« 上方亭ライブ | トップページ | 桂団朝独演会 »

旭区ふれあい寄席

2007/2/17 @旭区民センター 小ホール

  • 桂 二乗 「牛ほめ」
  • 桂 あさ吉 「茶の湯」
  • 桂 春若 「抜け雀」
    ―― 中入り ――
  • 桂 坊枝 「手水廻し」
  • 笑福亭 仁智 「川柳は心の憂さの吹きだまり」 (作:笑福亭仁智)

※ 第 12 回


 『上方亭ライブ』のあと、カレーを食べてから、地下鉄で「千林大宮」駅へ。そっから西へ徒歩 10 分ちょっと。同じ建物内の芸術創造館へは何度か行ったことありましたんで、迷うことなく会場へ到着。
 先着 200 名と云うことでしたが、会場はほぼ満席。普段、落語会でよくお見かけするようなお顔は客席にほとんどなかったんで、旭区(周辺)のお客さんがほとんどだったんだと思います。


 開口一番は二乗。軽いマクラから「牛ほめ」を。以前に観たときよりもコンパクトにまとまっており、スッキリ良い前座。

 つづくあさ吉はマクラなしで「茶の湯」へ。ニンに合った噺で、とくに知ったかぶりの隠居がぴったり。いつもながらマイペースな感じで、おかしみを醸し出す。

 中トリの春若は軽くマクラを振って「抜け雀」。基本どおり押さえるところ押さえ、きっちりと、たっぷりと。

 中入りを挟んで、淡路島での営業と掛け持ちの坊枝。地元らしく、京橋から会場までの道中にある地名や店名を並べてマクラから大ウケ。毒のあるネタもおもしろい。中入り後と云うこともあってちょいちょい携帯電話が鳴るが、やんわりあしらう余裕も。
 ネタの「手水廻し」へ入っても、マクラからの流れで笑い多し。

 仁智は「トクサントメさん」とネタ出ししていたが、ヤブ医者の小咄から酔っ払いの小咄を演ってから「川柳は心の憂さの吹きだまり」へ。熟年夫婦の日常に川柳でツッコミを入れる噺。笑い所がきっちりしていて、こちらも爆笑の連続。


 中入り前はまったり古典世界、中入り後は爆笑編と、色分けされたような会でした。たっぷり 5 席、たのしませていただきました。
 区民向けのイヴェントとは云え、この番組で 500 円ですから、かなりお得な会です。区民でない私も享受させていただきましたが、ええんでしょうか?

大阪市旭区

|

« 上方亭ライブ | トップページ | 桂団朝独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭区ふれあい寄席:

« 上方亭ライブ | トップページ | 桂団朝独演会 »