« 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 | トップページ | 年越しオールナイト落語会 »

山葵的落語道 2006

 ‥‥と云うほど大層なもんでもないんですが、今年はホンマに足繁く落語会に通いました。それこそ仕事そっちのけで、でしたから。
 で、ザックリと集計してみました。表計算ソフトに手動入力したんで打ち間違いや抜けがあるかもしれませんが、まぁ大きくは変わらないと思います。(講談の会や高座も含んでいます)


 まず、月別の落語会の回数。最後に『年越しオールナイト落語会』も控えてますが、これは昨年からのをカウントしています。

  1. 9 回
  2. 8 回
  3. 11 回
  4. 16 回
  5. 15 回
  6. 15 回
  7. 23 回
  8. 14 回
  9. 24 回
  10. 13 回
  11. 13 回
  12. 18 回

 合計 179 回。平均すると 2 日に 1 回のペースで行ってることに。とくに 3 月末からの『三代目桂春團治極付十番落語会』以降、際限がなくなったような気がします。とくに 7 月や 9 月は、いったい仕事はどうしてたんでしょう?
 『極付十番』以外にも、『できちゃった二人会』(7 月)や、続き読みの『たま・南湖 二人会』(9 月)など、連続企画が印象的深いです。


 つぎは観た回数が多かった人。高座数をカウントしてカッコ内に記しています。(ただし、トークや企画モノは除外)

  1. 笑福亭 たま (75)
  2. 桂 こごろう (24)
  3. 旭堂 南湖 (21)
  4. 笑福亭 生喬 (20)
  5. 月亭 遊方 (19)
  6. 林家 花丸 (18)
  7. 笑福亭 福笑 (17)
    桂 あやめ (17)
    桂 つく枝 (17)
  8. 桂 吉弥 (16)
  9. 桂 春團治 (15)
    桂 三金 (15)
  10. 桂 福楽 (14)
  11. 桂 三風 (13)
  12. 桂 しん吉 (12)
  13. 快楽亭 ブラック (11)
    林家 染雀 (11)
    桂 まん我 (11)
    桂 佐ん吉 (11)
  14. 桂 雀三郎 (10)
    林家 市楼 (10)

 ダントツはたまさんの 75 回。これにはトークや『たま・南湖 二人会』での「シンケイ累ヶ淵」なんかは入れてません。(逆に南湖さんの「寛政力士伝」は入れてます)
 こごろうさんと生喬さんは『らくご道』や『出没!ラクゴリラ』で観る機会が増えました。『できちゃったらくご!』のメンバーも上位に。勉強会や独演会を開催されてる方はやはり上位に入りますね。
 もっと観たかったのは福楽さんと花丸さん。このおふたりは来年も要チェックです。


 つづいてよく観たネタ。カッコ内は観た回数です。

  1. 犬の目 (12)
  2. 子ほめ (11)
    時うどん (11)
  3. 親子酒 (10)
    七段目 (10)
  4. 愛宕山 (9)
    阿弥陀池 (9)
  5. くっしゃみ講釈 (8)
    崇徳院 (8)
    動物園 (8)
    兵庫船 (8)
  6. 皿屋敷 (7)
    初天神 (7)
  7. 青菜 (6)
    池田の猪買い (6)
    牛ほめ (6)
    米揚げ笊 (6)
    代書屋 (6)
    道具屋 (6)
    船弁慶 (6)

 前座さんがよく演られる寄席の定番が上位に。4 位の「親子酒」(遊方さんの現代版も含む)と「七段目」(都さんのグダグダ版も含む)や、6 位の「愛宕山」はチと意外。もっとも、「愛宕山」はたまさんだけで 3 回は観てますが。
 ちなみに、南湖さんが続き読みされた 8 回を含む「寛政力士伝」の 13 回は除外しました。


 最後に「誰の何」の集計。ここでも南湖さんの「寛政力士伝」は除外しました。

  1. 笑福亭 たま 「Apologize」 「Elderly Love」 (2 + 3 = 5)
  2. 桂 春之輔 「死ぬなら今」 (4)
    林家 市楼 「阿弥陀池」 (4)
  3. 笑福亭 鶴瓶 「青木先生」 (3)
    桂 雀松 「替わり目」 (3)
    桂 福楽 「田楽喰い」 (3)
    桂 こごろう 「代脈」 (3)
    桂 こごろう 「動物園」 (3)
    桂 つく枝 「宿替え」 (3)
    林家 花丸 「厩火事」 (3)
    桂 吉弥 「愛宕山」 (3)
    笑福亭 たま 「愛宕山」 (3)
    笑福亭 たま 「いらち俥」 (3)
    笑福亭 たま 「くっしゃみ講釈」 (3)
    笑福亭 たま 「皿屋敷」 (3)
    笑福亭 たま 「Smell」 (3)
    笑福亭 たま 「初天神」 (3)
    笑福亭 たま 「兵庫船」 (3)
    笑福亭 たま 「不動坊」 (3)
    笑福亭 たま 「船弁慶」 (3)
    笑福亭 たま 「矢橋船」 (3)
    笑福亭 たま 「与太郎」 (3)
    桂 佐ん吉 「池田の猪買い」 (3)

 たまさんはホンマによく観ましたが、『たまよね』から出た「Apologize」が「Elderly Love」へと成長する過程が垣間見られたってのがファンとしての醍醐味でしょう。
 春之輔さんは 4 回観て 4 回とも「死ぬなら今」。どんだけ死なせたいねん。市楼さんの「阿弥陀池」も印象が強く、おふたりとも「そろそろ別のネタを‥‥」とリクエストしたい気持ちです。
 高座を観た回数の多いこごろうさんの「動物園」はともかく、吉弥さんの「愛宕山」を 3 回も観てたとはおどろき。よく観たネタのベスト 5 がこのなかに入ってないってのも興味深いです。


 集計してみると‥‥やっぱりアホですね。ネタに関しては 720 席あまり、トークや色物もありますから、800 席くらい観てることになると思います。まぁ世の中にはもっと観てる方もおられると思いますが、五十歩百歩、どんぐりの背比べでしょう。(おまえが云うな!)
 2007 年はもうちょっと節度ある落語会通いを心がけたいと思いますが、どうなりますことやら。‥‥

|

« 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 | トップページ | 年越しオールナイト落語会 »

コメント

恐れ入って、平伏しております。二日に一回は驚異的ですねえ(何か憑いてませんか?ご先祖が落語好きをナニしたとか)。
聴かれた噺BEST10のうち、前座さんがよくやる噺が上位にくるのはわかりますが、確かに4位の「親子酒」は意外な感じがしますね、
また「代書屋」や「船弁慶」がよくかかっているというのも。
このデータは貴重なフィールドワークです。
来年も記録更新を目指して落語会に行ってくださいませ。佳いお年を!

投稿: 高岳堂 | 2006.12.31 19:22

山葵さん、スゴイ!
私も、もっと、もっと生の落語を聞かなあかんなー、と
思いました。
落語をたのしむコツ?など、あれば、
ぜひ、教えていただきたいです。
追伸:
オールナイト落語会お疲れ様でした。
私も、遊びに行ってました。

投稿: 丁稚定吉 | 2007.01.01 19:38

『年越しオールナイト落語会』で新年を迎え、疲労困憊しています。

>> 高岳堂 さん
2007 年は少し自重しようとしてるんですから、あまり焚き付けないでください。:o)
「親子酒」は吉朝一門でよく観るような気がします。
「船弁慶」は圧倒的にたまさんですね。

>> 丁稚定吉 さん
やっぱりライヴがなによりだと思います。
たのしむコツと云うと、やっぱりご贔屓の噺家さんを見つけることだと思います。
で、その噺家さんの出てる会でアンテナを広げることやないでしょうか。

投稿: わさび | 2007.01.01 23:15

スゴイ・・・(驚愕と羨望のスゴイです)
で、「たま」さんの多いこと!!ずば抜けてますね…。
私もようやく「たまデビュー」果たしましたので
今年は山葵さんと遭遇する回数が増えること間違いなし。
今年もよろしくお願いします。

投稿: ogwan8 | 2007.01.06 14:03

>> ogwan8 さん
たまさんの場合、ひとつの会で 3 席とかが多いですから、どうしても高座数は多くなりますけど、それにしても多いですよね。
それにしても、こうして集計して定量化すると、あらためて自分のバカさ加減が浮き彫りになります。‥‥

投稿: わさび | 2007.01.06 16:14

わさびさん、こんばんは。
お仕事もされているのに、凄いパワーですね。
私はPCが壊れてブログが書けなかった時の数も含めて
寄席通いは66回でした。
今年は回数が減りそうですが
その分いっぱい笑いたいと思っています。
そして今年も宜しくお願いしま~す♪

投稿: ゴマちゃん | 2007.01.07 23:42

>> ゴマちゃん
仕事してるかどうかは非常にあやしいです。
落語会通いが年 66 回なら、週 1 回ちょいですね。
それくらいが丁度良いんやないでしょうか。
過ぎたるは及ばざるがごとし、です。(自戒)

投稿: わさび | 2007.01.08 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山葵的落語道 2006:

« 新生・快楽亭ブラック毒演会 大阪篇 | トップページ | 年越しオールナイト落語会 »