弄するも、一瞬の隙を突いて後藤がバックドロップ一閃! そのまま 3 カウントで 1 本目を奪取。
 バックドロップのダメージが残る西村は防戦一方。場外で椅子攻撃やパイルドライバーまでも食らってしまい、万事休すか!?!?と云う局面、油断した後藤をクルクルッと丸め込んで首固めのまま 3 カウント。西村が 1 本を奪取してイーヴンに。
 息を吹き返した西村がアリキック、インディアンデスロック、足 4 の字固めと、後藤の足を集中的に攻撃。後藤もラフ・ファイトで応戦するが、西村の閃きの首 4 の字固めでレフェリー・ストップ(後藤のギヴ・アップ?)。


 最後は恒例の?無我の歌をバックに写真撮影。西村選手&吉江選手のお見送りで、無我茶をもらって帰宅となりました。

 なかなかに充実の内容だったと思います。「どこらへんが原点回帰なんだ?」と問われると困りますが、大技に依らない試合展開でも楽しめるあたり、無我の標榜するスタイルなんだと思います。とくにメインの 60 分 3 本勝負、懐かしさとともにゲーム性とプロレスの醍醐味が詰め込まれてたと思います。

無我ワールド・プロレスリング

|

« 上方亭ライブ | トップページ | 吉朝さんの高座の DVD 化を実現させよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/12572816

この記事へのトラックバック一覧です: 無我 2006 プレミアム II 『闘秋』:

« 上方亭ライブ | トップページ | 吉朝さんの高座の DVD 化を実現させよう! »