« 売名高座 はなしのおもしろギャラリー | トップページ | たまのフレンドリー寄席 »

桂三風の早起き寄席

2007/3/4 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭 松五 「手水廻し」
  • 桂 三風 「農と言える日本」
  • 淀家萬月、杉岡みどり、徳富啓太 《コント》
  • 桂 三風 「はてなの茶碗」
  • 桂 枝三郎 「テレビ葬式」

※ 第 1 回


 ハシゴ落語の 1 段目。
 まずは三風さんによる繁昌亭朝席の第 1 弾。これまで落語体験の会は何度かありましたが、純然たる落語会としては初めて。正直、観る側も演る側も朝から気が上がるのか心配でしたが、開場時のお出迎えで演者さんたちはさわやかにごあいさつ。杞憂でした。
 入りも心配でしたが、こちらも杞憂で、100 人くらいは入ってました。初めての企画にしてはええ入りだと思います。


 開口一番の松五は初見。名前の話をマクラに「手水廻し」をきっちりと。

 色物として、淀家萬月、杉岡みどり、徳富啓太によるコント。杉岡と徳富の占いの館に萬月が訪れる‥‥って話。ベタな展開にシュールな小ネタで、微妙な笑いがたのしい。

 三風はコントを挟んで 2 席。まずは新作で「農と言える日本」。東京へ行ったきりだった息子が嫁を連れて農村の田舎へ帰ってくると云う噺。息子からの手紙をたどたどしく読む母親と、自分の存在をことさら強調する祖母が大ウケ。
 2 席目は古典で「はてなの茶碗」。三風の古典は初めてかも。定番の小咄から本編へ入り、こちらはきっちり丁寧に。なかなか良い雰囲気だったが、もうちょっとたっぷり演ってもらっても良かったかも。

 トリはゲストの枝三郎。テレビの話をいろいろと、マクラからたのしい。ネタは師匠の三枝もよく演っていたと云う、文紅作の「テレビ葬式」。葬式がテレビ中継されたら‥‥って噺。あり得そうであり得ない設定で、ゲンの悪いネタだが、サゲもきれいでおもしろい。


 昼席が控えてるため、朝席は 10 時スタートで 11 時半までの 1 時間半。朝早くから行くのはつらかったんですが、短いながらもなかなか充実した番組で、これで前売り 1,000 円は安かったです。

桂 三風

|

« 売名高座 はなしのおもしろギャラリー | トップページ | たまのフレンドリー寄席 »

コメント

いつも詳細なレポでありがとうございます。
この日はこの会と文太師の会に行こうと思っていたのですが所用で行けなくなり、気にはなってたんですよ。
繁昌亭の朝席には期待しています。結構たっぷりめにやっていたようで、今後を楽しみにしたいと思います(枝三郎師が今度やるみたいですね)。

投稿: 高岳堂 | 2007.03.10 10:12

>> 高岳堂 さん
時間はやや短めですが、値段も安いですし、番組も良かったですし、満足度はなかなか高かったです。
最近、枝三郎さんが気になってますんで、また行くかも。
午前中は娯楽のない時間帯なんで、朝席は旅行者向けに丁度良いように思いました。

投稿: わさび | 2007.03.10 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂三風の早起き寄席:

« 売名高座 はなしのおもしろギャラリー | トップページ | たまのフレンドリー寄席 »