« 繁昌亭昼席 | トップページ | Meet the Theatre Performance »

笑福亭猿笑 五夜 (第四夜)

2007/3/29 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭 和光 「ぜんざい公社」
  • 桂 こごろう 「阿弥陀池」
  • 三遊亭 圓馬 「鰻屋」
  • 柳家 さん喬 「棒鱈」
    ―― 中入り ――
  • 桂 春雨 「子ほめ」
  • 笑福亭 猿笑 「吉住万蔵」


 腹ごしらえして夜席へ。猿笑さんの 5 夜連続の会で、この日は江戸落語特集。そのわりには何故かこごろうさんが‥‥。入りはええ感じにいっぱいで。


 開口一番は鶴光の弟子で和光。大阪弁のような東京弁のような、中途半端な感じ。ネタの「ぜんざい公社」はなかなかだと思うが、どっちつかずのしゃべりが気になる。もったいない。

 つづくこごろうは 2 度目の繁昌亭。ごくごく軽いマクラから「阿弥陀池」を。「阿弥陀が行け」「ヌカに首」に続けて「デコに小判」「叔母の耳に餞別」と続き、近所に米屋が見つからないと「この町内、パン食か?」と云うのがこごろう版。
 以前『上方亭ライブ』で、途中でネタを忘れたことがあったため、観てるこっちがヒヤヒヤ。そんなこっちの気持ちをよそに、軽快で快調な高座に。

 次は江戸から圓馬。いろいろとマクラをつなぎ、酒飲みの話から「鰻屋」へ。江戸落語らしい気っぷの良さとテンポで心地良し。

 中トリのさん喬に、ここでも客席から大向う。ボショボショしたしゃべりのマクラから酒飲みの話へつないで「棒鱈」へ。田舎の御大尽の変な言葉遣いや変な唄もさることながら、酔漢の演じ分けがお見事で、大げさ過ぎないギリギリのラインを行ったり来たりと云うさじ加減が絶妙。

 中入りを挟んでの春雨は、酒井とおるのアクが抜けた感じ。同じように病弱キャラで、そんなマクラから始まった「子ほめ」は、なんともほんわかした印象。

 トリの猿笑にも大向うがかかる。「吉住万蔵」は講釈ネタを三遊亭圓生が落語化したもの。とある宿で、そこの娘のお稲が弾く三味線に合わせて小鼓を打った万蔵は、江戸で三味線の修行をすすめる。家の事情で断るお稲に、万蔵は自分が小鼓を打ちに来ると約束する。しばらく忘れていた万蔵が、思い出したようにその宿へ行くと、お稲は亡くなっていた。‥‥
 やや怪談じみた噺を飄々と。もう少し情感がほしい気も。万蔵とお稲が吉原で再開すると云う後半は、来年の『猿笑 五夜』で。


 堪能したなぁ‥‥って感じの会でした。とくに中入り前の江戸落語の 2 席が充実。本当に上手い人に限って云えば、落語に東西の壁はないですね。十分に伝わってきます。

|

« 繁昌亭昼席 | トップページ | Meet the Theatre Performance »

コメント

和光さんの喋りに違和感があるのは致し方ないかもしれません。
彼は関東出身で、生まれついてのものではありませんから。
ハンデを背負ってやっているようなものなので大目に見てやって下さいまし。

投稿: 三浦家権太郎 | 2007.04.15 23:11

>> 三浦家権太郎 さん
和光さんは初見でしたが、噺家としての技量は十分お持ちだと思います。
関西出身の柳家一琴さんが(関西人が聴いて)完璧に近い江戸落語の口調になってるのを思うと、修行次第である程度はどうにかなるんじゃないでしょうか。
ただ、環境が与える影響も大きいと思いますし、東京で上方落語修行となると限界があるのかもしれません。

投稿: わさび | 2007.04.16 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭猿笑 五夜 (第四夜):

« 繁昌亭昼席 | トップページ | Meet the Theatre Performance »