« たまのフレンドリー寄席 | トップページ | 柳家三三 桂吉弥 ふたり会 »

生喬の茶臼山でまるかじり!

2007/3/4 @茶臼山舞台

  • 笑福亭 生寿 「犬の目」
  • 笑福亭 生喬 「愛宕山」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭 生喬 「ねずみ」
  • 生喬、たま 《対談》


 ハシゴ落語の 3 段目。
 茶臼山舞台の隣の、グリンヒルホテルの下の喫茶店シェルで休憩。姉様キングスも楽屋代わりに使ったと云う、奥の 3 畳の座敷でくつろいでました。(ちょっとミーハー)
 この日は生喬さんのお弟子さんの生寿せいじゅさんが初舞台と云うことで、ご家族やお友達とおぼしきお客さんも。40 人以上入って満員。


 まずは初舞台の生寿。天狗連で演ってたそうで、過度の緊張はなく、師匠から付けてもらったとおりきっちりと。細身で声も高めで、見た目は生喬と正反対だが、生喬そっくりの場面がそこかしこに見られて微笑ましい。口をへの字に曲げるあたりまできっちりコピー。

 つづく生喬は、肩の荷が下りてホッとしたと云った表情。生寿以上に緊張してたのかも。マクラで生寿入門の話や、自分自身の入門時のエピソードなんかをたっぷりと。
 ネタは「演る機会がなくなる前に‥‥」と、季節を半歩先取りして「愛宕山」。旦那が貫禄十分で、一八と茂八のやり取りも勢いがある。米朝一門のとはやや違った演出で、笑福亭たまが演るのの原型を観た思い。

 中入りを挟んで再度、生喬。左甚五郎の作品紹介をマクラに「ねずみ」。子どもが客引きをするくだりの健気さ、宿屋の主人が放り出されるくだりの湿っぽさ、甚五郎の業で宿屋が大流行りするくだりの清々しさ、場面々々の対比が明瞭で、後半からサゲに至る流れが心地良い。

 最後にボーナス・トラック。のぞきに来ていたたまと、たま版「文七元結」の解題を中心にちょいしゃべり。


 落語 3 席+トークでしたが、生寿さんの門出に立ち会い、生喬さんはたっぷりの 2 席、最後にマニアックなトークと、こちらも大満足。ええ雰囲気の会でした。

|

« たまのフレンドリー寄席 | トップページ | 柳家三三 桂吉弥 ふたり会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生喬の茶臼山でまるかじり!:

« たまのフレンドリー寄席 | トップページ | 柳家三三 桂吉弥 ふたり会 »