« G2 プロデュース 『地獄八景‥浮世百景』 | トップページ | 無我 2007 M-SPIRIT »

あべの寄席

2007/2/24 @アポロホール

  • 桂 二乗 「道具屋」
  • 桂 米左 「禁酒番屋」
  • 桂 千朝 「かぜうどん」
  • 桂 雀々 「鶴満寺」


 直前になんとか前売り券を購入。前売り 800 円、当日でも 1,000 円と格安の部類に入る会です。
 ちょっと早めに行ったんですが、すでに開場してました。整理番号があるわけでもないんで、無駄に待たされるよりは良いですね。値段につられてってことでもないでしょうが、200 人くらいは入ってたんじゃないでしょうか。


 開口一番の二乗は、本物そっくりのブランド品の話をマクラに「道具屋」。きっちりしたところをしっかり演り、安心して聴いてられるのが良いところ。ふと思ったが、ところどころ雀松に似た口調に。

 つづく米左は、毒気のあるマクラから米朝と飲んだときのエピソードへとつないで「禁酒番屋」へ。とにかく番所に詰めている侍の酒の飲みっぷりが秀逸。これだけでも観る価値あり‥‥かも。

 千朝はマクラで売り声のいろいろ。夢路いとし・喜味こいしの漫才からの引用も。マクラから独特のまったりした間で、そのまま「かぜうどん」へ。これがまたええ高座。酔いどれ男、賭場からの注文、小声の男、の 3 部構成で、これと云った特筆すべき点がないのに練りまくられてて心地良い流れに運ばれた印象。

 トリの雀々はラジオで語っていたとおり抑え気味にスタート。いろいろたっぷりマクラをつなぎ、CD にも収録されてるバス・ツアーの話で盛り上がってから「鶴満寺」を。この噺は演り手が少なく、雀々でしか観たことないが、金と酒になびきまくる寺男の権助が雀々にぴったり。酔っ払ってへべれけになったあたりは真骨頂。


 酔っ払いが絡む噺がつづいたが、3 席出たんで《特集》でしょう。たっぷり 4 席、たのしませていただきました。
 とくに今回は千朝さんの「かぜうどん」がええ出来で、なんとも云えんほんわかした満足感に満たされました。最後に雀々さんで大笑いし、値段分以上にたのしめた会でした

|

« G2 プロデュース 『地獄八景‥浮世百景』 | トップページ | 無我 2007 M-SPIRIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あべの寄席:

« G2 プロデュース 『地獄八景‥浮世百景』 | トップページ | 無我 2007 M-SPIRIT »