« 桂三風の早起き寄席 | トップページ | 生喬の茶臼山でまるかじり! »

たまのフレンドリー寄席

2007/3/4 @ワッハ上方レッスンルーム

  • 笑福亭 たま 「池田の猪買い」
  • 旭堂 南青 「将棋大名」
  • 笑福亭 たま 「寝床」
    ―― 中入り ――
  • 桂 三象 「アメリカ人が家にやってきた」 (作:桂三枝)
  • 笑福亭 たま 「文七元結」


 ハシゴ落語の 2 段目。
 春を通り越したかのような陽気に加えて、100 人近くの大入りで、会場は熱気ムンムン。たまさん自ら会場整理をしての開演。


 南青の「将棋大名」は、落語の「大名将棋」(あるいは「将棋の殿様」)と同じで、大名の《下手の横好き》の将棋に家来が迷惑する話。おそらく落語の方が講談からの移植と思われるが、さすがに講談だけにクスグリが少ない。手堅い語りできっちりと。

 ゲストの三象はマクラをたっぷり。独特の語り口で繰り出される自虐ネタと、照れ隠しのニッコリ笑顔がツボ。おもろい。
 ネタは師匠の桂三枝の新作「アメリカ人が家にやってきた」。転勤してくるアメリカ人をホームステイで受け入れるため、家族揃って英語の特訓をする噺。ネタのおもしろさに三象自身の高知訛りも相まって、おかしみが醸し出される。

 たまの 1 席目は、できちゃったメンバーの桂三風や月亭遊方のおもしろエピソードから。新ネタもあり、おもろい。パンフレットに「初心者の方のために、一番最初の『池田の猪買い』を『時うどん』にしても許してくださいね」と云う断りもあったが、客層を見て予定どおり「池田の猪買い」を。よく楽屋から「噺として完成されてて、いじりようがない」と云う会話がもれ聞こえていたが、産婆を呼びに行く男の袖を引きちぎったり、猪肉を買いに行く男のしつこさ加減がたまらしい。
 2 席目は、ゲストの三象のおもしろエピソードから。これもまたおもろい。ネタの「寝床」は展開にかなり手が入れられており、番頭が旦那を怒らし、それを旦那の娘がなだめると云う流れに。旦那は浄瑠璃を誰も聴きに来ないことで放心状態に。機嫌を直して開いた浄瑠璃の会では、旦那の浄瑠璃と、御師匠はんの三味線と、それを受ける客との三つ巴の戦いが見もの。修羅場のような凄まじい惨状に。ネタ下ろしとは思えない、上々の出来。
 3 席目は「文七元結」を解体・再構成した旨を解説してから本編へ。金をなくして自殺しようとする男に手持ちの金を貸してやる、そのために娘が遊郭へ身売りする、と云うところだけを芯に残し、たま流にアレンジ。所々にちょこちょことクスグリも。大きく手を入れたこともあってか、こちらは整理しきれていない感じ。これまでのたま落語にないタイプの噺ゆえ、今後に期待。


 「池田の猪買い」と「寝床」はかなり爆笑編で、とくに「寝床」は初演とは思えない出来で大爆笑。とくに旦那の浮き沈みの落差が大きく、流れや展開も自然になってて上手い改変だったと思います。
 一方、筋立てを大きく変えた「文七元結」はまだまだ整理が必要でしょうが、そのチャレンジ精神には脱帽です。

 たまさんはたっぷり、ゲストの三象さんと南青さんもそれぞれたのしめ、かなり満足度の高い会でした。

らくごの玉手箱

|

« 桂三風の早起き寄席 | トップページ | 生喬の茶臼山でまるかじり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまのフレンドリー寄席:

« 桂三風の早起き寄席 | トップページ | 生喬の茶臼山でまるかじり! »