« 文楽 4 月公演 | トップページ | 文楽 4 月公演 »

染二+ONE

2007/4/29 @天満天神繁昌亭

【落語と地歌のコラボレーション ~地歌恋愛論~】

  • 林家 央二 「手水廻し」
  • 林家 染二 「不動坊」
  • 菊央 雄司 《地歌》「たぬき」
  • 染二・雄司・都 《コラボトーク:地歌恋愛論 ~嫉妬~》
  • 菊央 雄司 《地歌》「黒髪」
    ―― 中入り ――
  • 露の 都 「みやこ噺」
  • 林家 染二 「紺田屋」

※ 第 1 回


 染二さんの月例勉強会。昨年のワッハ上方レッスンルームから、今年は繁昌亭へ会場を移し、毎回テーマを設定するなど、勉強会から一歩進めた会へ。第 1 回は落語と地歌のコラボ。
 ゴールデン・ウィークと云うこともあってか、補助席もかなり埋まるほどの超満員。地歌が目当てのお客さんよりも、どうも央二さんの初舞台を観にきたお客さんがかなり多かったようです。


 “上方落語界のプリンス”央二の登場に万雷の拍手。自己紹介につづいて始まった「手水廻し」は、おそらく師匠の染二からの指示と思われるが、かなりゆっくりとした語り。田舎の宿の女中・おなべに染二が透けて見えるも、師匠にはないやわらかい雰囲気がある。きっちりと最後まで。

 染二の 1 席目は、央二入門のエピソードをマクラに「不動坊」へ。オープニング、風呂屋から漉き直し屋の徳の家への場面転換など、適度にカットしてテンポ良く。終盤の、屋根の上でのてんやわんやもかなり改訂されていて、無理のない構成に。
 季節外れもええとこだったが、満足の高座。

 地歌のコーナーは、染二の司会で地歌の世界を紹介すると云う構成。おしゃべりに慣れていない菊央雄司のフォローか、都がにぎやかしで。
 地歌「たぬき」「黒髪」の演奏は雰囲気たっぷり。三味線の演奏にエレキ・ギターの奏法(プリング・オフやハンマリング・オン)を取り入れたり、見せるためのテクニックを取り入れたり、と云ったところはおそらく独自の工夫だと思われる。ちなみに、「黒髪」は東京の「立ち切れ線香」で使われる曲だそう。

 中入りを挟んで、都はいつもの漫談で、電気炊飯器の話や旦那の話など。何度聴いてもおもしろいのは、都のニンに寄るところも大きい。

 トリで 2 席目の染二は、ネタ下ろしとなる「紺田屋」。病に伏した娘のお願いが不自然すぎる前振りだが、やや怪談じみた展開からハッピー・エンドへと転じるラストが心地良い。孫の声によるサゲもかわいい。
 ネタ下ろし特有の硬さや窮屈さはさほど感じられず。これから整理されてくるのがたのしみ。


 いっぱいのお客さんで反応も良く、なかなかに充実。番組構成も良く、たっぷり感のある会でした。
 それにしても、菊央雄司さんの三味線演奏にはびっくりさせられました。純邦楽の世界にも革命が起こってるのかもしれませんね。

 次回は 5 月 24 日(木)に文華さんを迎えて。染二さんは「らくだ」、文華さんはネタ下ろしで「立ち切れ線香」の予定です。

林家染二 オフィシャル・ホームページ

|

« 文楽 4 月公演 | トップページ | 文楽 4 月公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染二+ONE:

« 文楽 4 月公演 | トップページ | 文楽 4 月公演 »