« 林覚寺寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

春風亭昇太独演会 オレスタイル

2007/3/12 @ワッハホール

  • 春風亭 昇太 「お見立て」
  • 春風亭 昇太 「ストレスの海」 (作:春風亭昇太)
    ―― 中入り ――
  • 春風亭 昇太 「崇徳院」
  • 春風亭 昇太 「愛犬チャッピー」 (作:春風亭昇太)

※ Vol. 8


 前回は午後 3 時頃に前売り券を買いましたが、今回は正午頃に買ったんでちょっとだけ前に。座席分は売り切った感じの入りで満員。


 オープニングは恒例の《携帯電話撲滅キャンペーン》映像から。今回は「血煙極道兄弟の巻」と題し、弟弟子の春風亭柳好とともに。

 まずはマクラを長めにいろいろ。紆余曲折で会場の空気を作りつつ、1 席目は「お見立て」を。田舎の御大尽の相手をいやがる花魁のために、店の若い衆が「花魁は死んだ」と説明して追い返そうとする噺。色町の滑稽噺は江戸落語らしい。花魁はどうかと思ったが、田舎の御大尽は昇太にぴったり。

 生着替えで SWA ジャージ着物(赤の 4 番)へ。2 席目は新作「ストレスの海」。ストレス発散を強要する妻がムリヤリ泳げない夫を海に連れて行く噺。妻のストレス診断に対してイライラする夫の不幸が笑いに。海へ行く前にもうひとひねりほしいと思うのは贅沢?
 健康ネタと云うことで、志の輔の名前が頻繁に登場。笑いがストレス解消に良いという話から「たまに落語とか聴かなきゃダメなの。落語聴いても笑わなきゃダメよ。居眠りしたりメモしたりしないの!」と、落語ファンへの警鐘も。

 中入りを挟んで、自身の恋愛話なんかをマクラに「崇徳院」を。昇太らしさがあちこちに散りばめられてて、出入りの熊五郎が変な笑い方をする茶屋の娘に惚れてるってくだりが秀逸。

 ちょっとだけ時間が余ったんで、ボーナス・トラックに新作「愛犬チャッピー」。飼い主に溺愛されてる犬の悲哀の噺。飼い主の異常なテンションの高さが大爆笑へ。小品ながら、昇太らしさの詰まった高座に。


 今回は《病気》がテーマだったそうで、ボーナス・トラックも含めて、そう云われればのチョイスの 4 席でした。若いお客さんが多くて、落語ファンと云うよりも昇太ファンが大勢を占めてる感じですね。
 昇太さんの会は 2 度目ですが、前回同様腹八分目。十分おもしろいんですけど、期待が大きすぎるのか、それともアウェイで弾けきれないってこともあるんでしょうか、もっともっとと思ってしまいます。

 ところで、この会に限らず、指定席の会で中央通路に追加席を出すのっていかがなもんでしょうか? 早めに前売り券を買った人がうしろの方で、あとから買った人や当日券の人が前の方って、なんとも不公平感をおぼえます。自由席の会でも開場後に中央通路に補助席を出される場合がありますが、折りたたみ椅子の座面が高くて両サイドのブロックからは観づらくなる場合がありますし。追加席・補助席や立ち見は、会場後方か両サイドに限定すべきでしょう。

チビ師匠をつかまえろ! (ファン・サイト)

|

« 林覚寺寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風亭昇太独演会 オレスタイル:

« 林覚寺寄席 | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »