« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | あべの寄席 »

G2 プロデュース 『地獄八景‥浮世百景』

2007/2/23 @シアター BRAVA!

監修: 桂米朝
脚本: 東野ひろあき
演出: G2
出演: 佐藤アツヒロ、高橋由美子、山内圭哉(Piper)、松永玲子(ナイロン 100 ℃)、小松利昌(sunday)、出口結美子、桂吉坊、市川笑也、桂吉弥、升毅、松尾貴史


 G2 プロデュース公演の人気をすっかり忘れててチケットの手配に失敗。2 階席になってしまいました。それでも中央付近だったんで、まずまず観やすかったです。
 会場はほぼ満席。この手の演劇にしては年齢層の高めな、落語ファンっぽい観客もチラホラ。(こっちも他人のこと云えませんが‥‥)


 2 階建てのセットの上段に松尾貴史が出てきて、落語のマクラよろしくこの芝居の紹介。「なんも残りません」とは、まさに「地獄八景亡者戯」のそれ。

 勘違いしたまま死んでしまった小糸を追って、若旦那は閻魔の庁へ。現世に戻してもらうべく、これまでの顛末を閻魔大王に話す。‥‥と云うのが導入部。
 「立ち切れ線香」をベースに「崇徳院」「算段の平兵衛」「三枚起請」「ふたなり」で組み立てたストーリーを「地獄八景亡者戯」の枠組みにはめ込んだ構成。さらにあちこちに落語の小ネタを挟み込まれていて、落語ファンならよりたのしめると云う趣向。
 設定を変えて使われている噺もあり、たとえば「三枚起請」は男女を入れ替え、若旦那が小糸をはじめとする花魁たちに起請を書き出しまくっていることに。実はこれ、小糸へのもの以外は若旦那に化けた猫の仕業で、「猫の忠信」からの引用になっているが、舞台には猫が出てこず、セリフで「猫が‥‥」「猫が‥‥」と云うばかり。ここらは落語ファン以外に伝わってるのか疑問だが、‥‥まぁええか。

 衣装はパステル・カラーを基調とした着物。舞台セットは一間四方くらいで可動式の書割や台座を組み合わせたもので、シンプルだが立体的。
 展開の早さと台詞まわしの軽さでポップな印象。大阪公演初日と云うことで硬さが心配だったが、東京公演で練られていて、そこらは杞憂に。前半は軽過ぎにも感じたが、ストーリーを追いながら落語のネタを探すと云う、ある種パズルを解くようなたのしみもあり、中盤以降は良い感じに。とくに、噺の設定を変えてあったり、噺と噺を上手くつないであったりするのを紐解くことで、脳内はフル回転。

 佐藤アツヒロと高橋由美子の大阪弁はやや気になる程度だったが、佐藤につられて変になってる升毅がおもしろい。
 脇役ながら、小松利昌が怪演。遠くでわかりづらかったが、おそらく目を剥きまくっての熱演だっただろう。ひさびさに独特のキレ芸を堪能。
 脇役と云えば、出口結美子も好演。こちらも出番は少なかったが、心ここにあらずの高笑いは健在。


 最後はめでたしめでたしで、あっと云う間の 2 時間半。カーテン・コールが何度もあり、お客さんも大満足の様子でした。私も大満足。休憩なしで一気に観られたことから、この舞台の成功がわかると云うもんです。途中から、もっともっとと思ってしまいましたから。
 これだけの組み立てのストーリーってなかなかむずかしいと思いますが、たとえば「東の旅」を主軸にした話とか、そんなんで第 2 弾、第 3 弾、と期待してしまいますね。

G2 プロデュース

|

« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | あべの寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/14060698

この記事へのトラックバック一覧です: G2 プロデュース 『地獄八景‥浮世百景』:

« 遊方のゴキゲン落語会 | トップページ | あべの寄席 »