« 生喬の茶臼山でまるかじり! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

柳家三三 桂吉弥 ふたり会

2007/3/7 @天満天神繁昌亭

  • 桂 佐ん吉 「七度狐」
  • 柳家 三三 「悋気の独楽」
  • 桂 吉弥 「住吉駕籠」
    ―― 中入り ――
  • 桂 吉弥 「七段目」
  • 柳家 三三 「五貫裁き」


 柳家のホープ・三三さんが、米朝事務所のパワー・プッシュ・吉弥さんと組んでの二人会。立川談春さんが三三さんを推したことで企画がスタートしたそう。しっかり前売りを押さえてました。
 座席指定の会でしたが、若干売れ残ってたようです。それでもほぼ満席。客層は、いつもの吉弥さんの会と同様、女性率が高かったです。


 開口一番は佐ん吉は、ごく軽いマクラからすぐ「七度狐」へ。最近、佐ん吉で始まる会が多いが、早口がかなり改善されて聴きやすく。狐にだまされる喜六と清八のぬけ具合が佐ん吉のニンに合った感じ。サゲ付近はコンパクトに。

 吉弥は中入りを挟んだポジションで 2 席。いずれも吉朝の型を踏襲し、吉朝の CD 音源をベースに吉弥が微妙にアレンジを加えた格好。
 メクリが外れるアクシデントで登場した 1 席目は、三三が繁昌亭を携帯電話のカメラで撮りまくってた話から、先頃出演していた芝居で遠征していた話へとマクラをつなぎ、おなじみのリニアモーターカーの小ネタを経て「住吉駕籠」へ。酔っ払いが駕籠屋へ絡むくだりは秀逸。
 2 席目は、軽いマクラから「七段目」を。きっちり安定感はあるが、やや走り気味で下座とも微妙なズレが。

 注目の三三。マクラではボソボソと聴き取りづらいくらいのしゃべり。観客を探りつつ、繁昌亭の天井の提灯を「魚の卵のよう」。《ミミちゃん》ネタも。いろいろとマクラをつないで「悋気の独楽」を。女性の色分けが抜群。上方版とはかなり構成が違い、定吉は御寮人の密偵として旦那のあとを付ける。定吉の生意気さは江戸版が上か。
 トリの 2 席目では、おもむろに懐から携帯電話を取り出し、客席の写真を撮影。すぐさま「五貫裁き」へ。音声では聴いたことあったが、江戸っ子の口跡の良さが心地良い。大岡裁きをたっぷりと。


 東西の若手実力派の二人会と云うことで、かなり充実した会でした。三三さんは 2 度目でしたが、上手さが光ってますね。心地良かったです。
 東京でも二人会を演るそうで、定期的に開催してほしい会です。次回は対談なんかも番組に入れてくれるとうれしいですね。

柳家 三三
桂 吉弥

|

« 生喬の茶臼山でまるかじり! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家三三 桂吉弥 ふたり会:

» 柳家三三 桂吉弥 ふたり会 [まどろむパイドロス]
柳家三三さんと桂吉弥さん。 どちらも東京と上方それぞれの落語界の期待の星です。 そのお二人がタッグを組んで二人会をするとなれば、ぜひ行ってみたくもなるもの。 会場は、今までと違って老若男女世代も幅広い層のお客さんで満員でした。 開口一番は、吉弥さんの弟弟子、桂佐ん吉さん。 先ずは自己紹介で「速水もこみち」とは、ちょっと強引かな。(笑) でも、それが通じる客層でした。 演目は「七度狐」。 旅のお話から入るのはお約束なのでしょうか。 佐�... [続きを読む]

受信: 2007.03.12 23:06

« 生喬の茶臼山でまるかじり! | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »