« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | できちゃったらくご! »

上方亭ライブ

2007/3/10 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 桂 三若 「阿弥陀池」
  • 林家 花丸 「時うどん」


 朝から『朝日東西名人会』の前売り券をゲットし、そのまま難波へ。ブラブラしてるときに夜の『できちゃったらくご!』の前売り券を忘れてきたことに気付き、かなりヘコむ。気を取り直して、前売り券を取りに戻るか当日券で入るべきか損得勘定するも、やはり気が動転してなかなか考えがまとまらず。最終的に、取りに帰る方が金銭的損失は少ないが、やっぱり花丸さんと三若さんの組み合わせを見逃すのは損、ってことで決着(と云うか、ムリヤリ納得)。早めに列ぶことに。
 前回は団体客が来ててやや混雑した感じでしたが、今回の入りは 70 人くらいで、ここ最近ではちょっと少ない感じ。その代わり(と云うわけでもないでしょうが)中国のテレビ取材が入ってました。


 まずは三若。いつもの《落語鑑賞の 3 箇条》や十三ネタなどを矢継ぎ早に、マクラから笑いを詰める。東京と大阪の比較が入ったんで、新作の「ひとり静」かと思いきや、古典で「阿弥陀池」。
 甚兵衛(的男)も喜六(的男)も、笑い方が独特すぎてかなりおもろい。喜六(的男)が「ヌカにクビ」のシャレをかますのに飛び込んだ 2 軒目で、近所に米屋がなかなか見つからず「このへんの人は米、食わへんのかなぁ。‥‥欧米か?」と上手いギャグの入れよう。

 つづいて花丸。性急な三若に比べ、緩急で観客を引き込む。草野球ネタではセット・ポジションの解説や道に迷った話では、立ち上がって舞台をウロウロ。小咄を演ったり扇子で艪を漕ぐ仕草をしたり、たっぷりめのマクラから昔の刻の数え方を解説して「時うどん」へ。
 前半の喜六と清八のやり取りもおもしろいが、とにかく後半の、勘定をごまかせるとニヤニヤもだえる喜六と、それを気色悪がるうどん屋との対比が秀逸。うどん屋が喜六の使った鉢を割ってしまうのもやむなし。


 たっぷり 2 席たのしんで、満腹々々。三若さんの古典は初めてでしたが、らしい味付けで好感触。花丸さんは云わずもがなのおもしろさ。会場の笑いも多かったです。かなりお得な組み合わせで、チケット取りに帰らんでやっぱり正解でした。

上方亭ライブ

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | できちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上方亭ライブ:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | できちゃったらくご! »