« たまの出没!ラクゲリラ! さよなら茶臼山 | トップページ | 吉田豪のジャングルファイト 5 »

たまの出没!ラクゲリラ! さよなら茶臼山

2007/1/28 @茶臼山舞台

  • 笑福亭 たま 《ごあいさつ》
  • 旭堂 南湖 「阿弥陀池」
  • 笑福亭 たま 「二番煎じ」
  • 笑福亭 生喬 「質屋芝居」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 たま 「芝浜」
  • 生喬、たま、呂竹 《茶臼山の思ひ出》

※ ファイナル


 開場前の行列もこれまで以上ではありましたが、開場後もあとからあとから観客が詰め掛け、開演しても入りきらないくらいの人混み。60 人以上はいたんじゃないでしょうか。たまさんのひらめきで、舞台の真横から網越しに観ることになったお客さんも。マニアからビギナーまで幅広い客層で、なにに惹きつけられたのか興味深かったです。


 前説に登場したたまが、のっけから茶臼山舞台閉館の延長を報告。一応 1 月末で閉館だが、片付けのために 3 月末までは借りてるそうな。
 なんやかんやしゃべりつつ、会の案内に「入場拒否はありません。会場がいっぱいの場合は、無理からでもお客様を押し込めますので」と宣言してた手前、なんとか客を詰め込もうとするたま。立ち見の客も。

 あまりの入りにやや引き気味の南湖。観客からのアンケートで演し物を決めようと、古典講談、新作講談、「阿弥陀池」の 3 択。マニア層のほとんどが「阿弥陀池」をチョイス。「そこまで講釈を聴きたくないのか?」とは南湖の弁。
 大阪芸術大学の落語研究会の話、ラジオ出演の話、大須演芸場の話、とマクラっぽくつなぐ。客席がほぐれてきたところで「阿弥陀池」の、米屋に押し込み強盗が入るくだりを講談調に語って「仇討ち阿弥陀池」の前段とし、ここでちょうどお時間に。

 たまはマクラで「道具屋」での失敗談を。客が「その木刀、見せてくれ」と云ってしまったり、笛から抜けなくなった指が力みすぎて抜けてしまったり、ライヴならではのアクシデント。
 「二番煎じ」は筋立てをスッキリ整理するも、登場人物のキャラを立てきれず、絡みがチグハグになったような印象。ひとりで酒をグビグビ飲む男はおもしろく、侍が登場する後半の盛り上がりに期待。

 生喬は茶臼山の閉館に寄せて「実はここで、男性客だけを集めて酒を飲みながら艶笑噺の会をしたかった」と、サンプルをいくつか。これは是非、延長期間中に実現してほしい。
 「質屋芝居」は、たまの会に初めてゲスト出演したとき、たまがチョイスしたネタだそう。あいかわらずたっぷりで、定吉も芝居に入ると貫禄十分。大旦那のイチビリ具合がたのしいアクセントに。

 中入りをはさんで、たま版「芝浜」。初演時に比べてやや整理された感じ。もともと笑いどころの少ない噺だが、たまらしいクスグリを要所に。
 笑わせたいんだろうし、実際おもしろいが、もともとしみじみした噺だけに方向性が定まらない感じ。まだまだ刈り込める余地があるため、もうちょっと整理してテンポを上げても良いのかも。

 最後に生喬、たま、中入り時に到着した呂竹の 3 人で茶臼山の思い出話を‥‥のはずが、「池田の猪買い」や「動物園」の話や、繁昌亭の舞台裏など、マニア向けの芸談に。(もっとも、茶臼山の思い出話でもマニア向けだっただろうが)


 たまさんの 2 席はやや薄味でしたが、この日は高座云々よりも窮屈さを我慢するのが大変でした。そのなかにあって、南湖さんの自由奔放さが心地良く、最後の座談会も楽屋トークっぽくて興味深かったです。


 通し券で 4 日間通いましたが、そのなかで印象深かったのは初日の「Myselves」と 3 日目の「宿屋仇」の 2 席。「Myselves」はストーリーが整理され、ギャグもハマって笑い度がランク・アップしてました。「宿屋仇」はテンポが絶妙でたっぷり感もあり、会が終わってからも満足感に満たされてました。
 ゲストのラクゴリラのなかでは、なんと云っても花丸さんの「千早振る」でしょう。とにかく超爆笑で、この日は花丸さんが全部持っていった感じでした。
 これで通し券が 4,000 円ですから、十分元は取れました。

らくごの玉手箱

|

« たまの出没!ラクゲリラ! さよなら茶臼山 | トップページ | 吉田豪のジャングルファイト 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまの出没!ラクゲリラ! さよなら茶臼山:

« たまの出没!ラクゲリラ! さよなら茶臼山 | トップページ | 吉田豪のジャングルファイト 5 »