« 繁昌亭夜席 銀瓶・つく枝 二人会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

繁昌亭夜席 文華・生喬 二人会

2006/12/6 @天満天神繁昌亭

  • 桂 佐ん吉 「狸の賽」
  • 笑福亭 生喬 「質屋芝居」
  • 桂 文華 「はてなの茶碗」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 生喬 「替わり目」
  • 桂 文華 「仔猫」


 二人会の最後は、こちらも《はやかぶ vs ラクゴリラ》で文華さんと生喬さん。未見の文華さんは某 Y さんがおすすめされてて以前から気になってたんで、この二人会はそう云う意味でもたのしみにしてました。
 開場前の待ち行列は前日よりちょい少ないかなって感じ。それでも最終的には 1 階に 9 割ほど入ってええ感じになりました。この日は知った顔がいちばん多かったです。


 開口一番に佐ん吉。占い、落語界の○○、ご祝儀と、佐ん吉マクラのフルコース。客イジリの余裕もみせて、スルッと定番の「狸の賽」へ。高座に掛ける頻度の高い噺だけに軽快なテンポでたのしい雰囲気に。

 生喬の 1 席目はたっぷりめのマクラから「質屋芝居」。丁稚の定吉が質種を取りに行った蔵で芝居に没頭してしまうが、これが貫禄十分すぎて丁稚でなくなってたのがちょっと‥‥。一方、木戸番に扮してしまう旦那のばかばかしさはなんとも云えずおもろい。
 2 席目の「替わり目」はサゲまで演るフル・ヴァージョン。生喬がタチの悪い酔っ払いに大変身。酔っ払いながらもおかしな理屈で絡みまくりで、生喬のニンに合った感じ。よく聴いてると、サゲへ向けてのこまかいネタ振り・伏線張りがそこかしこに。

 初の文華、適度に力の抜けた語り口にややしゃがれた声がええ感じ。1 席目の「はてなの茶碗」は基本に忠実ながら、茶屋で茶碗をムリヤリ譲り受ける場面や金兵衛の茶道具屋での一連のやり取りでの油屋の気持ちの揺れを大きくしてキャラを立てる演出。
 2 席目の「仔猫」は、おなべの前半での脳天気さが後半の怪談めいた告白とのコントラストでええ具合に。その後の番頭の「猫捕り? 人間は大丈夫?」とセーフのポーズが秀逸。押し入れに突っ込んであった汚れたフンドシの理由まで語られ、噺が立体的に。


 初の文華さんは好感触。基本はきっちり押さえつつ、無理なくクスグリを入れてくるあたりが上手いですね。落語ビギナーの方にもおすすめできると思います。銀瓶さんも要注目ですし、『はやかぶの会』へも行かんと、と思いました。
 一方の生喬さんは、酔っ払いネタは初めて観たかも。安定感はあいかわらず抜群で、これまたええ感じでした。

天満天神繁昌亭

|

« 繁昌亭夜席 銀瓶・つく枝 二人会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭夜席 文華・生喬 二人会:

« 繁昌亭夜席 銀瓶・つく枝 二人会 | トップページ | 出没!ラクゴリラ »