« 云って良いことと悪いことがある | トップページ | 文楽 『伊賀越道中双六』 『紅葉狩』 »

たまよね FINAL

2006/11/18 @天満天神繁昌亭

【Episode 2 繁昌亭編】

  • 笑福亭 たま 《ごあいさつ》
  • 桂 そうば 「ろくろ首」
  • 笑福亭 たま 「初天神」
  • 桂 かい枝 「野ざらし」
  • 笑福亭 たま 「不動坊」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 たま 《ショート落語》
  • 笑福亭 たま 「Smell」 (作:たまよね)
  • たま、かい枝、米井 《たまよねとビギナーズラック》


 ちょっと早めに行ったつもりがかなり早めに到着。たまさんの会場入りよりも早かったです。それに気を遣われたか、先着 3 名にミニ色紙のプレゼント。ラッキー!
 小雨もパラついてたんで、たまさんの配慮でかなり早めの開場。入りが心配でしたが、開演前には 1 階席はほぼ満席でひと安心。


 前半は古典コーナー。たまの前説につづいて、開口一番のそうばが「ろくろ首」。マクラで「興奮してくると博多弁
が出る」と聞かされてただけに、どうしても細部のイントネーションに気が行ってしまう。しかしながらテンポや息と間は良く、お調子者のやもめがたのしい。

 ゲストのかい枝は今回の『たまよね FINAL』が最終回じゃなくて Episode 2 でがっくりって話から、仁福のエピソードで笑わせ、噺家はみんなスケベって話から「野ざらし」へ。同門の坊枝と比べて顔芸がスゴい。イヤらしさも倍増。

 たまの「初天神」はかなりヴァージョン・アップ。寅ちゃんが隣のおっさんに両親の昨夜のごちゃごちゃを暴露する場面がより拡大され、おっさんを焦らすくらい寅ちゃんの話術も巧みに。その分、母親に父親の茶屋遊びをバラすくだりはカットし、初天神へ。飴屋やみたらし団子屋では所作で笑わせ、調子にのってきた父親が凧揚げに興じるくだりも絶好調。クドくならないバランスが絶妙。
 「不動坊」の方はより整理されてきた感じ。導入部は、不動坊の残した借金を肩代わりしてやった利吉のところへ、未亡人のお滝との結婚話を家主が持ち込む‥‥と云う自然な流れに。独自のクスグリも随所に盛り込み、風呂屋での妄想劇もさらに拡大。

 中入りを挟んで、たまがマクラ代わりのショート落語から新作「Smell」を。風呂嫌いで強烈な悪臭を放つ社長との食事会に臨む社員の奮闘を描く。落語にほとんどない《におい》をフィーチャーした噺で、社長の体臭をハメモノ(銅鑼の音)で表現。観てるだけでこっちまでクラクラしてきそう。社長に気付かれないように腫れ物に触るような、それでいてバレバレの社員の奮闘がおかしい。

 最後にたま、かい枝、米井敬人(構成作家)氏の 3 人で座談会。『たまよね』と『ビギナーズラック』の比較から、たまがかい枝の性格分析など。


出番表 いやぁ、満腹&満足。今回は 3 時間弱あったってこともありますが、とにかくたっぷり感のある会でした。
 とくに中入り前の古典コーナーが圧巻で、たまさんの 2 席はどちらもステップ・アップしてて充実。「初天神」は必見だと思います。中入り後の新作もなかなかで、座談会も(半分は告知ながら)脱線のグダグダ感が『たまよね』らしい盛り上がりでした。

 繁昌亭の入口にある出番表に米井さんの名前まで。思わずパチリ。

 次回はとうとう最終回。12 月 17 日(土)に TORII HALL にて、ゲストに東京から柳家喬太郎さんを迎えての総集編。
 前売り券も買いましたんで、万難排して挑みます!

らくごの玉手箱

|

« 云って良いことと悪いことがある | トップページ | 文楽 『伊賀越道中双六』 『紅葉狩』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまよね FINAL:

« 云って良いことと悪いことがある | トップページ | 文楽 『伊賀越道中双六』 『紅葉狩』 »