« 無我 2007 M-SPIRIT | トップページ | ドミニカへ行くの会 (三日目) »

TORII 寄席

2007/3/1 @TORII HALL

【大好評 笑福亭福笑奮闘会】

  • 桂 佐ん吉 「狸の賽」
  • 笑福亭 たま 「Myselves」 (作:たまよね)
  • 笑福亭 福笑 「江戸荒物」
    ―― 中入り ――
  • 露の 都 「みやこ噺」
  • 笑福亭 福笑 「浪曲やくざ」 (作:笑福亭福笑)

※ 第 152 回


 開場直前に到着しましたが、出勤前に整理券をゲットしてたんで、余裕の入場。大入り満員でしたし、ちょっとした優越感。


 開口一番の佐ん吉は定番のマクラから、こちらも定番の「狸の賽」。ここ最近、早口がかなり改善され、かなり聴きやすい。ネタもきっちり入っており、たのしさもふくらむ。

 たまはマクラで月亭遊方のおもしろエピソード。これもかなり繰れてきてて、何度聴いてもおもしろい。
 ネタの「Myselves」は、20 歳のニートの男のところに、30 歳の自分、40 歳の自分、‥‥があらわれる噺。贅肉がそぎ落とされ、かなりテンポ良く展開。ギャグのパターンが豊富でウケも上々。問屋マフィアて。最後に流れる“人生いろいろ”のタイミングがずれたのが残念。

 都は漫談。テレビの恋愛ドラマの話、健康・美容の話、夫婦の話、等々、一応はなにをしゃべるか考えてきてはいるようだが、その場で思い付いたことを随時インサートするため、話の流れが右往左往。これがまたおもしろい。(好き嫌いは分かれそうだが)

 福笑の 1 席目は、言葉へのこだわりをマクラに「江戸荒物」。江戸っ子を気取る荒物屋の亭主がすさまじく、普通の滑稽噺が爆笑噺に変貌し、突き抜けたおもしろさに。亭主が連発する「おい、あンま!」に、あきれながらも「なんだい、おまえさん?」と返し続ける女房が甲斐甲斐しい。
 2 席目は、独自の教育論(?)をマクラに、斜陽の組が対抗組織の寝込みを襲う噺の「浪曲やくざ」。この噺、おそらく福笑が浪曲を謡いたいがために作ったんではないかと思われる。その場面がなんともたのしそうで。浪曲が浄瑠璃や河内音頭に変わってゆくのもおもしろい。犬語がサイコー!


 福笑さんは勢い押しのように見えて、実はマクラでネタに関わる情報をきっちり盛り込み、観る側にとって非常に親切で、そこらはきっちり理論派です。本編のはじけっぷりももちろん魅力的。今回も大爆笑でした。
 ゲストの都さん、たまさんにも笑わせてもらいましたし、たっぷり満腹の会になりました。

 来月の TORII 寄席は林家一門会です。

TORII HALL

|

« 無我 2007 M-SPIRIT | トップページ | ドミニカへ行くの会 (三日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TORII 寄席:

« 無我 2007 M-SPIRIT | トップページ | ドミニカへ行くの会 (三日目) »