« 文楽 『心中天綱島』 | トップページ | 福楽の底力 »

上方亭ライブ

2006/11/25 @上方亭

  • 笑福亭 三喬 「勘定板」
  • 笑福亭 喬楽 「牛ほめ」


 事前の発表では、三喬さんと、NHK 新人演芸大賞を落語部門大賞を受賞した風喬さんだったんですが、風喬さんが受賞絡みのラジオ出演で欠席、代打で喬楽さんに。しかも三喬さんが直後にレッスンルームの仕事に行くと云うことで、先輩の方が先に出るという変則的な番組に。
 入りは 70 人くらいでしょうか、大入り満員。吉朝ファンの元 O さんや C さんも。 高岳堂さんも来られてた そうなんですが、発見できませんでした。(すんません‥‥)


 三喬、まずは観客調査。岩手県や北海道からも来られてると云うことで、大阪弁の特長、小咄(鶴の恩返し、因幡の白兎、ドラえもんシリーズ)で客席をほぐし、便所の別称を解説してから「勘定板」へ。さすがに全編、間が巧み。下ネタがよくウケる。

 三喬が下がり際に「皆様、このあとは上方落語を背負って立つ、笑福亭喬楽師匠でございます。それでは喬楽師匠、張り切って参りましょう。どうぞ~!」と、持ち上げまくり。演りにくそうに出てくる喬楽。(そら演りにくいわな)
 喬楽は初めてだが、明るくなった蟷螂襲のようなしゃべりで(って、わかりにくい!?!?)耳障りが良い。三喬が短く終えたため、いろいろとマクラをつなぎつつ「牛ほめ」へ。汗かきまくりの熱演ながら、ややメリハリに欠ける印象。


 喬楽さんはちょっと気の毒でした。悪くはないんですが、三喬さんのあのあとでは分が悪い。それより、三喬さんにもうちょっとたっぷり演ってほしかったです。

上方亭ライブ

|

« 文楽 『心中天綱島』 | トップページ | 福楽の底力 »

コメント

こちらこそ、失礼しています。
あとの福楽さん、行かれました?

投稿: 高岳堂 | 2006.11.28 12:51

>> 高岳堂 さん
『福楽の底力』はもちろん行きましたよ!
記事は後ほど。

投稿: わさび | 2006.11.28 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上方亭ライブ:

« 文楽 『心中天綱島』 | トップページ | 福楽の底力 »